【掘り出し物です。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822255255

ミラノ工科大学教授で、リーダーシップ論、イノベーション論を専門とするロベルト・ベルガンティ氏による名著です。 『突破するデザイン』とは、わかったようでわからないタイトルですが、本書が投げかけてくるメッセージは、これからの商品開発・マーケティングにおいて重要な示唆を含んでいます。 流行の「デザイン思考」ではなく、「意味のイノベーション」。 そしてそれがなぜ、今求められているのか、その理由が腑に落... 【詳細を見る】

【真実のマーケティング】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4023316490

アマゾンで書籍のマーケティングをしていた時に感じたことは、マーケティングで大事なことは「事実」であるということ。 データを見れば明らかなことがわからないために、多くの企業が間違ったマーケティング施策を打っているということです。 本日ご紹介する一冊は、P&G、コカ・コーラ、クラフト、ケロッグ、英国航空、ニールセン、TNS、ターナー・ブロードキャスティングなどを顧客に持つアレンバーグ・バス研究所のマ... 【詳細を見る】

【感動しました。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/478550532X   総合スーパーがネットとの戦いで苦しむなか、じつは一部の食品スーパーは堅調な売上をキープしています。 本日ご紹介する一冊は、そのなかでも「奇跡」と言われる経営を実現している、群馬県高崎市のスーパー、「まるおか」をフィーチャーしたビジネス書。 同社社長の丸岡守さんと、食に詳しいフリーライターの小高朋子さんにより、じつに読み応えある内容に仕上がっています。 顧客に広く行き渡らせるのではなく、限られたこだわりの商品を売り切る手法は、かつて靴ブランド... 【詳細を見る】

【宇宙ビジネスの今と未来】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478068100

本日ご紹介する一冊は、清水建設の宇宙開発室で企画・調査・広報を担当し、その後、宇宙専門の大学院大学「国際宇宙大学」の事務局スタッフ、JAXA勤務を経て宇宙ビジネスコンサルタントとして活動する著者が、今注目の宇宙ビジネスを紹介した一冊。 著者によると、この宇宙ビジネス市場は現在、着実に伸びており、2005年に17兆円だった「スペース・エコノミー」は、2016年には33兆円にまで拡大しているそうです。 ... 【詳細を見る】

【元USJ森岡毅氏、独立後初の著書】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822257959

ビジネス書の世界には、滅多に書かないけれど、書いたら絶対に話題になる著者というのがいます。 海外だと、ジェームズ・C・コリンズ、そして日本だとこの森岡毅さんじゃないでしょうか。 ご存じない方のためにご紹介しておくと、森岡毅さんは、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)を奇跡のV字回復に導いた天才マーケター。 実務ができるだけでなく、しゃべらせても書かせても滅茶苦茶面白い、稀... 【詳細を見る】

【現代の孤独とコミュニティビジネス】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344032918/a>

本日ご紹介する一冊は、『君たちはどう生きるか』『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』を仕掛けたメガヒット編集者、佐渡島庸平さんによるコミュニティビジネス論。 「自由」を追求した結果、われわれの社会は「孤独」の問題に直面したわけですが、そこでキーワードになるのが「コミュニティ」です。 本書では、このコミュニティの作り方、発展・維持させる方法について、著者が独自の見解を示しています。 「... 【詳細を見る】

【これは必読】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062915189

本日ご紹介する一冊は、中小企業の事業再生・事業承継を専門とする著者が、サラリーマンに「個人M&A」を勧める一冊。 個人M&Aというのは、要するに事業承継が困難になった中小企業を、サラリーマンが買ってしまえというお話。 「そんな会社、ダメな会社じゃないの?」と思うかもしれませんが、いやいや、あるんです。買うだけで美味しい会社が。 本書でも述べられていますが、確実に需要があって売上が立っている会社を上手... 【詳細を見る】

【日経MJの人気連載が書籍化】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532322006

本日ご紹介する一冊は、経営コンサルタントでベストセラー作家、竹内謙礼さんの「日経MJ」の人気連載をまとめた一冊。 これまで200社以上の「売れる秘訣」を取材したという著者の集大成とも言える内容で、それぞれの企業、商品、お店の成功事例、成功のポイントが紹介されています。 ・女性客が4割になった理髪店のコラボイベント ・日曜日休みなのに売上好調の地場スーパー ・「土用の丑の日」に豚ばら肉を... 【詳細を見る】

【無印良品が考える、「新しい買い物」とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041045819

本日ご紹介する一冊は、株式会社良品計画代表取締役会長の金井政明氏と、WEB事業部部長の川名常海氏、無印良品のスマートフォンアプリ「MUJI passport」を手掛けたユニット・ワン代表の勝部健太郎氏による対談。 「新しい買い物」をテーマに、無印良品がなぜ売れるのか、現代の消費者は一体何を求めて買い物をするのか、興味深い示唆が得られる内容です。 本書によると、日本においてモノ... 【詳細を見る】

【入門書なのに、深い。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4413230752

本日ご紹介する一冊は、シリーズ累計14万部突破のベストセラー、『ドリルを売るなら穴を売れ!』著者、佐藤義典さんによる、マーケティング入門書。 ※参考:『ドリルを売るなら穴を売れ!』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4413036239/ 入門書と言いながら、マーケティングの本質をとらえた深い内容で、不覚にも多くの気づきをいただきました。 ... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー