【全公開。電通が新人に教えるマーケの基本技】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569849547

本日ご紹介する一冊は、ひさびさに注目の大型マーケティング書。 何と、電通の現役マーケター(肩書は戦略プランナー)が、電通で教えているマーケティングの基本技を一冊にまとめた決定版です。 しかもこの著者、実際に電通でマーケティングの新人教育をしている方らしく、本書には読者特典として、マーケティング実務で使えるテンプレートが40種類も付いています。 タイトルは「調べ方」となっ... 【詳細を見る】

【コロナ禍でも勝てるお店の条件は?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532324254

本日ご紹介する一冊は、ネットショップや小さなお店の経営に詳しい経営コンサルタントであり、コロナ禍に出版されて話題となった、『巣ごもり消費マーケティング』の著者、竹内謙礼さんが、逆境を活かして成功する方法を指南した一冊。 ※参考:『巣ごもり消費マーケティング』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4297114429/ コロナ禍でも業績を... 【詳細を見る】

【行動経済学で不要な買い物を防ぐ】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798062936

週末にこんな本を紹介するのは気がひけるのですが、本日ご紹介する一冊は、ムダな買い物を避けるための行動経済学を紹介した一冊。 著者は、大手広告代理店アサツーディ・ケイの戦略プランナーを経て、マーケティング&ブランディングディレクターとして活躍中の橋本之克(はしもと・ゆきかつ)さんです。 現役のマーケターが、行動経済学の理論を紹介しながら、各社が消費者向けに仕掛ける「罠」を解説していくとい... 【詳細を見る】

【地方繁盛店の秘密】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569849822

相変わらずコロナの影響で、飲食店は苦しい経営が続いていると思いますが、そんな中でも儲かっている店があります。 なかでも元気なのは、地元で根強い支持をされている「ローカル飲食チェーン」。 商品力があって、サービスに魅力があって、それなりに資金力があって、たとえ全国チェーンが戦いを挑んできても、退けられる力がある。 そう、北海道でいうセイコーマートのような存在です。 本日ご紹介する一冊は、そ... 【詳細を見る】

【これなら売れる。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798064602

「消費者に刺さるウリを見つける」 これは、マーケティングにおいて極めて重要な視点です。 本日ご紹介する一冊は、その「ウリ=訴求ポイント」の見つけ方を、プロが教えてくれるマーケティング書。 著者は、製造業のマーケティング・コンサルタントとして活躍中の、弓削徹さんです。 これまでにSONY、サントリー、JTをはじめ、計2200社のマーケティング活動を手伝ってきたというベテランが、豊富な事例と... 【詳細を見る】

【今後、儲かるビジネスは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4799327437

本日ご紹介する一冊は、博報堂出身のマーケティングアナリスト原田曜平さんと、海外リサーチ、マーケティングのプロフェッショナル、小祝誉士夫さんの共著。 コロナ禍で流行しているビジネス、コロナを機に流行りそうなビジネス、コロナ後定着しそうなビジネストレンドを紹介したもので、マーケター必読の一冊です。 世界15カ国の先進事例を紹介しており、なかにはそのまま日本に持ち込んで成功しそうなものも散見されま... 【詳細を見る】

【江戸時代の天才起業家に学ぶ】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163913858

本日ご紹介する一冊は、江戸時代の天才起業家12人に学ぶ、マーケティングと競争戦略。 著者は、ストーリーブランディングの第一人者で、湘南ストーリーブランディング研究所代表の川上徹也さんです。 あのドラッカーも絶賛したマーケティングの元祖・三井高利、喜多川歌麿、東洲斎写楽を見出した天才プロデューサー・蔦屋重三郎、富山の置き薬を開発した前田正甫、東廻り航路、西廻り航路を開拓した河村瑞賢、現在の居... 【詳細を見る】

【不動産投資のリアルがわかる】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4484202190

今日は、長崎県大村市にある「ゴメンねエアポート」に、サンドイッチを買いに行ってきました。 (買ったのは、ロースカツサンドとたまごサンドの2つです) 「ゴメンねエアポート」「考えた人すごいわ」「どんだけ自己中」「キスの約束しませんか」「だきしめタイ」…。 じつはこれ、すべて本日ご紹介する一冊『「考えた人すごいわ」を考えたすごい人』の著者、岸本拓也さんが手掛けたベーカリーの店名です。 ... 【詳細を見る】

【コロナ禍でも勝つ経営のヒント】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4866672781

本日ご紹介する一冊は、『日本でいちばん大切にしたい会社』シリーズなどで著者累計100万部を突破した経営学者、坂本光司さんによる一冊。 ※参考:『日本でいちばん大切にしたい会社』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860632486/ コロナ禍において、「商売繁盛」という概念が死んだ今、実践したい「高付加価値経営」「非価格経営」のヒントが... 【詳細を見る】

【「売れる理由」が変わった】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532324017

本日ご紹介する一冊は、「アタラシイものや体験の応援購入サービス」、「Makuake」の共同創業者、坊垣佳奈さんによるマーケティング本。 新時代の到来ですっかり変わった「売れる理由」の本質を分析し、「Makuake」で実際に売れた、お金が集まった事例を、たっぷり紹介しています。 本書のなかで著者が解説しているのは、今の時代の消費のメインストリームである、「応援消費」。 なぜ人は経営者の「... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー