【鴎外の箴言集を、現代文のカリスマ、出口汪氏が超訳】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4799312928 本日の一冊は、森鴎外(文字化けするのでこの字でいきます)が小倉に左遷された前後に連載した、「知恵袋」「心頭語」、東京に転勤し、復権した翌年に連載した「慧語」の3つの箴言集をまとめて「超訳」したもの。 超訳を担当したのは、「現代文のカリスマ」として知られる、出口汪さんです。 出口氏の解説によると、「知恵袋」「心頭語」の原典は、1788年、フランス革命勃発の前年に刊行され... 【詳細を見る】

【世界基準の勉強法とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/434402334X グローバル化の進展に伴い、ビジネス書の著者も、海外の学位を持つ方がちらほら出ています。 本日紹介する、『世界基準で夢をかなえる私の勉強法』の著者、北川智子さんは、カナダのブリティッシュ・コロンビア大学で数学と生命科学を専攻、同大学院でアジア研究の修士課程修了、その後、プリンストン大学で博士号を取得し、ハーバード大学では教鞭をとったという人物。 もともと理系で、英語が苦手だった著者が、どうやって英語をマスターしたのか。どうやって難関校に合格... 【詳細を見る】

【『フリー』の意外な問題点とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532261864 読書の効用は数多くありますが、「違う物差し」を手に入れることの効用はとりわけ大きいと感じています。 現実に生きていると、時代の変化をとらえにくいものですが、それは自分や自分の生きている時代を客観視する「物差し」を持っていないため。 ビジネスチャンスを掴むためには、この「物差し」を他者から借りてきて、違う基準で「今」を分析する必要があるのです。 本日紹介する一冊は、<古代ギリシアの... 【詳細を見る】

【ポール・アレンが語るビル・ゲイツとの日々】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062171287 本日の一冊は、歴史上、最も成功した企業のひとつ、マイクロソフトのもう一人の創業者、ポール・アレンによる回顧録。 マイクロソフトと言えば、ビル・ゲイツですが、そのゲイツを支えたのが、このポール・アレンです。 まだ10代の頃に共同で会社を起こし、学生をやりながらプログラミングの仕事をした二人が、どのように切磋琢磨し、チャンスを掴んでいったか、その全貌がわかるノンフィクションです。... 【詳細を見る】

【動詞で考えれば、人生はうまく行く。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4408109576 先日、行動分析学をわかりやすく解説した、『メリットの法則』を紹介したところ、大反響をいただきました。 ※参考:『メリットの法則』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087206645 書評で、<ビジネス・自己啓発書はノウハウの時代が終わり、結果に直接影響する「行動」にフォーカスする書籍が増えてきた>という話をしましたが、本日も行動... 【詳細を見る】

【増税時代を生き抜くための値決めノウハウ】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534050429 先日、サンマーク出版の編集者から連絡をいただいて知ったの ですが、稲盛和夫さんの『生き方』が、ついに100万部を突破 したそうです。 ※参考:『生き方』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763195433 本書の刊行は2004年ですから、じつに9年かけて実現した、価値ある100万部。しかもこの本は、中国でも100万部を達... 【詳細を見る】

【ジョン・マエダ、未来のリーダーシップを語る。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492533222 本日の一冊は、名著『シンプリシティの法則』の著者であり、アメリカ有数の芸術大学であるRhode Island School of Design(RISD)の学長である、ジョン・マエダ氏による一冊。 ※参考:『シンプリシティの法則』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492556079 アーティストである著者がなぜリーダー... 【詳細を見る】

【行動を変える、「行動分析学」という武器】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087206645 ビジネス・自己啓発書はノウハウの時代が終わり、結果に直接影響する「行動」にフォーカスする書籍が増えてきました。 現在、ビジネス書ベストセラーのトップを独走する、ケリー・マクゴニガル氏の『スタンフォードの自分を変える教室』は、その代表例でしょう。 ※参考:『スタンフォードの自分を変える教室』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/44... 【詳細を見る】

【生きること、働くことの意味に関して仏教が教えてくれること】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4905425360 本日の一冊は、世界選手権400メートルハードルで前人未到の日本記録を打ち立てた元プロ陸上選手の為末大氏と、青森県恐山菩提寺院代の南直哉氏による対談本。 お金信仰が壊れ、なぜ生きるのか、なぜ働くのか、わからなくなっている人が多いと思いますが、本書はそんな人たちに、生きることの意味や働くことの本質を教えてくれる一冊です。 いきなり興味深かったのは、以下の部分。 ... 【詳細を見る】

【経営がわかれば、投資で勝てる】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4775971700 本日の一冊は、世界一の投資家、ウォーレン・バフェットの経営者としての側面、手腕に注目した興味深い論考。 バフェットをご存じない方のために説明すると、<もしあなたに、バフェットがバークシャー・ハサウェイの経営を引き継いだ1965年に1万ドルを投資するという先見の明があったならば、今日、それは4000万ドルになっている>というほどの投資の達人。 毎年、フォーブスの億万長者ランキングで、ビル・... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー