【名門校の、受験勉強より大事な教えとは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797390352 社会人になって、周りの「デキる人」を見渡すと、なんだかんだ言って、いわゆる「名門高校」の出身者が多い。 どなたかが書いていましたが、大学はまぐれで入れるけれど、高校はまぐれでは入れない。だから、人材で困ったら、有名高校を出ているけれど大学受験で失敗した人間を採れ、と。 土井の周りに多いのは開成、灘、桐朋、麻布あたりですが、確かにみなさん頭が良いだけでなく、知恵やガッツ、サバイバ... 【詳細を見る】

【150万ダウンロードの話題のレポート】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163907475 本日ご紹介する一冊は、発表されるやいなや、たちまち150万ダウンロードを記録した、経産省若手官僚によるレポートの完全版。 養老孟司氏、冨山和彦氏、東浩紀氏3名の知識人と経産省若手官僚の座談会も収録されています。 この国の中枢を担う官僚が現状をどうとらえているのか、本音でどう考えているのか、どうしようとしているのか、ビジネスパーソンなら誰もが気になるところでしょう。 本書では... 【詳細を見る】

【『ビリギャル』著者の「子どもを爆発的に伸ばす」技術】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048933221 本日ご紹介する一冊は、累計120万部を突破した大ベストセラー、『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の著者が、子どもの底力を伸ばすノウハウを「339の言葉」としてまとめた一冊。 『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048... 【詳細を見る】

【もっと伝わる文章を書くために】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534055412 駆け出しのライター時代、師匠からこんなことを言われました。 「美味しい」とだけは書くな。 「美味しい」はあくまで主観だから、そのままでは伝わらない。 どう書けば相手が美味しいと感じるのかを考えて書け、ということです。 この教えを原則化すると、「形容詞を使うな」ということ。 この原則を一冊のノウハウにまとめたのが、本日ご紹介する『形容詞を使わない大人の文章表現力』です。 ... 【詳細を見る】

【株で勝つには】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344984773 本日ご紹介する一冊は、中小型株の調査・投資を専門にし、「R&Iファンド大賞」国内中小型株式部門において、6年連続で「最優秀ファンド賞」「優秀ファンド賞」を受賞した著者が、優良企業の掘り当て方を指南した投資本。 年間で900回以上、計2800社以上の企業と面談してきたという著者が、一体何を重視して投資しているのか、どうやって有望企業を見つけているのか、ヒントが満載の興味深い内容です。 著者は、本書の53ペ... 【詳細を見る】

【「ななつ星in九州」デザイナーの仕事論】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/482071886X   本日の一冊は、「ななつ星in九州」、883系特急「ソニック」、72系気動車特急「ゆふいんの森(三世)」、885系特急「かもめ」、岡山の路面電車「MOMO」、高速船ビートルなどのデザインを手掛けた日本を代表するデザイナー、水戸岡鋭治さんによる仕事論です。 以前、何かの雑誌で、水戸岡さんとジウジアーロさん(イタリアの鉄道やクルマのデザインで有名)が並んで紹介されているのを見て、「日本にもこんなカッコいいデザイナーがいたんだ」と驚き、... 【詳細を見る】

【青臭い。だから良い。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798052523 今からさかのぼることちょうど10年。2007年に、土井は33歳の若さで自己啓発書を書きました。 ベストセラーとなった『「伝説の社員」になれ!』です。 ※参考:『「伝説の社員」になれ!』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794218036/ 33歳の若造が、自己啓発書を書く。 ちょっと生意気な話ですが、今の自分じゃないと励ませない人... 【詳細を見る】

【仕事も居住も結婚も、県民性を理解してから。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344984757 昨年は海外、今年は国内を出張しまくって気づいたことがあります。 それは、日本の47都道府県は、外国並みに多様性に富んでいる、ということ。 九州や中国地方だけをとっても、実際には県別にまったく県民性が違うのです。これには驚きました。 それぞれの地域の方と話してみると、職業観や倫理観、結婚観がまったく違う。 これを理解せずに仕事や結婚を考えるのは、危険なのではないか... 【詳細を見る】

【押井守監督の幸福論】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121506014 本日の一冊は、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』や『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』などの作品で知られる、映画監督・演出家の押井守さんによる幸福論。 「幸福論」「仕事論」「ニセモノ論」「政治論」「人間論」「映画論」の計6つの章からなり、それぞれのテーマについて著者が持論を語る、じつに刺激的な読み物です。 条件を洗い出し、優先順位をつける、という考え方は、仕事でも幸福で... 【詳細を見る】

【一流がやっている成長術】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/447810249X   最近、「働き方革命」の号令のもと、「定時に上がる」ことや時短、休暇を取ることばかりが強調されていますが、生産性において本当に大切なのは、「結果を出す」こと。 組織のなかで結果を出しつつ、個人としても成長できれば、ビジネスパーソンとしてこれ以上のことはないでしょう。 そこで押さえておきたいのが、マッキンゼー出身のパフォーマンス研究家と世界トップのマラソンコーチが書いた、本日の一冊『PEAKPERFORMANCE 最強の成長術』。 「負... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー