【組織を再発明するには。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4023317209 本日の一冊は、時価総額1兆ドルを突破した世界No.1企業、アップルの組織づくりを、ジョブズ本でベストセラーを出しているジャーナリストの著者がまとめた一冊。 ジョブズの名言やエピソードを再編集した切り貼り本ではありますが、まとめ方が上手い。 ジョブズが目指したという、「魂を持ち合わせた100億ドル企業」を、どうすれば作れるのか。 本書には、そのヒントが書かれています。 著者いわく、長... 【詳細を見る】

【読み応えあり。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569837719 本日の一冊は、ベストセラー『キリンビール高知支店の奇跡』の著者であり、元キリンビール株式会社代表取締役副社長、田村潤さんによる、注目の一冊。 ※参考:『キリンビール高知支店の奇跡』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062729245/ 著者は、落ちこぼれだった高知支店の躍進を支援した支店長で、その後、四国4県の地区本部長、東海地区本部長を経て、20... 【詳細を見る】

【今、九州で一番売れているビジネス書は?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478105197 本日ご紹介する一冊は、九州各地の書店でベストセラー1位となっている、注目のビジネス書。 JR九州会長で、世界一の豪華列車「ななつ星」を大成功させた、唐池恒二さんによる、『感動経営』です。 最近、日本企業は元気がないと言われますが、JR九州は驚くほど元気。飲食店から農業から、あらゆる事業を手掛け、急成長中です。 そんなJR九州会長の著書のまえがきで、日本企業に元気がない理由... 【詳細を見る】

【グーグル流、最高のチームの作り方】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4023317284 本日ご紹介する一冊は、2011年にGoogleに入社し、アジア・パシフィック地域の人材開発、グローバル人材の育成にかかわった著者が、グーグル流のチーム作りを説いた一冊。 これまでにも、『ワーク・ルールズ!』、『How Google Works(ハウ・グーグル・ワークス)』など、いくつかグーグルの人事に関する本が出されていますが、これが一番現場マネジャーが等身大で読める本のような気がします。... 【詳細を見る】

【シェリル・サンドバーグ絶賛の斬新な人事論】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334962211 本日ご紹介する一冊は、フェイスブックCOO、シェリル・サンドバーグが「シリコンバレー史上、最も重要な文書」と絶賛し、1500万回以上閲覧されたという「NETFLIX CULTURE DECK」を元に、同社の元最高人事責任者がまとめた一冊。 日本語版のタイトルは、『NETFLIXの最強人事戦略』となっていますが、原題は『Powerful: Building a Culture of ... 【詳細を見る】

【一流の上司は何が違うか】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797393238 本日ご紹介する一冊は、経営者、マネジャー、親など、人を動かしたい人のための啓発書。 タイトルにある、<「やれ」と言ってはいけない>は、まさに、命令されたくない人間の本質をついており、じつにキャッチーな言葉だと思います。 本書では、部下とどう接したらいいかを、「三流」「普通」「一流」の3つのレベルで示しており、マネジメントの「正解」が端的にわかるよう工夫されています。 書かれていることは耳... 【詳細を見る】

【ディズニー、NASA、Uberが顧客の町工場?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478103712 本日ご紹介する一冊は、油まみれの鉄工所から大変身、現在はディズニーやNASA、ウーバーとも取引するという京都の注目企業、HILLTOP株式会社の代表取締役による注目の一冊。 京都府宇治市に、お風呂、社員食堂、筋トレルーム付きの建坪600坪の全面ガラス張りの社屋を構え、全国から入社希望者が殺到中、月面探査チーム「HAKUTO」のサポーティングカンパニーも務める同社ですが、かつて... 【詳細を見る】

【これは、一流になるための指南書だ。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478061912 いつか読もう、読もうと思って、読まずにズルズル行ってしまう本がある。そういう本に限って良い本で、決まって後悔する。 本日ご紹介する一冊も、そんな本でした。 本日の一冊は、3年連続首位打者、史上最年少28歳で三冠王を達成した、稀代のスラッガー、落合博満氏によるバッティング指南書。 そんなもの、ビジネスに関係あるの? と思った方もいらっしゃると思いますが、じつはこれ、読めば読むほ... 【詳細を見る】

【読み応えあり。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4800282438 本日ご紹介する一冊は、アマゾン ジャパンの立ち上げメンバーの一人であり、アマゾン内部の仕組みを知り尽くした元ディレクターが、『アマゾンのすごいルール』を公開した一冊。 これまで、この手の本は何冊か出ており、かつどれもアマゾンの強さの本質に迫ったものではなかったのですが、今回の本は違います。 本書には、これまであまり触れられてこなかった、アマゾンの人材採用、人事評価の話、さらに独自のPDCAの回し方、チ... 【詳細を見る】

【次の時代の組織モデルは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4862762263 本日ご紹介する一冊は、組織論の世界で今、話題の『ティール組織』を解説した、世界的ベストセラー。 原初出版後、12カ国以上に翻訳され、20万部を超えるベストセラーとなっている、注目の書の邦訳版です。 著者のフレデリック・ラルー氏は、マッキンゼーで10年以上にわたり組織変革プロジェクトに携わった後、エグゼクティブ・アドバイザー/コーチ/ファシリテーターとして独立した人物。 2年半に渡り、新... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー