【コロナ禍でも勝てるお店の条件は?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532324254

本日ご紹介する一冊は、ネットショップや小さなお店の経営に詳しい経営コンサルタントであり、コロナ禍に出版されて話題となった、『巣ごもり消費マーケティング』の著者、竹内謙礼さんが、逆境を活かして成功する方法を指南した一冊。 ※参考:『巣ごもり消費マーケティング』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4297114429/ コロナ禍でも業績を... 【詳細を見る】

【営業を変える一冊。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4495534513

リモートワーク時代になったことと、未来が不確実になったことで、最近にわかに注目されているのが、「プロセス」という言葉。 「結果」や「行動」を監視してギクシャクするより、プロセスを見て部下の成長を支援することで、自走型の人材を作る。 こんな動きが少しずつ出てきた印象があります。 本日ご紹介する一冊は、もう5年前に出た本ですが、BtoB営業の世界で支持されている営業の良書。 BtoB向けに... 【詳細を見る】

【真に賢い経営者になるために】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4296000233

ビジネスにおいて、まずい決断がなされた場合、リーダーは「無能」の烙印を押されるわけですが、実際にはそうではありません。 本日の一冊『賢い人がなぜ決断を誤るのか?』の著者、オリヴィエ・シボニーが言うように、<悪い意思決定は無能なリーダーによって下されるのではない。大いに成功し、慎重に選ばれ、非常に尊敬されているリーダーによって下される>のです。 ではなぜ、賢く、人々からも慕われているリーダー... 【詳細を見る】

【掘り出し物です。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4759820671

この世には、一見真実のような嘘と、嘘のような真実がある。 問題は、嘘のような真実に気づいた者が革命を起こそうとした時、古い真実を盲信する者が猛反発する、ということでしょう。 本日ご紹介する一冊は、メジャーリーグのスカウトの常識を変えた『マネー・ボール』以来の衝撃となる一冊。 ※参考:『マネー・ボール』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150... 【詳細を見る】

【自分で考えて動ける人になるために】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4815607605

本日ご紹介する一冊は、120万部を超えるベストセラーとなり、映画化もされた、『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の著者、坪田信貴さんによる子育て本。 ※参考:『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048650955/ 子育ての本では... 【詳細を見る】

【侍ジャパンU-12監督が語る教え方の極意】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569849504

本日ご紹介する一冊は、夏の甲子園に3年連続出場し、読売ジャイアンツを経て、侍ジャパンU-12監督を務めた、仁志敏久さんによる一冊。 プレイヤーとしては、プロ1年目に新人王、その後ゴールデングラブ賞を4回、日本シリーズ優秀選手賞を受賞した著者ですが、指導者としても、優秀な成績を収めています。(侍ジャパンU-12監督として、「第5回WBSC U-12ワールドカップ」過去最高の準優勝) ... 【詳細を見る】

【「識学」ベースのマネジメント論】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478110514

本日ご紹介する一冊は、いま勢いのある「識学」をベースに、リーダーシップとマネジメントを説いた、注目のベストセラー。 著者の安藤広大氏は、NTTドコモ、ジェイコムの取締役営業副本部長を経て、「識学」を広めるべく株式会社識学を設立、マザーズ上場まで導いた人物です。 最近は、ミドルリーダー層が部下のモチベーション管理や上からの数字管理、ティール、ホラクラシー組織などのトレンドに疲弊しているそ... 【詳細を見る】

【竹内謙礼さんによる、痛快お仕事小説】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041111633

本日ご紹介する一冊は、ECを得意とする経営コンサルタントでありながら、ビジネス小説もベストセラーとなっている竹内謙礼さんによる新刊。 著者が公認会計士と共著で書いたビジネス小説『会計天国』は、会計入門書のベストセラーとなりました。 ※参考:『会計天国』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569760678/ 今回、著者がテー... 【詳細を見る】

【あの600万部ベストセラー待望のアップデート版】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152100095

みなさんは、2000年に出され、世界的ベストセラーとなった、シアトル、パイク・プレイス魚市場の物語『フィッシュ!』をご存知でしょうか? かつては問題のあったパイク・プレイスが、どうやって魚が飛び交い、掛け声で賑わう、活気あふれる職場の見本となったのか、その秘密を書いた、当時の大ベストセラーです。 本日ご紹介する一冊は、世界累計600万部を超えているこの大ベストセラー、『... 【詳細を見る】

【これは必読。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/459116800X 本日ご紹介する一冊は、不人気球団と言われた千葉ロッテマリーンズを、「球団創立以来最多観客数」「創業以来初の単体黒字」に導いた、山室晋也前社長による、注目の経営書。 マリーンズ再生にあたり、どんな指標に着目したのか、何を改善したのか、どうやって社員のモチベーションを上げたのか、詳細が書かれた、良質な経営書です。 球団経営と言うと、つい「弱いから儲からない」と思ってしまいがちですが、現実はちょっと違う。 オビに「弱いのになぜ黒字?」と書かれている... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー