【セミナーズ代表による経営論】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4910017208

本日ご紹介する一冊は、日本最大級のビジネスセミナー情報サイト「セミナーズ」を運営するラーニングエッジの代表取締役社長、清水康一朗氏による経営論。 日立、日産自動車、日本テレビ、日本水産、日本ビクターなど、1万社以上の創業発展に貢献した伝説の経営者、鮎川義介氏に私淑する著者が、その経営のエッセンスを学び、現代の経営論としてまとめた一冊です。 著者いわく、<いま求められるのは「理念」と「経済合... 【詳細を見る】

【テクノロジーで変わる値づけの新しい世界】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478112932

以前、サンフランシスコの有名ホテルに泊まったところ、1泊2万円程度で泊まれたのですが、それを現地の知り合いに話すと、「え? そんなに安く泊まれたの? あそこ、高い時には1泊10万円はするホテルだよ」と言われ、驚きました。 どうやらそのホテルは、サンフランシスコでIT系のカンファレンスが行われると1泊10万円。土井が訪れた時は、ハロウィンか何かで、基本アメリカ人は泊まらない期間だっ... 【詳細を見る】

【起業家、CFO必読の財務本】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4296000543

本日ご紹介する一冊は、日本電産の創業者で、同社を連結売上高1兆8000億円の大企業に成長させた、永守重信氏による財務論。 経営者が数字を理解する必要性について、著者は序章でこう書いています。 <キャッシュが尽きるから企業はつぶれる。極端に言えば、どんなに多額の赤字を出していたとしても、キャッシュに余裕があるなら絶対つぶれない。だからこそ、バランスシートの資産サイドには現預金がいくらある... 【詳細を見る】

【激セマ焼肉店、勝利の戦略】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478109079

本日ご紹介する一冊は、わずか2.2坪の激セマ焼肉店「六花界」を超人気店にした、森田隼人氏による、ビジネス書。 こう書くと、「ああ、狭い店舗でも繁盛してますって感じの本ね」と思われるかもしれませんが、この六花界グループは違います。 著者は、その後も劇場型肉割烹「初花一家」、1日1蔵、女性幹事限定の東京酒蔵体験「吟花」、酒屋とお客をつなぐ日本酒ショールーム「五色桜」、グループ全ての店に通ったこと... 【詳細を見る】

【世界の優良企業が実践する経営理論とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798171212

本日ご紹介する一冊は、ニューノーマル時代の経営の背骨となり得る経営理論を、経営コンサルタントがまとめた一冊。 著者の森泰一郎さんは、東京大学大学院経済学研究科経営専攻を卒業後、大学院にて経営戦略を研究。経営コンサルティングファームを経て、IT企業の経営企画マネージャーとして業界・DX変革のための経営戦略策定をリードした人物で、その後、IT企業の取締役COO/CSOとして経営戦略、DX... 【詳細を見る】

【DXの実践が学べるビジネス小説】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532324327

本日ご紹介する一冊は、DX(デジタルトランスフォーメーション)の実践が学べる、異色のビジネス小説。 著者は、株式会社Kaizen Platform代表取締役の須藤憲司さんです。 日米2拠点で事業を展開し、2020年にマザーズ上場。日々、企業のDX支援、コンサルティングに奔走する著者が、その経験を踏まえて書いた、興味深い内容です。 「おわりに」で著者が述べているように、<すべてのD... 【詳細を見る】

【危機に強い会社を作る考え方】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761275731

本日ご紹介する一冊は、会計事務所、経営コンサルティング会社を経て、1997年に20代でビジネスバンク社を起業、シェアオフィスビジネスのパイオニアとして成功を収めた著者が、中小企業のための『「守り」の経営』を述べた一冊。 5年に1度起こる、大ショックに備え、危機にあっても潰れない会社を作るために、社長がやっておくべき財務、マーケティング、営業、事業創出のヒントが述べられており、中小企業経営者は必読... 【詳細を見る】

【感動の名著。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4296000322

まさか、ジム・コリンズの本で泣く日が 来るとは思いませんでした。 本日ご紹介する一冊は、経営論の名著として、世界で1000万部を突破した『ビジョナリー・カンパニー』シリーズの著者、ジム・コリンズと、彼の師であるビル・ラジアーの共著であり、未邦訳だった『Beyond Entrepreneurship』を、『ビジョナリー・カンパニー』シリーズとして編み直した一冊。 約半分を新たに書き下ろしたということ... 【詳細を見る】

【今後、儲かるビジネスは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4799327437

本日ご紹介する一冊は、博報堂出身のマーケティングアナリスト原田曜平さんと、海外リサーチ、マーケティングのプロフェッショナル、小祝誉士夫さんの共著。 コロナ禍で流行しているビジネス、コロナを機に流行りそうなビジネス、コロナ後定着しそうなビジネストレンドを紹介したもので、マーケター必読の一冊です。 世界15カ国の先進事例を紹介しており、なかにはそのまま日本に持ち込んで成功しそうなものも散見されま... 【詳細を見る】

【GAFAが狙うボイステック市場とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532324076

本日ご紹介する一冊は、GAFAを始め、世界の名立たる大企業が狙うネクストマーケット、「ボイステック市場」に関するレポート。 著者は、音声プラットフォームVoicyを開発運営する株式会社Voicyの創業者、緒方憲太郎さんです。 2021年1月末に大ブームとなったClubhouseの影響で、にわかに注目されているボイステック市場ですが、本書ではその可能性と現状各社が展開しているサービ... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー

    2022年1月
    « 12月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31