【男/女の違いがわかる本】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4799315277 本日の一冊は、男女の脳の違い、考え方の違いを、作家・心理カウンセラーで、ベストセラーも持つ著者、五百田達成さんが対比形式で論じた一冊。 本書を行きつけのイタリア料理屋で読んでいたら、オーナーの奥様が「わかるわー、その本」と言ってきたので、男女ともに関心のあるテーマであることは間違いないでしょう。 かつて大ベストセラーとなった書籍に、『話を聞かない男、地図が読めない女』というのがありましたが、あ... 【詳細を見る】

【読ませるだけ。新入社員教育にはこの一冊。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4827209146 本日の一冊は、企業向けセミナーで有名なSMBCコンサルティングで、数多くの研修プログラムをプロデュースした著者が、新入社員のための心得と仕事術を説いた一冊。 若い時分にありがちな「お金儲け」に対する偏見を払拭する考え方、無駄をなくすための具体的行動、給料をもらうことの意味、ライバル企業に勝つための戦略思考、職場での人間関係術など、上司から見て「これさえ知っておいてくれれば!」という... 【詳細を見る】

【神田昌典氏が教えるクレイジーな読書法とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569823424 本日の一冊は、起業家・マーケターとして、読書家として、著者として知られる神田昌典さんが、これからの時代の読書法を提唱した一冊。 情報発信手段としての本の魅力や、「イン・フォメーション」から「エクス・フォメーション」への転換、知識創造型の読書法、ステージごとに読むべき内容を変えることなど、興味深い主張がいくつかなされています。 ◆知識創造型の読書のための三つのシンプルな原則 ... 【詳細を見る】

【灘高メソッド?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062882981 本日の一冊は、灘中高から東大(理科一類)、東大大学院を経て、国家公務員試験I種2年連続合格、NHKアナウンサー合格、医師国家試験合格と、試験で連戦連勝の著者が、その勉強法を公開した一冊。 著者は、過去に『不可能を可能にする最強の勉強法』というベストセラーを出していますが、本書はそのベースとなった「灘高」の教えをまとめたノウハウ本です。 ※参考:『不可能を可能にする最強の勉強法』 http://www... 【詳細を見る】

【注目対談】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794968698 本日の一冊は、「ワイアード」「ギズモード・ジャパン」など、紙・デジタル両方でさまざまな媒体を立ち上げ、ベストセラー『フリー』を日本に紹介した小林弘人さんと、「日経ビジネスオンライン」のプロデューサーを務める柳瀬博一さんの対談本。 インターネットの普及がもたらしたビジネスやメディアの本質的変化と、そこで求められる人材像、さらには新たなチャンスの糸口まで…。 平易な会話文で、インターネットビジネス、メディアビジ... 【詳細を見る】

【米国不動産投資のおともに】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1438001460 本日の一冊は、ニューヨークのバーンズ・アンド・ノーブルで見つけた、不動産投資のための用語辞典。(ちょっとマニアックですね) 建物の様式や各部の名称、取引条件、建築にまつわる法律用語まで幅広く網羅された、不動産用語辞典の決定版です。 建物の絵や図解、土地の区画の説明図、さらには不動産投資の計算式までが紹介され、じつに有用な内容です。 土井は今回、賃貸用の不動産を探しに行ったのですが、毎年... 【詳細を見る】

【自分をプロモートする米国流ノウハウ】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1250025680 本日の一冊は、ニューヨーク・タイムズ紙で話題となった『Me2.0』の著者、ダン・ショーベル氏による最新刊。 まだ邦訳されていない本ですので、本日は洋書でご紹介します。 就職活動をテーマに、SNSの可能性についてまとめられた前作と違い、今回は就職してからキャリアを積みたい、転職したい社会人におすすめの内容。 『PROMOTE YOURSELF』というタイトルからも連想されるよう... 【詳細を見る】

【日本の「貧困」その実態に迫る。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569816207 本日の一冊は、途上国と日本の貧困状況を比べ、それぞれの特徴と問題点を、データを元に明らかにした一冊。 著者は、世界の物乞いや障害者を追った『物乞う仏陀』でデビューを果たした、作家の石井光太さんです。 現在、土井はニューヨークで世界でトップクラスの富裕層と触れていますが、つい数カ月前は、インドで極貧の方々を見ていました。 これから世界は人口爆発・都市化に向かいますが、その際に必ず出... 【詳細を見る】

【話題です。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334978029 本日の一冊は、世界初のクロマグロ完全養殖、レストラン経営、ライブ会場のような入学式などで話題となった、近畿大学(近大)の経営に迫った一冊。 少子化時代に志願者数を伸ばし続け、ついに明治大学を抜いて志願者数日本一。560億円の借金を完済して純利益(正確には帰属収支差額)113億円(私立大学日本一)を達成した近大が、一体何をしたのか。 1年間で作成したプレスリリースの数が233本、うち記事となって掲載されたの... 【詳細を見る】

【ずるいよ、DaiGoさん】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/476127056X 最近、告知するセミナーの集客がいずれも好調で、本当にうれしい限りです! いつもありがとうございます! 本日の一冊は、人の心を操るプロフェッショナル、メンタリストのDaiGoさんが、人を操る文章術を公開した一冊。 自身の著書の累計が80万部を超え、テレビでも大活躍の著者が推奨する書き方とはどんなものなのか、興味を持って読んでみましたが、この本は「当たり」です。 なぜ当たりかというと、まず、通常の文章本とは「ゴール」が違う。 本... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー