【人間関係改善に】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4799105558 <つい人の気持ちを考えてしまう人は、相手を思いやる気持ちのある優しい人です。けれども、人の気持ちを考えてしまうことで、時間をムダに費やしたり、自己嫌悪に陥ったりしていては、あまりにももったいない> 本日ご紹介する一冊は、依存症に詳しい心理カウンセラーの大嶋信頼さんが、「いつも誰かに振り回される」人に向けて書いた人間関係の処方箋。 このところ急速に売れ始め、ビジネス書ランキングのトップ10にも顔を出... 【詳細を見る】

【マレーシア大富豪が教える、人生勝利の法則】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478028346 みなさんご存知のように、エリエスには、「BBM宛」で、毎日のように大量の本が届きます。 献本には、著者や編集者のみなさんからのメッセージが手紙で添えられていることが多いのですが、珍しくこのお手紙に引き込まれたのです。 書いたのは、ダイヤモンド社の編集者Tさんでした。 Tさんは取材を通じ、とある一流企業の会長と親しくなっていたのですが、その会長が、「本物に会いたくないかね... 【詳細を見る】

【人生外さないための読み物】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822236927 「宝くじで1億円当たるとどうなるのか?」 「事故物件を借りるとどうなるのか?」 「キラキラネームの人の末路は?」 「都会生活に疲れて田舎に行くとどうなるのか?」 本日ご紹介する一冊は、「日経ビジネス」副編集長が、こんな素朴な疑問に答える読み物です。 <一つの「選択」をした後、どんな「末路」が待ち受けているのか> 考えるための良い材料になりそうです。 宝くじで1億円当たった人が「... 【詳細を見る】

【Amazon.comの最優秀賞受賞作】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4799320505 本日の一冊は、2010年Amazon.comの最優秀賞受賞作(暮らし・生活部門)。 現在、アメリカでは、またこんまりさん旋風が巻き起こっており、依然、片づけブーム、ミニマリズムのブームは続いています。 本書は、アメリカのエッセイストで、大学院では美術史を学んだというミニマリストのフランシーヌ・ジェイさんによる全米ベストセラー。 土井は存じ上げませんでしたが、著者は、米CNN... 【詳細を見る】

【『嫌われる勇気』著者のもう一つの幸福論】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062884062 本日ご紹介する一冊は、ミリオンセラー『嫌われる勇気』の著者、岸見一郎さんが幸福論を語ったもう一冊の本。 『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』は、フィクションですが、本書は著者自身の体験も織り交ぜた、リアルな人生論、幸福論です。 ※参考:『嫌われる勇気』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478025819/ ※参考:『幸せ... 【詳細を見る】

【ホリエモンの脱・学校論】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/433403974X   作家の橘玲氏が、ベストセラー『言ってはいけない』の終わりに、じつに興味深いことを書いていました。 ※参考:『言ってはいけない』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106106639/ <私は、不愉快なものにこそ語るべき価値があると考えている。きれいごとをいうひとは、いくらでもいるのだから> 本日ご紹介する一冊は、まさにその<不愉快なもの>に該当する一冊。 堀江貴文氏、通称... 【詳細を見る】

【シンギュラリティに備えるためのリストとは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479795618 本日ご紹介する一冊は、ジャーナリスト落合信彦の息子であり、メディアアーティスト/筑波大学助教授として活躍中の著者が、これからの働き方、生き方を説いた注目の一冊。 「AI時代だから人間らしい仕事をしよう」は思考停止と断じ、「ワーク“アズ”ライフ」を提唱する著者が、シンギュラリティに備えるためのヒントを提示した、興味深い内容です。 「ワークとライフ」の対比で捉えるのではなく、「... 【詳細を見る】

【祝・4600号】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822251926 既に、アンジェラ・ダックワースの同名の書をご紹介していますが、本日は、もう一つのGRIT関連書をご紹介。 著者は、1997年に広告代理店キャプラン・セイラー・グループを共同創業したリンダ・キャプラン・セイラー氏とロビン・コヴァル氏です。 会社経営の経験などなかった女性二人が、マンハッタンのチェルシーにあるブラウンストーンの建物の70平米のフロアで、世界的企業を作った。本書によれば、いまや同社の売上は3... 【詳細を見る】

【斎藤一人の弟子への教訓】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569766870 本日の一冊は、ひさびさに読んでみました。かつて長者番付があった時、納税額上位の常連だった斎藤一人さんによる一冊です。 本書は、東京・新小岩にある、「ひとりさんファンの集まるお店」で、斎藤一人さんが若者に向かって話した内容をまとめたもの。 若干、価値観が古い感がありますが、成功と行動、心構えの関係について、納得の行く説明がなされています。 最近は、「行動」や「勇気」をテーマとした本がベスト... 【詳細を見る】

【北欧トップコーチ】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864105308 本日ご紹介する一冊は、人口たった500万人の国ノルウェーで16万部以上を売り上げた、驚異のベストセラーの邦訳。 著者のエリック・ベルトランド・ラーセン氏は、ノルウェー有数のメンタル・トレーナーで、本書には著者がアスリートや企業エリートに指導しているという、意志力アップの最強メソッド「HELL WEEK(地獄の一週間)」が紹介されています。 これは、月曜日から日曜日まで、著者の指示通り仕事や生活を行う... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー