【年収1億円と2000万円の壁】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4833450542 本日の一冊は、『年収1億円思考』シリーズで一躍有名になったお金持ち研究家、江上治氏による注目の新刊。 ※参考:『年収1億円思考』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766784863 年収1億円超のクライアントを50人以上持つという著者が、お金持ちの行動を分析し、彼らの仕事の仕方、お金の使い方、人間関係の構築法について、まとめた一冊。... 【詳細を見る】

【世界的デザイナーの感性を学ぶ】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4093460892 本日の一冊は、世界的に注目されるデザイナーであり、「Newsweek」誌「世界が尊敬する日本人100人」にも選出された佐藤オオキさん、初の著書。 佐藤オオキさんは、ロッテのガム「ACUO」や、プーマのイベントスペース「Puma House Tokyo」、カップヌードルミュージアムのオープンに合わせてデザインした「cupnoodle urushi」など、さまざまなパッケージ、店舗デザインを担当... 【詳細を見る】

【小さなトマトがブランドになる方法】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532319056 SNSで誰もが無料で情報発信できる時代、中小・零細企業にとっては、直接消費者とつながる、大きなチャンスが到来しています。 このチャンスをモノにするためには、消費者が「つながりたい」企業になることが重要。そう、今ほど中小企業にブランド作りが求められている時代もありません。 セブン&アイ・ホールディングスやイオン、ドン・キホーテなどの巨大小売企業がプライベートブランドに取り組む今、中小... 【詳細を見る】

【全米で話題のカリスマ教師が語る、練習の秘訣】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532318882 「Practice makes perfect」という諺があるように、完璧を目指すなら、やはり日々の練習が大事です。 とはいえ、漫然と頑張るのは、百害あって一利なし。 なぜなら、間違った練習は、「間違いをくり返しているおそれがある」からです。 <必要なのは「練習」だ──たんなるくり返しではなく、本物の「練習」。マイケル・ジョーダンは言った。「1日8時間シュートの練習... 【詳細を見る】

【新世代起業家10人の取り組み】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4906700985 新しいビジネスアイデアの多くは、若い感性から生まれてくるものだと思いますが、歳を取ると、若い方と交流する機会がどうしても減ってきます。 取り残されないよう、頑張って情報を仕入れようと思っていても、何を調べたらいいかわからない、調べる時間が取れない、という人におすすめなのが、本日の一冊です。 この『世界を変える80年代生まれの起業家』は、新世代の起業家10人のビジネスと着眼点、発想法を紹... 【詳細を見る】

【お金中心ではない「腐る経済」とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062183897 以前ご紹介した藻谷浩介さんの『里山資本主義』はじめ、最近は行き過ぎた資本主義を見直す本が、いくつも出されています。 ※参考:『里山資本主義』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041105129 本日ご紹介する一冊は、学者である父の影響でマルクスを読み始め、理想の経済を実現するべく、地方でパン屋経営をしているという著者が、これか... 【詳細を見る】

【コメント力を磨く方法とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569811388 テレビを見ていると、たまに「よくこんなに気の利いたコメントができるな」と思う方を見かけます。 企業であれば、記者会見のコメントひとつで、商品が大ヒットすることは往々にしてありますし、まずいコメントひとつで、企業ブランドが凋落した例も、数多く存在します。 これが個人であれば、コメントが面白いということでテレビ出演が決まったり、出版が決まったりする。 コメント力があるだけで仕事やギャラ... 【詳細を見る】

【超優良企業・林原破綻の真実】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4898314090 昨日は、TVドラマ「半沢直樹」の最終回でしたね。 「結末に不満」という意見が多数あるようですが、個人的には、じつに現実的な結末だと思っています。 人や組織には、さまざまな利害関係や意図があり、人生とはそこをかいくぐって生きていくことに他ならない。 しくじれば地獄、うまく行ってもまた油断すると地雷を踏みかねない…。 とくにビジネスは、そういうものではないでしょうか。 本日... 【詳細を見る】

【アップル、ディズニーで学んだこと】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479794085 本日の一冊は、ソニー、ベイン・アンド・カンパニー、ウォルト・ディズニー・ジャパン、AOLジャパンを経て、ライブドアを創業、2004年にはアップル・コンピュータのマーケティング担当バイスプレジデントと日本法人代表取締役を兼務した著者が、「価値創造」の本質を述べた一冊です。 人を感動させるアイデアや製品を生み出すには、どんな考え方をすればいいのか、著者の持論が述べられた、興味深い論考です。 ... 【詳細を見る】

【2035年の消費は?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532319048 数年前、北海道で業績を伸ばし続けている社長に快進撃の秘密をうかがったところ、「これからは高齢者と海外市場だよ」とあっさりおっしゃいました。 デキる経営者は、淡々とやるべきことをやるものですが、その行動のもとになっているのが、各種のデータ。 なかでも、人口に関するデータや売れている商品に関するデータは、時代を読む上で極めて重要です。 本日ご紹介する一冊は、そんな各種データを、拓殖大学商学部... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー