【「風で織るタオル」を生んだ経営哲学】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4767806771 みなさんは、「風で織るタオル」を知っていますか? これは、風力発電100%による工場稼働を実現し、さらに「ニューヨーク・ホームテキスタイルショー・2002スプリング」で、日本企業初の最優秀賞を受賞した「池内タオル」の製品のこと。 全国生産の6割を占めるというタオル王国、愛媛県今治市にあって、エコとビジネスの両立を実現。社員25名の小さな会社でありながら、世界から熱い視線を注がれ... 【詳細を見る】

【ウォール街の真実を暴く】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4166606638 経営破たんしたアーバンコーポレイションの資金調達に伴い、BNPパリバにグレーな取引があったことが問題となっています。 これは、金融業としてのモラルを問われる問題であり、今回の金融破綻の背後にある、金融業界の強欲さを示す象徴的な出来事です。 本日ご紹介する一冊は、この金融業の強欲の実態を、ゴールドマン・サックスで働いた経験を持つNY在住の日本人投資家、神谷秀樹さんが紹介した一冊。 ゴー... 【詳細を見る】

【大前研一なら今、どこに投資するか?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062150263 本日の一冊は、ベストセラー『チャイナ・インパクト』で中国投資ブームの後押しをした著者、大前研一さんが、注目のロシア経済を取材し、その最新動向をまとめた渾身のレポート。 ※参考:『チャイナ・インパクト』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062111527/ 拡大を続けるマーケットと旺盛な消費意欲、進出した日本企業の好調ぶり、I... 【詳細を見る】

【今、裏で大儲けしているのは誰か?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198626383 本日の一冊は、熱心な読書家で、アマゾン時代から親交のある徳間書店のIさんが、珍しく興奮気味におすすめしてくれた一冊。 最近のブームを意識してか、サブタイトルに「大恐慌」なんて言葉が入っていますが、メインは世界のヤミ経済の話です。 興味深いのは、歴史の転換期には必ず「ならず者経済」が繁栄するという点。 確かに、歴史に残る大商人たちはすべて、大きな転換期に乗じて財を成しました。... 【詳細を見る】

【じっくり経営を考えるためのテキスト】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532314194 本日の一冊は、日本女性として初めてハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得し、その後、アメリカのボストン・コンサルティング・グループで活躍した著者が、そのノウハウを凝縮した一冊。 書かれているのは、「花形」「金のなる木」「問題児」「負け犬」からなるお約束のポートフォリオチャートや戦略策定のポイント、コスト分析、ロスト顧客分析など、オーソドックスな内容ですが、じつはこれ、実際に経営... 【詳細を見る】

【革命を起こすビッグアイデアの作り方】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4484081032 本日の一冊は、サムスンの成功神話を支えた辣腕マーケターによる注目作で、韓国で何と100万部のベストセラーとなった一冊。 韓国の一大企業、サムスンの本だから売れたというのもありますが、それを差し引いても、売れて当然の読み応えある内容だと思います。 マーケターらしい歯切れのいい語り口で、古今東西の著名人の名言とアジアの名経営者のセリフ、そして自身がサムスンで得た学びが説かれており、... 【詳細を見る】

【革命を起こすビッグアイデアの作り方】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478007217 本日の一冊は、コロンビア大学ビジネススクール教授であり、コンサルティング会社のCEOとしても活躍する著者が、iPod、グーグル、IKEA級のビッグアイデアを実現する方法を説いた一冊。 現在、アメリカン・エキスプレス、LVMH、マッキンゼーをクライアントに持つという著者が、さまざまな企業の事例をもとに、破壊的イノベーションを起こすための考え方を説いています。 「四つの戦略タイプ」... 【詳細を見る】

【優良顧客の心をつかむ究極の接客術?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478007217 ビジネス書評家という立場上、これまでにたくさんの接客本を読んできましたが、本日ご紹介する一冊は、そのなかでもかなり実践的な内容です。 表紙の写真を見て、正直「この人がプレミアムな接客の達人?」と戸惑いましたが、読んでみると、なるほど、これはひと味違います。 「お客様のためになるのであれば、たとえ他ブランドの品物でもおすすめする」ぐらいなら、最近の接客では常識。 しかしなが... 【詳細を見る】

【名作コピーから売れるヒントをつかむ】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532194490 本日の一冊は、ベストセラー『名作コピー読本』の著者であり、自身、40年にわたり広告界で活躍する鈴木康之さんが、久々に放つコピー本。 ※参考:『名作コピー読本』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000J7NHWW/ 著者による名作コピーの案内と、そこに秘められた力の源泉/売れるロジックの分析、そして書き方の学習法が、このコンパ... 【詳細を見る】

【帝王学と言えばこの一冊】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4192419998 本日の一冊は、古来から帝王学の教科書として用いられ、北条政子や徳川家康も愛読したという古典中の古典。 国・企業を問わず、創業と守成とどちらが難しいかと問われれば、やはり守成ということになるでしょうが、本書はまさにこの守成の時代にどうやって組織を治めていくか、その点を説いた内容です。 名君の誉れ高い唐の太宗(李世民)とそれを補佐した名臣たちの問答から、繁栄の原理原則とリーダーの心構えが学ぶ。 ... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー