【あのチラシのカリスマの最新刊】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/425954747X 本日の一冊は、以前ご紹介して大反響のあった、『人が集まる!行列ができる!講座、イベントの作り方』の著者、坂田静香さんによる一冊。 ※参考:『人が集まる!行列ができる!講座、イベントの作り方』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062139065 著者は、大田区の男女平等推進センター「エセナおおた」で、地味な講座を異例の大ヒット講座につなげた元主婦で、その企画力、集客力を学ぼうと、... 【詳細を見る】

【観光土産品で20億円稼ぐ著者の、商品開発論】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534051166 本日の一冊は、ゼロから観光土産品市場に参入し、20億円以上の売上を達成したヒットメーカー、株式会社YOSHIMIの勝山良美さんによるノウハウ書。 著者は、札幌ススキノのレストラン「YOSHIMI本店」を中心に、レストランやスープカリー専門店を13店舗を経営する料理人兼経営者ですが、じつはレトルトスープカリーの「じゃがいもチキン」や、大ヒットお土産菓子「カリカリまだある?」など、... 【詳細を見る】

【これは必読】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479794174 本日の一冊は、INSEAD(MBA)、グランゼコールHECなど、世界のトップスクールを渡り歩き、実業でも世界最大の資産運用会社バークレイズ・グローバル・インベスターズで最年少マネージングディレクター(のちに日本法人取締役に就任)を務めた著者が、<世界標準の「頭のよさ」をつくる31の方法>を述べた一冊。 著者は現在、グローバルリーダー育成スクールのIGSを経営しており、そこで多数の生徒を海外の名門校に入学させて... 【詳細を見る】

【『鏡の法則』著者の最新刊】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763133470 本日の一冊は、ミリオンセラー『鏡の法則』の著者、野口嘉則さんによる、ひさびさの新刊。 ※参考:『鏡の法則』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4893469622 タイトルは、『「これでいい」と心から思える生き方』です。 高校時代、対人恐怖症に悩み、大学では心理学や東洋哲学を専攻。現在は、EQコーチングの第一人者として、またeラーニン... 【詳細を見る】

【思わず泣ける、感動のエピソード】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569814794 不覚にも、読んで泣いてしまいました。 何で泣いたかというと、一見すると、ただの企業事例モノ。しかも、ベストセラー『決算書がおもしろいほどわかる本』を書いた、公認会計士の石島洋一さんによる新刊です。 ※参考:『決算書がおもしろいほどわかる本』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569672523 石島さんは、以前インタビューさせ... 【詳細を見る】

【歴史上のリーダーが密かに使った心理術】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4861136776 あのヒトラーは演説をする際、黄昏時にこだわったそうですが、その理由をご存じでしょうか? 理由は、黄昏時になると、人間の思考力や判断力が低下するため。 またヒトラーは、大衆に自らの政策を覚え込ませるため、演説で何度も同じフレーズを使ったり、二者択一の問いかけを行ったりもしました。 本日ご紹介する一冊は、このような心理テクニック、しかもヒトラーをはじめ、古今東西のリーダーたち... 【詳細を見る】

【海辺のコンビニで梅おにぎりが売れるわけ】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4166609394 本日の一冊は、プライベートブランドが絶好調のセブン&アイ・ホールディングス会長兼CEO、鈴木敏文さんによる注目の一冊。 一時は成長の踊り場にあったコンビニが、ここに来てまた成長軌道に乗っている。 その陰には、知られざる企業努力、そしてトップの未来を読む確かな目があったわけですが、本書では、この両面に光を当てています。 どうすれば、顧客の心を知り、「売る力」を身につけられる... 【詳細を見る】

【7日間で突然頭がよくなる本】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569809189 本日の一冊は、哲学者の小川仁志さんが、『7日間で突然頭がよくなる本』を説いた一冊。 落ちこぼれだった著者が、なぜ京都大学に合格し、哲学者となって番組のレギュラーコメンテーターにまでなれたのか。 本書には、その「秘密」が書かれています。 その秘密というのは、じつは著者の専門でもある「哲学」。 本書では、この哲学の概念と歴史を知ることで、読者に使える思考ツールを提供するのが狙いです... 【詳細を見る】

【日本の不動産は黄金期に突入する!】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761269472 本日の一冊は、現在活況を呈している不動産マーケットに関する書籍。 著者は、2年以上前から日本の不動産復活を予測していたという、ドイツ証券アナリストの大谷洋司氏です。 2012年には、不動産セクターの株価が80%上昇、中古マンションの成約件数も3年ぶりに過去最高(3万1397件、前年比8.7%増)、J-REIT(不動産投資信託)による物件取得も、増加の一途をたどっています。 本書... 【詳細を見る】

【レッドブル52億本の秘密】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822249840 先日、鈴鹿サーキットでF1を観戦して、いつの間にかレッドブルがスポンサーになってF1を制覇しているのに驚きました。 ちょうど関心が高まっていたところに、彗星のように現れたのがこの『レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか』です。 本書は、今や全世界で52億本を売り上げるという驚異のドリンク、レッドブルを開発した創業者、ディートリッヒ・マテシッツの素顔に迫った一冊。 ユニリーバの子会... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー