2016年1月23日

『自己啓発の名著から学ぶ世界一カンタンな人生の変え方』 高田晋一・著 vol.4204

【偉人に学ぶ50の習慣】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4801400175

最近は、ビジネス書・自己啓発書のコミック版が増えてきましたが、土井はじつは良いことだと思っています。

なぜなら、ビジネス書・自己啓発書で大切なのは、学んだことをすぐに実行することだからです。

以前、『「伝説の社員」になれ!』でご紹介したソニー生命のカリスマ営業マンのセリフですが、「話を聞いても実行する人は2割、継続する人はさらに2割」なのです。

※参考:『「伝説の社員」になれ!』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794218036

そういう視点で考えると、仮に本の31ページに実践すべき良いことが書かれているのに、200ページ読み終えるまで実践しないのはナンセンス。

もし通読できなくて、そもそもやることを忘れてしまったら本末転倒です。

だから、通読する自信がないなら、コミック版であれ、ダイジェスト版であれ、まずは読んで理解し、即実践すべき。

そういう意味で使えるのが、本日ご紹介する一冊。成功データアナリストの高田晋一さんが書いた、『自己啓発の名著から学ぶ世界一カンタンな人生の変え方』です。

タイトル通り、自己啓発分野の名著のエッセンスを紹介し、そこから導いた行動原則を書いています。

計50冊の主要メッセージを丁寧に、わかりやすく解説しており、元本を読んでいない方でも、いいとこどりで内容が理解できます。

さっそく、気になった部分を紹介していきましょう。

———————————————–

「フロー」を喚起する状態、つまり人間が最も「楽しい」と感じる瞬間とは、「自分の能力に見合った、ちょうどよい難易度のことにチャレンジしているとき」なのだそうです。(中略)「能力に合った挑戦」に取り組むことによって、私たちは楽しさや喜びを感じることができるのです。そして、日々の生活の中で、こうした機会を増やすには、ふだん行なっていることよりも少しだけハードルが高いことに挑戦することです(ミハイ・チクセントミハイ『フロー体験 喜びの現象学』)

同じことを行なう場合でも、「楽しいこと」を最後に持ってきたほうが印象がよりよくなる(バリー・シュワルツ『なぜ選ぶたびに後悔するのか』ピークエンドの法則)

イメージの力には、実際に練習するのと同じくらいの効果がある(マクスウェル・マルツ『自分を動かす』)

1.実現したいと思う願望を「具体的に」させる
2.そのために差し出せる「代償」を決める
3.願望をかなえる「期限」を決める
4.願望実現のための詳細な「計画」を立てる。そしてすぐ行動に移る
5.「具体的願望」「代償」「期限」「計画」の4点を紙に書く
6.紙に書いた文章を毎日、起床直後と就寝直前に、この願望がかなったところをイメージしながら、大きな声で読む
(ナポレオン・ヒル『思考は現実化する』鉄鋼王アンドリュー・カーネギー「願望実現のための6箇条」)

理想の人生を、あたかも今送っているように行動してみる
(ウエイン・W・ダイアー『自分の中に奇跡を起こす!』)

人生を「目的を持って始める」ためには、人生の最期の姿を描き、それを念頭に置いて今日という1日を始めることが必要です
(スティーブン・R・コヴィー『7つの習慣』)

◆人を味方につけるための4つの要素
・「一貫性」 常に首尾一貫していて、初志貫徹する
・「言行一致」 自分が言ったことを実行する
・「頼りがい」 ここぞというときに仲間を支援する
・「誠実さ」 誓ったことや約束したことを必ず守る

エッカーによると、成功者に共通する特徴の1つは、他の成功している人と付き合うことで自分も刺激を受け、自分も頑張ろうと思うこと
(ハーブ・エッカー『ミリオネア・マインド お金持ちになれる人』)

———————————————–

各項目の見出しには、「いつもより5分だけ早く起きてみよう」「週に一度、新しいお店でランチをしよう」など、著者が考えた行動指針と4コマ漫画が書かれています。

本文でカバーしきれない内容については、「この本から他に学ぶべき3つのポイント」としてまとめられているので、こちらも注目です。

ぜひ読んでみてください。

———————————————–

『自己啓発の名著から学ぶ世界一カンタンな人生の変え方』高田晋一・著 サンクチュアリ出版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4801400175

————————————————-

◆目次◆

CHAPTER1 もっと楽しく生きられる6つの習慣
CHAPTER2 悩みや迷いがなくなる7つの習慣
CHAPTER3 夢や願望をかなえる6つの習慣
CHAPTER4 限りある時間を有効に使う6つの習慣
CHAPTER5 人間関係がうまくいく8つの習慣
CHAPTER6 お金持ちになる8つの習慣
CHAPTER7 幸せになる9つの習慣

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー