【デキる人のキャリア戦略論】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4046041897 どんなに一生懸命働いても、会社が潰れたり、会社に切られたりしたら一巻の終わり…。そんな状態では、心の安定も自由も享受することはできません。 デキるビジネスパーソンは、「いつでも転職できる」状態、あるいは「いつでも起業できる状態」を保っているから、会社で大胆に振る舞え、結果的に成果を上げるのです。 高い給料は、その結果もたらされるものと言っていいでしょう。 本日ご紹介する一冊は、そんなビ... 【詳細を見る】

【リファラル採用の時代】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4046041161 これから先、企業が潰れるとしたら、業績不振よりも後継者不在か人材難がその理由でしょう。 人手不足の時代、辞めない人材を雇うにはどうすればいいか? その答えのひとつが、おそらくリファラル採用でしょう。 リファラル採用というのは、「社員の紹介・推薦による採用活動」のこと。かつて「縁故採用」と呼んでいたものの新しい言い方です。 本書によると、2012年時点でアメリカの採用経路はリファラル採... 【詳細を見る】

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4093886458/a> 先日、教育関係者の前で講演をした際、鈴木博毅さんの『「超」入門 失敗の本質』の有名な言葉、「戦略とは追いかける指標のことである」を引用しながら、「今、東大合格は正しい指標なのか」という問いかけをしました。 ※参考:『「超」入門 失敗の本質』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478016879/ もちろん、東大に行けば優秀な教授や生徒に出会えます。素晴らしい学問... 【詳細を見る】

【共働き時代のお金のバイブル?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4833422948 20代の頃、感銘を受けた本に、『かしこいカップルが最後に笑う』『女とオトコの経済学』というのがありました。(『かしこいカップルが最後に笑う』は今でも入手できるようです) ※参考:『かしこいカップルが最後に笑う』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798101591/ ※参考:『女とオトコの経済学』 http://www.amazon.... 【詳細を見る】

【TEDで絶賛。飽きっぽい人のためのキャリア論】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569841090 今日、アテネから日本に戻ってきました。 成田行きの便は、いつもは日本人だらけの印象なのですが、ギリギリの到着で真ん中となってしまった土井の座席は、右がイギリス人の女子大生、左がエジプト人の男性という、じつにグローバルな設定(笑)。 二人とも優秀な方だったので、すっかり仲良くなり、疲れを忘れて話し込んでしまいました。 右に座ったイギリス人の女性は、エジンバラ大学の学生... 【詳細を見る】

【シェリル・サンドバーグ絶賛の斬新な人事論】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334962211 本日ご紹介する一冊は、フェイスブックCOO、シェリル・サンドバーグが「シリコンバレー史上、最も重要な文書」と絶賛し、1500万回以上閲覧されたという「NETFLIX CULTURE DECK」を元に、同社の元最高人事責任者がまとめた一冊。 日本語版のタイトルは、『NETFLIXの最強人事戦略』となっていますが、原題は『Powerful: Building a Culture of ... 【詳細を見る】

【いますぐ読もう。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4413045386 先月の誕生日で、44歳になりました。 人生なんてあっという間ですね。 40歳になってから、なるべく「遊ぶ」ことを意識していますが、それは45歳が一つの節目になりそうだから。 とはいえ、まだ定年後を考えるほどの歳ではないので、「定年後」とダイレクトに名前のつくものはそこまで読んでいませんでした。 が、本日の一冊を読んで、それが間違いであることに気づきました。 『定年前後の「やってはいけな... 【詳細を見る】

【これはすごい。働き方の定式化。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4820731505 最近、土井の周りで、自由になりたいとフリーランスになる人が増えています。 「人生100年時代」には、一生同じ会社に勤めることが困難なので、そのようになるのでしょうが、経験上、今は会社勤めをしていても、自由になることはできます。 そのための方法論を説いたのが、本日ご紹介する『組織にいながら、自由に働く。』です。 著者の仲山進也さんは、メディアで「自由すぎるサラリーマン」として紹介さ... 【詳細を見る】

【人工知能に人間が勝つ具体的ポイント】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492762396 本日ご紹介する一冊は、2011年より人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトディレクタを務める新井紀子さんによる話題の書。 本書では、今話題のAIがどこまで何ができるのかの詳細、そしてよく言われる「AIにできないこと」を人間が本当にできるのか、の議論がなされています。 衝撃的なのは、人工知能が既に「MARCH」合格レベルに達していること、さらに対する日本の中学生... 【詳細を見る】

【落合陽一×堀江貴文】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797394579 本日ご紹介する一冊は、既に話題となっている落合陽一氏、堀江貴文氏コラボによる『10年後の仕事図鑑』。 これからの社会・経済の変化、そしてAIによって「消える職業」「生まれる職業」など含め、50近くの職業の未来を予言しています。 正直、図鑑になり切れていない部分がありますし、内容もこれまでに述べられていることとかなり重複しますが、ビジネスやキャリアの良いヒントとなるのは間違いありません。 堀江... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー