【自分で考えて動ける人になるために】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4815607605

本日ご紹介する一冊は、120万部を超えるベストセラーとなり、映画化もされた、『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の著者、坪田信貴さんによる子育て本。 ※参考:『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048650955/ 子育ての本では... 【詳細を見る】

【侍ジャパンU-12監督が語る教え方の極意】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569849504

本日ご紹介する一冊は、夏の甲子園に3年連続出場し、読売ジャイアンツを経て、侍ジャパンU-12監督を務めた、仁志敏久さんによる一冊。 プレイヤーとしては、プロ1年目に新人王、その後ゴールデングラブ賞を4回、日本シリーズ優秀選手賞を受賞した著者ですが、指導者としても、優秀な成績を収めています。(侍ジャパンU-12監督として、「第5回WBSC U-12ワールドカップ」過去最高の準優勝) ... 【詳細を見る】

【「識学」ベースのマネジメント論】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478110514

本日ご紹介する一冊は、いま勢いのある「識学」をベースに、リーダーシップとマネジメントを説いた、注目のベストセラー。 著者の安藤広大氏は、NTTドコモ、ジェイコムの取締役営業副本部長を経て、「識学」を広めるべく株式会社識学を設立、マザーズ上場まで導いた人物です。 最近は、ミドルリーダー層が部下のモチベーション管理や上からの数字管理、ティール、ホラクラシー組織などのトレンドに疲弊しているそ... 【詳細を見る】

【竹内謙礼さんによる、痛快お仕事小説】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041111633

本日ご紹介する一冊は、ECを得意とする経営コンサルタントでありながら、ビジネス小説もベストセラーとなっている竹内謙礼さんによる新刊。 著者が公認会計士と共著で書いたビジネス小説『会計天国』は、会計入門書のベストセラーとなりました。 ※参考:『会計天国』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569760678/ 今回、著者がテー... 【詳細を見る】

【あの600万部ベストセラー待望のアップデート版】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152100095

みなさんは、2000年に出され、世界的ベストセラーとなった、シアトル、パイク・プレイス魚市場の物語『フィッシュ!』をご存知でしょうか? かつては問題のあったパイク・プレイスが、どうやって魚が飛び交い、掛け声で賑わう、活気あふれる職場の見本となったのか、その秘密を書いた、当時の大ベストセラーです。 本日ご紹介する一冊は、世界累計600万部を超えているこの大ベストセラー、『... 【詳細を見る】

【これは必読。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/459116800X 本日ご紹介する一冊は、不人気球団と言われた千葉ロッテマリーンズを、「球団創立以来最多観客数」「創業以来初の単体黒字」に導いた、山室晋也前社長による、注目の経営書。 マリーンズ再生にあたり、どんな指標に着目したのか、何を改善したのか、どうやって社員のモチベーションを上げたのか、詳細が書かれた、良質な経営書です。 球団経営と言うと、つい「弱いから儲からない」と思ってしまいがちですが、現実はちょっと違う。 オビに「弱いのになぜ黒字?」と書かれている... 【詳細を見る】

【ミリオンセラー8冊の出版ノウハウ】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763138405

本日ご紹介する一冊は、25年間でミリオンセラーを8冊実現したカリスマ編集者&経営者、サンマーク出版・植木宣隆社長によるベストセラー考。 先日も、アスコムの柿内尚文さんが書いた『パン屋ではおにぎりを売れ』を紹介ばかりですが、これも必読の一冊です。 ※参考:『パン屋ではおにぎりを売れ』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/476127499... 【詳細を見る】

【故・一倉定氏による名著が復刊!】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4296106775

本日ご紹介する一冊は、1万社近くの企業に指導したと言われる伝説の経営コンサルタント、一倉定氏による名著の復刊。 「郵便ポストが赤いのも電信柱が高いのも社長の責任」という強烈なひと言で知られる方ですが、本書はそのマネジメント論です。 著者は、「序にかえて」で、こう書いています。 <これは挑戦の書であり、反逆の書である。ドロドロによごれた現実のなかで、汗と油とドロにまみれながら、真実... 【詳細を見る】

【1on1がもっと生産的になる画期的方法】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4820727877

リモートワーク推進の影響で、企業のマネジメントにも変化が求められています。 自宅ワークではこれまでのような「強制力」や「管理」はうまく機能しませんから、いかに部下の自主性ややる気を引き出すかがポイントになってきます。 そこで活用したいのが1on1ミーティング。 しかし一時期ブームになったこの1on1も、やり方がうまくわからないということで、戸惑う管理職も多いのだとか。 ... 【詳細を見る】

【名経営者の思考をインストール】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4891014407

本日ご紹介する一冊は、日本初のコンビニエンスストア「セブン-イレブン・ジャパン」の創設者であり、セブン&アイ・ホールディングス名誉顧問の鈴木敏文氏による言行録。 豪華3巻セットの箱装で、お値段はなんと1万3500円もします(税別)。 1巻あたり4500円の計算で、決して安くはありませんが、その価値は十分にあります。 経営者、マーケターが本書を読んで実践するなら、1万3500円はあっ... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー