【「思い込み」を疑う技術】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4877713700 学生時代、「知性とは疑うこと」と教えられましたが、人生を切り拓いてくれたのは、いつも『疑う勇気』だったと思っています。 先日ご紹介した、『勘違いエリートが真のバリュー投資家になるまでの物語』には、ウォーレン・バフェットの教訓が載っていて、「外なるスコアカード」(他人の承認や評価)ではなく「内なるスコアカード」(自分自身を認めること)で判断することの重要性を説いていましたが、本日ご紹介する一冊は、自分... 【詳細を見る】

【これは注目】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569835740 「脳のトリセツって読んだことある?」 これは、『脳を活かす勉強法』の著者、茂木健一郎さんが、東京都杉並区の中瀬中学校で講演した際、中学生に尋ねたセリフです。 ※参考:『脳を活かす勉強法』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569675093/ そう。われわれは毎日脳を使っているのに、その正しい使い方を知りません。 茂木さんの『脳を活かす勉強法... 【詳細を見る】

【客室数日本一、東横インの秘密とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822237362 デキる経営者とサラリーマンの本棚の違い。それは「ケーススタディをしっかりと読み込んでいるかどうか」です。 傾向として、サラリーマンは普遍的なもの、転職しても使えそうなスキルやノウハウを好むのに対し、経営者は明日にも陳腐化しそうな一企業の「ケース」を好んで読むのです。 ちなみに、サラリーマンが自分や自分の業界・仕事と関係ある本ばかり読むのに対し、経営者は他業種の本にまで手を伸ばします... 【詳細を見る】

【倒産劇の真実とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532263379 本日ご紹介する一冊は、日経電子版の好評連載を書籍化した、待望の一冊。 著者は、膨大な企業倒産情報を持っている帝国データバンク情報部と、同情報部で25年間企業取材を行なっているというベテランの藤森徹さん。 老舗ゲーセンのザ・サードプラネット、脱毛大手のジンコーポレーション、新電力の旗手と呼ばれた日本ロジテック、ジーンズの国内トップメーカーエドウィン、アイスノンなどの家庭用品で知られる白元など、聞いた... 【詳細を見る】

【投資家・就活生におすすめ】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062729830 今の時代は、業態変革を起こしている会社、業界の垣根を超えたビジネスを展開している会社しか大きく伸びることはありません。 であれば、投資家や就活生は、業界ごとに分けられた分析だけを読んでいても不十分。 あたらしい切り口で企業分析した本が必要になるのは必然でしょう。 そこで本日ご紹介する一冊は、世の中の最先端の動きを反映し、斬新な業界分類に挑戦した企業研究本。 以前、ご紹介して反響の... 【詳細を見る】

【注目の創業物語】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822255190 先日訪れたニューヨークでは、全泊Airbnbを使いました。 ご存知の通り、Airbnbは、世界最大の民泊プラットフォームを提供している注目ベンチャーで、その宿泊体験に熱狂的なファンがついています。 現地の生活がまるごと経験できて、信じられないほど豪華な部屋に安く泊まる、グループで宿泊してシェアする、などといったことも可能です。 洗濯機や乾燥機、食器や調理器具なども使用可能な場合、ほとんど持ち物を... 【詳細を見る】

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4120049825 ちゃんこ鍋は、野菜がたっぷり摂れる『エグゼクティブ・ダイエット』の推奨食ですが、その「ちゃんこ鍋」で大成功を収めた経営者がいます。 ※参考:『エグゼクティブ・ダイエット』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4838729294/ 元幕内力士「玉海力」、河邉幸夫氏。 オシャレ街の広尾に、まさかのちゃんこ屋をオープンし、その後、都内に合計4店舗。現在は上海、プノンペン... 【詳細を見る】

【ダニエル・ピンク絶賛の注目書】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/415209690X 日本で過去、一番売れた本は『窓ぎわのトットちゃん』。4位は、『五体不満足』だそうです。 (『世界ー受けたい授業SP』より) ちなみに2014年は、『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』が、総合ランキング4位でした。(日販調べ) これらのランキングを見て、「日本っていじめや差別をテーマとした本が売れるんだな」と漠然と思っていたのですが、今日ある本を読んで、この国を支配している、恐ろしい「宗教」に気づき... 【詳細を見る】

【なぜ自由市場ではインチキがまかり通るのか?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492314989 本日ご紹介する一冊は、ともにノーベル経済学賞を受賞しているジョージ・A・アカロフとロバート・J・シラーが、自由市場でインチキがまかり通る理由、なぜ人が騙されてしまうのかを説いた、興味深い一冊。 昔々、『詐欺とペテンの大百科』という名著を紹介しましたが、いつの時代も詐欺の手口は一緒。 ただ、やり方の表現と騙される人が違っているだけです。 本書はこの『詐欺とペテンの大百科... 【詳細を見る】

【4人の専門家からの投資アドバイス】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532263395 本日ご紹介する一冊は、4人の専門家が、個人投資家が成功するためのヒントを示した、注目の新書。 本書のまえがきによると、個人投資家を惑わす要因は4つあります。 「情報」「相場」「商品」「自分」です。 本書では、この4つのトピックを、4人がそれぞれ分担し、投資家へのヒントをまとめています。 4人の専門家をご紹介しましょう。 世界経済・市場アナリストであり、日本経済新聞夕刊の... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー