【代理店マンの究極気配り術】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/447801566X 本日の一冊は、著名人や大企業クライアントの接待など、絶妙な気配りを求められる大手広告代理店にあって、ダントツの成績を誇るスーパー営業マンが、その気配り理論をまとめた一冊です。 受注100万円(雑誌1ページ)でも上々といわれるなか、一発で10億円、15億円の受注を実現する人たらしの術とは何か。 おバカなテイストの本ですが、その内容には、目を見張るものがあります。 土井はかつてサラリーマンの頃、『ユダヤ人大富豪の教え』の本田健さんと一緒... 【詳細を見る】

【大前研一の営業論とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478007268

本日の一冊は、大前研一氏と、ビジネス・ブレークスルー大学の講師陣が営業についてオムニバス形式で語った一冊。 大前研一、斎藤顕一、須藤実和、川上真史、後正武という顔ぶれで、それぞれの講師が各1章分を担当しています。 大前氏の文章にしては、精細を欠いた文章で、流れも悪いのが気になりますが、内容的には、普段営業の現場にいて気づかない視点が盛り込まれており、参考になると思います。 NCR創業者の... 【詳細を見る】

【プルデンシャル生命、伝説の営業】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4833419572

みなさんは、甲州賢(こうしゅうまさる)という人物をご存知でしょうか? 猛者ぞろいのプルデンシャル生命のなかでも、「伝説の営業」と呼ばれ、亡くなったいまも尊敬され続ける人物です。 その常識はずれのエピソードとセールス哲学は、氏が42歳で亡くなった後、プルデンシャル生命4000人に、追悼本という形で配布されたそうです。 本日ご紹介する一冊は、そんな伝説の営業、甲州賢さんの意志を伝える... 【詳細を見る】

【「本物の営業マン」がなすべき仕事とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569796214

本日の一冊は、30万部超の大ベストセラー『働く君に贈る25の言葉』の著者、佐々木常夫さんによる、注目の営業論。 ※参考:『働く君に贈る25の言葉』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4872905008 通常、営業論というのは、証券や保険、不動産、自動車、教材などの高額商品を扱う営業、それもBtoCの営業を担当する営業マンが書く... 【詳細を見る】

【営業がつらくなった時に読む本】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822230570

この5月から営業に配属されたという方から、「230件電話したのに、アポが一件も取れませんでした…」という悲しいお知らせをいただきました。 アポ取りだったら、以前ご紹介した『ムリせず、ウソをつかず、1億売れた!! 「営業トーク」』がおすすめなのですが、傷ついている状況であれば、まずは心構えから。 ※参考:『ムリせず、ウソをつかず、1億売れた!! 「営業トーク」』 http://www.a... 【詳細を見る】

【これは実力派】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4799100009

昔、雑誌「東京ウォーカー」の仕事をしていた頃、お店には4つの種類があることに気づきました。 1.美味しくて話題性もある 2.美味しいが、話題性がない 3.美味しくないが、話題性がある 4.美味しくなくて、話題性もない 4番の「美味しくなくて、話題性もない」お店は論外ですが、問題は、お客様にとってありがたい「美味しいが、話題性がない」お店 よりも、「美味しくないが、話題性のある」お店の方が現実には... 【詳細を見る】

【必読!】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797360984

「シンプル・イズ・ベスト」。 使う人、行動する人にとって当たり前の原理原則が、本の世界では嫌われることがあります。 たとえそれが普遍の真理であっても、単純すぎる主張は「ひねりがない」と言われ、嫌われてしまう。 そういう意味では、本日ご紹介する一冊も、本好きには嫌われてしまう本なのかもしれません。 しかしながら、もし読者が本気で成果を出そうと思うなら、本日の一冊は強力な助っ人となるはずです。 ... 【詳細を見る】

【一番売れた生放送の秘密?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822248267

本日の一冊は、テレビショッピングで日本一売る男、ジャパネットたかたの高田社長の売れる秘密に、記者が切り込んだ一冊。 もともとは、「日経ベンチャー(現・日経トップリーダー)」「日経ビジネスオンライン」に掲載していた記事をまとめたもので、いずれもインタビューをもとにした読みやすい文章になっています。 過去に売れたICレコーダーやカーナビ、電子辞書などの例をもとに、どんな見せ方をしたらインパクトが... 【詳細を見る】

【CoCo壱番屋の経営哲学】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532195624

本日の一冊は、日本最大のカレー専門店チェーン、「CoCo壱番屋」を手掛ける壱番屋の創業者、宗次徳ニさんが、その経営哲学をまとめた一冊。 もともと1995年に出ていた『繁盛させたければお客様の声を聞け!』を文庫化にあたって改題・加筆修正したもので、話の中心は、お店が「お客様の声をどう活かすか」という一点にフォーカスしています。 わずか40平米、座席数20の二番立地店からスタートした、カレーハウ... 【詳細を見る】

【セミナー講師、成功の掟】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4495590715

本日の一冊は、コンサルタントとして独立後、年間150日ものセミナーをこなす人気講師となった著者が、セミナー講師になる方法、およびセミナー講師のためのマーケティング戦略を述べた一冊。 意外だったのは、著者が自主開催セミナーではなく、「よばれる講師」になる戦略を重視している点です。 確かに、自分で集客できて、かつ新しいコンテンツを作り続けられる人でない限りは、同じネタでも違う人に話せる「およばれ」... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー