【】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4413093550 本日の一冊は、歴史に残る名政治家たちの人心掌握術を、作家・政治史研究家の著者がまとめた一冊。 西郷隆盛、伊藤博文、原敬、田中角栄など、近代日本を作り上げた偉人たちのエピソードから、人々に愛されるリーダーの原則を導き出した、興味深い一冊です。 タイトルには、「名セリフ」とありますが、実際にセリフが引用されている箇所は少なく、むしろリーダーシップや人心掌握の技術をまとめた本と言えそうです。 政治家について書か... 【詳細を見る】

【】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/484432330X 本日の一冊は、日本を代表するクリエイターたちにインタビューを試み、大好評を博した「ひとつ上の」シリーズ最新刊です。 今回のテーマは、成果を上げるためのチーム作りの心構えおよびノウハウですが、個性派がそろった広告制作の現場だけに、なかなか刺激的なエピソードが散りばめられています。 数々の広告賞を総ナメにしているシンガタの佐々木宏さんや、dofの大島征夫さん、資生堂「TSUBAKI」のプロジェクトを手掛けた谷山雅計さんなど、そうそうたる面々が計19名、名を連ねて... 【詳細を見る】

【】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4844323369 本日の一冊は、インプレスさんから毎年出されている『ケータイ白書』の2007年版です。 2000人、300社への利用実態調査をもとに、さまざまな切り口からケータイ市場、モバイルビジネスの現状に迫っています。 番号ポータビリティやパケット定額制の普及に伴う利用実態の変化はもちろん、他メディアと比較した接触時間の変化、電子書籍の利用率など、さまざまなデータが、この一冊に収められています。 便利なのは、プレゼンに... 【詳細を見る】

【】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198622655 本日の一冊は、累計40万部のベストセラーシリーズ『プロ論。』の待望の第3弾です。 登場するのは、ソニー最高顧問の出井伸之さんや、早稲田大学教授の榊原英資さん、ダイエー代表取締役会長林文子さんなどそうそうたる面々。 今回も、経営者から作家、音楽家、芸能人まで、幅広い分野の著名人が名を連ねており、何とも贅沢なインタビュー集に仕上がっています。 インタビューの内容は、これまで通り、プロとしての心構えと天職に出会... 【詳細を見る】

【】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532111242 本日の一冊は、大和證券のトレーディング室を経て、現在、インフォストックスドットコムのチーフアナリストを務める著者が、銘柄選定の基本を説いた一冊。 通常、単行本で出されている株本は、「バリュー株投資か、テクニカル投資か」といった両極端のものが多いのですが、本書は「景気循環株」「バリュー株」「成長株」の3つに分けて見極め方を解説しており、比較的バランスのよい内容です。 ちなみに、以上3つの分け方は、天才投資家マット... 【詳細を見る】

【】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4925112910 本日の一冊は、世界一有名なカリスマ主婦であり、起業家としても大成功を収めた、マーサ・スチュワートによるビジネス指南書です。 ビジネスの絶頂期にインサイダー取引で服役し、辛酸をなめた著者ですが、だからこそ、本書が書かれたといっても過言ではありません。 そういう意味では、事件に感謝しなくてはいけないかもしれませんね。 本書のなかで書かれているのは、起業家に対するメッセージと成功のための考え方。 決して捨... 【詳細を見る】

【】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478770239 本日の一冊は、サンダーバードでMBAを取得後、シリコンバレーで組織コンサルタントとして活躍。グロービスのシニアマネジャーも務めたという著者が、「論理思考」と「聞く技術」の統合スキルを提唱した一冊です。 論理思考を身につけた人とそうでない人が話をすると、必ずといっていいほどコンフリクトが生じますが、その原因は、じつはロジカルリスニングが身についていないから。 本書では、異文化経営で知られるサンダーバードを卒業し、... 【詳細を見る】

【】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4872577493 本日の一冊は、昨日に続き、『モチベーショナル・クラシックス』が紹介した世界3大自己啓発書のひとつをご紹介します。 解説によると、著者のウィリアム・ジョーダンは、主に雑誌メディアや講演の世界で活躍した人物で、自らを律することが成功への道と信じていた人だったようです。 そのため本書でも、自らを律することの必要性が強く説かれており、今どきの自己啓発書ではなかなか見られない骨太の内容となっています。 本書の主張の... 【詳細を見る】

【】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4872577515 本日の一冊は、自己啓発の古典である『モチベーショナル・クラシックス』が紹介した、世界3大自己啓発書のひとつです。 聖書に次ぐベストセラー、『「原因」と「結果」の法則』と並んで紹介されたという一冊で、確かに言葉に力があります。 ※参考:『「原因」と「結果」の法則』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763195093/ 日本語版のタイトルには「お金」という... 【詳細を見る】

【】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4806126047 本日の一冊は、「Webook of the Day」の発行者であり、金沢工業大学大学院の客員教授も務める著者が、ビジネスパーソンのためのメモ術を指南した一冊です。 普段何気なくとっているメモですが、どうやってとればいいのか、どうやってその情報を活用すればいいのか、に関しては意外と無頓着なもの。 本書では、できるビジネスパーソンのメモ術を、考え方、ノウハウ、ツールに分けて紹介。 メモで必ず押さえておかなけれ... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー