【リーダーのための「軸」の作り方】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492558039

本日ご紹介する一冊は、2019年末まで外資系コンサルティング会社、カーニー日本代表を務め、2020年末までグローバルの取締役会メンバー、2021年初めからは、ラッセル・レイノルズ日本代表として活躍中の岸田雅裕さんによる一冊。 本書がテーマとする「インテグリティ」は、「高潔さ、誠実さ、真摯であること」といった意味ですが、リーダーとしてぶれない一貫性、軸といった意味も含まれます。 リーダー... 【詳細を見る】

【伊藤羊一氏、これからのマネジメントを語る】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041107725

本日ご紹介する一冊は、50万部突破のベストセラー『1分で話せ』の伊藤羊一氏が、リーダーシップ、マネジメントについて熱く語った一冊。 ※参考:『1分で話せ』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797395230/ 著者は、Yahoo!アカデミア学長、Zアカデミア学長、武蔵野大学アントレプレナーシップ学部学部長などの要職を歴任し... 【詳細を見る】

【侍ジャパンU-12監督が語る教え方の極意】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569849504

本日ご紹介する一冊は、夏の甲子園に3年連続出場し、読売ジャイアンツを経て、侍ジャパンU-12監督を務めた、仁志敏久さんによる一冊。 プレイヤーとしては、プロ1年目に新人王、その後ゴールデングラブ賞を4回、日本シリーズ優秀選手賞を受賞した著者ですが、指導者としても、優秀な成績を収めています。(侍ジャパンU-12監督として、「第5回WBSC U-12ワールドカップ」過去最高の準優勝) ... 【詳細を見る】

【注目の一冊。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763138804

本日ご紹介する一冊は、リーダーの決断力と実行力が学べる、注目のビジネス小説。 『もしも徳川家康が総理大臣になったら』というタイトルからもわかるように、完全フィクションですが、これがなかなかに面白い。 コロナ禍の日本に、世界初のAIと最新ホログラム技術で復活した「徳川内閣」が日本を救うというストーリーで、内閣総理大臣に徳川家康、官房長官に坂本龍馬、経済産業大臣に織田信長、財務大臣に豊臣秀吉、財務副大臣に石... 【詳細を見る】

【ハーバード・ビジネススクールの必読書】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/486667279X 本日ご紹介する一冊は、ハーバード大学教授のジョセフ・S・ナイ・ジュニア、テキサス大学教授のアート・アークマン、ケロッグ経営大学院のエイミー・カディなど、名だたる心理学のエキスパートが推薦する、リーダーのための心理術。 人前でスピーチする人や、YouTube、Clubhouseで話す人、就職活動で面接を受ける人など、すべての人に役立つノウハウが、コンパクトにまとめられています。 もともと、著者らの研究は、こんな素朴な疑問から始... 【詳細を見る】

【「識学」ベースのマネジメント論】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478110514

本日ご紹介する一冊は、いま勢いのある「識学」をベースに、リーダーシップとマネジメントを説いた、注目のベストセラー。 著者の安藤広大氏は、NTTドコモ、ジェイコムの取締役営業副本部長を経て、「識学」を広めるべく株式会社識学を設立、マザーズ上場まで導いた人物です。 最近は、ミドルリーダー層が部下のモチベーション管理や上からの数字管理、ティール、ホラクラシー組織などのトレンドに疲弊しているそ... 【詳細を見る】

【これは必読。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/459116800X 本日ご紹介する一冊は、不人気球団と言われた千葉ロッテマリーンズを、「球団創立以来最多観客数」「創業以来初の単体黒字」に導いた、山室晋也前社長による、注目の経営書。 マリーンズ再生にあたり、どんな指標に着目したのか、何を改善したのか、どうやって社員のモチベーションを上げたのか、詳細が書かれた、良質な経営書です。 球団経営と言うと、つい「弱いから儲からない」と思ってしまいがちですが、現実はちょっと違う。 オビに「弱いのになぜ黒字?」と書かれている... 【詳細を見る】

【森岡節、炸裂。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/429610800X 本日ご紹介する一冊は、USJの奇跡のV字回復を成し遂げ、一躍有名になった戦略家・マーケター、森岡毅さんによる注目の新刊。 著者は、USJ引退後、自身の会社「株式会社刀」を立ち上げ、既に「丸亀製麺」や「ネスタリゾート神戸」「西武園ゆうえんち」「横浜IRプロジェクト」などと協業(うち、ネスタリゾート神戸はわずか1年でV字回復)。社員を53名に増やし、2020年春には、大和証券グループ本社から140億円のマイナー出資を受けるに至っています。 本書では、... 【詳細を見る】

【新総理のリーダーシップ論】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4166612875

本日ご紹介する一冊は、菅義偉(すがよしひで)新総理のリーダーシップを、2012年刊行の書籍『政治家の覚悟 官僚を動かせ』の第一章、第二章、さらに雑誌『文藝春秋』での官房長官時代のインタビューから明らかにしたもの。 「はじめに」と「おわりに」以外は、昔の記事がベースになっており、プロパガンダも多いですが、これからの日本の政治の方向性、ビジネスへの影響、新総理のリーダーシップを学ぶには、十分役に立つ内... 【詳細を見る】

【マーク・ベニオフ、求心力の秘密】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492534288

本日ご紹介する一冊は、セールスフォース・ドットコムの創設者、会長兼CEOのマーク・ベニオフが、企業哲学の重要性と企業にできる社会変革について述べた一冊。 タイトルの『トレイルブレイザー』は、「開拓者」の意味だそうです。 どうしたら儲かるか、売上を伸ばせるかといった話ではなく、企業が新しいバリューに挑む時に大切な推進力とその源となる信頼をどう築き上げるか、そのためにCEOに何が求められる... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー

    2021年8月
    « 7月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031