【名広告コピーを一気読み】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4909044094 本日ご紹介する一冊は、日本の名広告コピーを、365日分集めた、興味深い読み物。 コピーをセレクトしたのは、食品会社の営業、広告会社のコピーライター、出版社を経て、フリーの企画者として活動する森山晋平さんです。 この手の本は、過去にもたくさん出ていますが、本書はテレビCMに偏ることなく、ポスターなどのマイナーな広告コピーにも言及しているのがポイントです。 1月20日の「王様のブランチ」で紹... 【詳細を見る】

【「恥ずかしい」検索履歴からわかることとは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334962165 アマゾン在籍時代、膨大な購買データを眺めて、分析するのが大好きでした。 人は平気で嘘をつきますが、行動は嘘をつかない。なかでも購買データは、お金が絡むため、かなり信憑性がある。購買データから見える、人間の真実に好奇心を刺激されたのです。 本日ご紹介する一冊は、そんな土井がぜひオススメしたいビッグデータ本。 米大統領選をことごとく当てたネイト・シルバーの『シグナル&ノイ... 【詳細を見る】

【商売で大事なことをおさらいしましょう】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894517914 本日の一冊は、1位づくり戦略コンサルタントの佐藤元相さんが書き、竹田陽一先生が監修した、中小零細企業のための経営マニュアル。 商売は、やり続けていると、ついつい作り手目線、売り手目線の経営になりがちですが、本書は読者を顧客志向に引き戻すための、自己啓発書寄りの経営マニュアル書です。 できる店というのは、細かなところまで行き届いているものですが、本書はそういうお店になるために、良い... 【詳細を見る】

【熱狂的ファンをつくる『遠ざけの法則』とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4833422638 独立起業する時、決めていたことがあります。 それは、「お客を選べる会社になる」ということ。 偉そうな言い方になるかもしれませんが、違います。昔、セガのゲーセンで働いていた時の苦い経験から、お客を選べない店は早晩ダメになる、と身にしみてわかっていたからです。 土井がいた郡山のセガワールドは、地元暴力団の息子やヤンキーが集まる店でした。彼らがいるおかげで、善良なお客様が入りに... 【詳細を見る】

【これは使える。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534055579 本日ご紹介する一冊は、フリーランスで働くと決めた人のための、稼ぎ方・働き方マニュアル。 自分の得意分野の作り方から、仕事の取り方、お金・時間の使い方、単価の上げ方、仕事のポートフォリオの作り方、事務処理の簡素化まで、最新の情報を盛り込んだ決定版です。 著者は、Webマーケティングを専門とするフリーランスで、最近はずっと年収1000万超を確保している、山田竜也氏です。 独立しようと考える人は、いつ... 【詳細を見る】

【これからの売り方】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532321964 本日ご紹介する一冊は、ベストセラー『安売りするな!「価値」を売れ!」の著者であり、「エクスペイエンス・マーケティング」を提唱する藤村正宏さんによる一冊。 情報過多時代の消費の鍵を握る「Family(家族)」「Friend(友達)」「Follower」、「3つのF」が本書の内容の中心です。 なぜこの3つが中心になるかというと、情報が個人の処理能力を超えて増えており、人々が信用できるところからのみ買うよ... 【詳細を見る】

【井深大の遺言】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4779123224 本日ご紹介する一冊は、ソニーの女性修士エンジニア第一号として、CCDイメージセンサ、CCDカメラの開発・設計に従事し、デジ カメの電子シャッター特許で全国発明表彰を受賞、社内特許表彰の最高位「特級表彰」も受賞したという、元ソニーの「女性エジソン」による一冊。 ビジネス書の専門でない出版社から出ているためか、あまり露出していない本ですが、アマゾンのレビューを見ると、みなさん大絶賛。 おそらくそれは、本書... 【詳細を見る】

【買わせる「社会記号」とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087210111/a> 本日ご紹介する一冊は、博報堂ケトル共同CEOの嶋浩一郎さんと、一橋大学教授でマーケティング、消費者行動論、文化社会学などを専門とする松井剛さんによる共著。 言葉がわれわれの欲望を変え、現実を変えていくという真実を、それぞれ実務家の視点と専門家の視点から明らかにして行く、知的好奇心を刺激する一冊です。 本書の冒頭で、嶋浩一郎氏は、読者にこう尋ねます。 <突然ですが、質問です。あな... 【詳細を見る】

【当然「買い」です。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4414304245/a> 休み明けは、この一冊と決めていました。 以前、J-WAVEに出演した時、「これまでに読んだ最強の一冊は?」と聞かれ、堂々とご紹介した社会心理学の名著『影響力の武器』のロバート・チャルディーニによる、33年ぶりの単独書き下ろしです。 ※参考:『影響力の武器』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4414304229/ 今回のテーマ、「PRE... 【詳細を見る】

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797395079 マーケティング本が下火になって久しいですが、それは、ハッタリで売るのが難しい世の中になったから。 あくまで商品は誠実に、でも売り方を工夫するならまだまだマーケティングにできることはあります。 本日ご紹介する一冊は、「モノを変えずに売る方法」を、コピーライターで、ストーリーブランディングの第一人者、川上徹也さんがまとめた一冊。 目次にもなっている7つのポイントは、これだけでも価値があり、売るためのヒントが浮かんでき... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー