【卒業生に贈る言葉】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478017697 本日の一冊は、慶應義塾大学大学院准教授のジョン・キム氏が、ゼミ生へのはなむけとして毎年行っている最終講義「贈る言葉」をもとに綴ったメッセージ。 昔、まだBBMが始まった頃に紹介した『ハーバードからの贈り物』や、最近紹介した『つらいから青春だ』など、先生から生徒へ贈る言葉というのは、いつの時代も人気があるものです。 ※参考:『ハーバードからの贈り物』 http://www.amazon.co.jp/... 【詳細を見る】

【幻の衝撃論文】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4166608630 1975年に雑誌「文藝春秋」に掲載された一本の論文が、現在、大きな話題となっています。 日本没落を予言した、著者不明の謎の衝撃論文。 「日本の自殺」と題されたそのセンセーショナルな論文は、当時、土光敏夫さんに衝撃を与え、土光さんはこの匿名の著者との面会を切望、周囲にコピーを配りまくったと言われます。 現在、わかっているところによると、この「日本の自殺」の著者は、学習院大学の教授だった故・香山健一氏... 【詳細を見る】

【土井の新刊、本日発売!】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4484121107 本日の一冊は、ベストセラー『20歳のときに知っておきたかったこと』の著者、ティナ・シーリグさんによる、待望の続編。 ※参考:『20歳のときに知っておきたかったこと』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4484101017 2010年の講義本ブームの時に一躍有名になった著者ですが、今回書いたのは、氏がスタンフォード大学で行っている大人気の「イノベ... 【詳細を見る】

【混乱の時代に問われる学力・仕事力とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344021789 本日の一冊は、日本開発銀行、大蔵省財政金融研究室主任研究官、大阪大学経済学部助教授、ハーバード大学客員准教授、慶應大学総合政策学部教授などを経て、2001年に小泉内閣で経済財政政策担当大臣を務めた著者が、その仕事術を公開した一冊。 前作『竹中式マトリクス勉強法』に次ぐ、著者としては珍しい自己啓発書ですが、これがなかなかの意欲作です。 ※参考:『竹中式マトリクス勉強法』 htt... 【詳細を見る】

【人間の大きさを決める法則】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763132180 本日の一冊は、累計納税額日本一といわれる斎藤一人さんが、弟子と一緒に「器」について論じた一冊。 以前にも、『「器が小さい人」にならないための50の行動』という本を紹介しましたが、あれはどちらかというと、器を大きくするための「知識」。 ※参考:『「器が小さい人」にならないための50の行動』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/479421846X... 【詳細を見る】

【仕事の悩みはすべて松下幸之助の言葉が解決してくれる】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4072807907 本日の一冊は、経営コンサルタントであり、ベストセラー作家でもある小宮一慶さんが、ビジネスパーソンのよくある仕事の悩みに答えた一冊(Q&A形式)。 一つの悩みをさまざまな角度から検証し、松下幸之助の名言を添えて解答するという体裁で、働くことの意義や、成長するための心構え、商売を成功させる創意工夫の精神まで、ひと通り身につく内容になっています。 「」部分の松下幸之助の言... 【詳細を見る】

【悩める20店が繁盛店に変わったアドバイス】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822273024 本日の一冊は、悩み多き飲食店20店の問題を、プロのアドバイザーが解決した、珠玉のケーススタディ集。 「日経レストラン」に連載されていた「悩み解消クリニック」「新・悩み解消クリニック」に加筆修正したもので、メニュー、集客、接客の悩みを、プロコンサルタントがどう解決したか、具体的な手口がまとめられています。 新鮮で美味しい海鮮料理を提供しているのに、なぜか売上がいまいちの居酒屋、... 【詳細を見る】

【これは名著だ―ある起業家の生涯】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532317223 こんなことを書くと「書評家失格」と叱られそうですが、日々いただく本のなかには、「今は読みたくないな」と思う本があります。 それは、興味がないからではなく、まだ自分が理解できるレベルに至っていないから。理解できずに「つまらない」と言ってしまうのが怖いからなのです。 土井も人の子ですから、いずれ心の準備ができてから読みたい本というのがある。 本日ご紹介する一冊は、まさにそんな一冊です... 【詳細を見る】

【名監督のコミュニケーション技術】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4845912899 先日、映画・アート本で知られるフィルムアート社さんから、なぜか献本があり、驚きました。 一体何の本だろう? と不思議に思い、封筒をあけてみると、中にはこの『監督と俳優のコミュニケーション術』が。 編集の意図はわかりますが、いくらなんでも、映画の現場のマネジメントをビジネスに応用するなんて…。 そう思って計350ページ、通読してみました。 ―なるほど、これは行けるかもしれない... 【詳細を見る】

【心の持ちようを変える】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344021746 情報化が進み、交通手段が発達したことで、われわれは自由に移動することができるようになりました。 これは、一時的な旅行やビジネスにとどまらず、転職、再婚、移住、工場・会社の移転といったところにまで及んでいます。 もちろん、人や会社が移動するのは自由ですし、それによってチャンスが広がるのも事実です。 場合によっては、転職あるいは離婚だってやむを得ない状況もあるでしょう。 ただ、それだけで... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー