【歴史上の大人物に学ぶ、器を大きくする方法】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106103400 今年最後を飾る一冊は、土井の来年のテーマでもある、「器」に関する議論。 著者は、文芸評論家で、慶應義塾大学環境情報学部教授の福田和也氏。 本書では、高橋是清や乃木希典、西郷隆盛、横井小楠、原敬、松永安左衛門といった、日本の大人物を紹介しながら、人間の器量について、著者の持論が展開されています。 著者いわく、最近の世の中では、人間の複雑で多面的な部分が無視され過ぎてい... 【詳細を見る】

【テイラーの名著が復刻!】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/447800983X 経営学を学ぶ人間なら、一度は読んでおきたい不朽の名著、フレデリック・W・テイラーの『科学的管理法』。 本日ご紹介する一冊は、この『科学的管理法』の待望の復刻版です。 既に勉強されている方ならご存知のように、テイラーの科学的管理法は、効率の追求を重視するあまり、労働者の人間性を無視しているという批判がなされ、読まれなくなって久しいわけですが、今回、本書の「まえがき」部分を読んで、本書のマネジメントにおける功績と意義を、改めて感じました。 ... 【詳細を見る】

【わずかな差が大きな違いを生む】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763199862 本日の一冊は、1993年以来、毎年、全国高額納税者番付10位以内に連続ランクインし、2003年には累計納税額で日本一になったお金持ち、斎藤一人さんによる話題の新刊。 土井もセミナーなどでよく言う話ですが、この資本主義のしくみのなかでは、ほんのわずかの差に、多額のお金が払われる。 ソフトバンクのロゴマークしかり、ユニクロの本の装丁しかり、ほんのわずかの差が、大きな差になっていることが、... 【詳細を見る】

【マルクスの理論がエピソードで学べる】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569776620 本日の一冊は、20万部のベストセラーとなった『エブリ リトル シング』の著者、大村あつしさんによる待望の新刊。 ※参考:『エブリ リトル シング』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4777106160/ 今回の本は、マルクスの『資本論』をベースにしたフィクションで、多喜二とエリナ、そして経済に詳しいマルクんが、経済のしくみを学... 【詳細を見る】

【すぐれたリーダーの心の習慣】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887597827 昨日お伝えしたように、今日から視察旅行で上海に行ってきます。 ここ最近、ビジネスモデルの転換についていろいろと考えており、来年こそは新たなビジネスに取り組もうと計画しています。 本日ご紹介する一冊にも書かれていますが、「慢心を防ぐ秘訣は、現状に満足せず新しいことに挑戦すること」。 やはり経営者として、新しいことにチャレンジすることはとても大切なことだと考えています。 という... 【詳細を見る】

【アメリカで一番売れたtwitter入門書】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887597517 既にご存知の方も多いと思いますが、土井は現在、twitter(ツイッター)のサービスを利用して、日々の出来事をつぶやいています。 ご興味のある方は、ぜひこちらをご覧ください。 http://twitter.com/eliesbook さて、このtwitter、土井もスタッフに言われて始めたのですが、現在マーケティングにおいてもかなり重要視されています。 実際、使っ... 【詳細を見る】

【15000社が黒字体質に変わった会計とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761266538 経営者のみなさんは、自社の経理担当が上げてくる数字に対して、本当は不満を持っていませんか? 土井は、創業以来、経理担当に「いくら投下していくらのリターンがあったのか」「いますぐ使えるお金はいくらか」をリクエストしていますが、いまだに実行されていません。 なぜ経理担当は、社長が欲している会計情報を提供できないのか? それは、彼らが手掛けている会計が、じつは税務署のた... 【詳細を見る】

【あなたの会社を変える「吉越式会議」とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062156571 エリエスでは、明日、2010年に向けた戦略会議を行います。 しかしながら、しょせんはベンチャー企業。会議のノウハウなどあるはずもなく、何となく集まって話し合いをするという事態を防ぐため、本日の一冊を参考にすることにしました。 著者は、ご存知、トリンプ・インターナショナル・ジャパンの代表取締役社長を務め、19年連続増収増益を達成した吉越浩一郎氏。 本書は、1つの議題に... 【詳細を見る】

【カリスマウェルチの後継者、初の評伝】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4862760635 ビル・ゲイツの後を継いだスティーブ・バルマー、ジャック・ウェルチの後を継いだジェフ・イメルト。 偉大なるカリスマ経営者の後を継ぐというのは、想像を絶するほど難儀な作業だと思います。 本日ご紹介する一冊は、「20世紀最高の経営者」と評されたジャック・ウェルチの後継者として、売上を60%以上伸ばし、利益を倍増させた辣腕経営者、ジェフ・イメルトの初の評伝です。 文武両道の優等生... 【詳細を見る】

【大型商談成立のための営業法とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4903212149 以前、妻が保険のセールスをやっていた時、個人営業では数字を出すのに、法人営業ではなぜいつも失敗するのだろう? と疑問に思っていました。 しかしその後、『月収1万倍仕事術』の大坪勇二さんはじめ、何人かの法人営業のプロにお会いして、その理由がよくわかりました。 ※参考:『月収1万倍仕事術』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/44780... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー