http://tinyurl.com/5wpkj 本日の一冊は、天才プランナーやコピーライターの力を借りずに、売り上げが伸ばせる、販売促進のヒントについて述べた一冊です。 「キキダス」という言葉は、「訊き出す」「効き出す」「危機脱す」の3つをかけた言葉で、決してありがちな「グループインタビュー」のことではありません。 本書ではむしろ「グループインタビュー」や「マーケティングリサーチ」の有効性を否定しており、それよりも一人の人の意見や気持ちをありのままにとらえ、深く掘り下げていくことを重視しています。 基本的に店舗をベースとした事例が多いのですが、ネット販売でも参考になる具体的な事例がい... 【詳細を見る】

http://tinyurl.com/6qx23 本日の一冊は、約2万5千人のマネジャーへのアンケートをもとにまとめられた、「部下が仕事をしない16の理由」そしてその理由を排除するためのマネジメント・テクニック集です。 著者は、コロンビア大学大学院の客員教授として、また経営コンサルタントとして活躍中のF・フォーニーズ。 著者のネームバリューはともかく、計20年にわたる研究成果を知る、という意味では貴重な一冊です。 具体的にどんな内容なのか、さっそく見て行きましょう。 -------------------------- ■ 本日の赤ペンチェック  -------------------... 【詳細を見る】

http://tinyurl.com/6qqpz 本日の一冊は、『架空取引』などの経済小説で知られる高任和夫さんが、ヤマト福祉財団理事長の小倉昌男さんや、日本文学者のドナルド・キーンさん、音楽家の小椋佳さん、漫画家の水木しげるさんといった、計28名の「達人」にインタビューし、その仕事哲学を探ったインタビュー集です。 ※参考:『架空取引』 http://tinyurl.com/4czs7 登場する「達人」たちがかなり豪華な面々なので、思わず手にとってしまいました。 いったいどんな教えが書かれているのか。さっそくチェックしてみましょう。 --------------------------... 【詳細を見る】

http://tinyurl.com/6m7oa 本日の一冊は、元ニューヨーク市警のNo.1ネゴシエーター、ドミニク・J・ミシーノによる、交渉術の本です。 ニューヨーク市警在籍中に、人質の解放や自殺志願者説得、ハイジャック事件の解決など、さまざまな交渉に携わり、華々しい成功を収めた著者ですが、現在はフォーチュン500企業の「交渉コンサルタント」として、セミナー活動などを行っているようです。 本書では、その著者が、ニューヨーク市警在籍中のスリリングなエピソードを交えつつ、交渉の鉄則について語ってくれます。 著者が現場で培った交渉術が、ビジネスでも役立つのかどうか。さっそく内容のポイントを... 【詳細を見る】

http://tinyurl.com/3uwfl 本日の一冊は、マーケティングに携わる人なら、とりあえず買わなくてはいけない(笑)、フィリップ・コトラー教授の新刊です。 タイトルにある「10の大罪」とは、現在、マーケティングが直面しているさまざまな問題を引き起こしている要因のこと。 この10の要因をそれぞれ深く掘り下げ、解決策を示しているのが、本書、『マーケティング10の大罪』です。 具体的にどんな要因が挙げられているのか、さっそく見て行きましょう。 ---------------------------------------- ■ 本日の赤ペンチェック  -------------... 【詳細を見る】

http://tinyurl.com/3nyr3 本日の一冊は、ベストセラー『経営は「実行」』のラリー・ボシディ、ラム・チャランによる、注目の最新刊です。 参考:『経営は「実行」』 http://tinyurl.com/6bjf6 ボシディは、かつてGEでジャック・ウェルチの右腕を務め、その後、アライド・シグナルとハネウエルの歴史的合併を成し遂げた、伝説の経営者。ラム・チャランは、ハーバード・ビジネススクールの元教授です。 実務家と学者の共著により、前著同様、理論と実践のバランスが取れた一冊に仕上がっています。 そして今回のメッセージは、タイトルにもある「現実をつかまえろ!」。 現... 【詳細を見る】

http://tinyurl.com/4o7k2 本日の一冊は、『一瞬でキャッシュを生む!価格戦略プロジェクト』の著者、主藤孝司と、一万人以上の起業家を擁する起業家大学が、ビジネスを加速するためのテクニックをまとめた注目の最新刊です。 ※参考:『一瞬でキャッシュを生む!価格戦略プロジェクト』 http://tinyurl.com/599fo 図解形式のムックのため、要点がズバリわかるようにまとめられています。 成功者たちが実際に使っているというテクニックや考え方のなかから、気になったものをいくつかピックアップしてみましょう。 -------------------------- ■ 本... 【詳細を見る】

http://tinyurl.com/3m76j 本日の一冊は、メルマガ、ブログに続く潮流と見られている、「ソーシャル・ネットワーキング」の初の本格解説書です。 300ページを超える厚さですが、図やイラストを多用しているため、見た目ほどボリュームはなく、極めて読みやすい内容です。 この本、じつは読んでみたところ、意外に「当たり」です。装丁やタイトルから、最初は単に現在のソーシャル・ネットワークサービスを解説した本だと思っていたのですが、じつはネットワーク理論の基本からネットでの社交場で働く心理学などについても触れられており、読み物としても楽しめます。 特に、有名な「六次の隔たり論」や「... 【詳細を見る】

http://tinyurl.com/3mbky 本日の一冊は、ホームページによる集客の「仕掛け人」が書いた、集客のノウハウ本です。 竹田陽一さんの監修ということで、解説も入っています。 内容的には、集客全般に関することが半分、ホームページの改善に関することが半分、といったところです。 集客の考え方やノウハウなどの内容もためになりますが、成功・失敗の事例が別枠で詳しく解説されている点が参考になります。 具体的にどんな内容か、さっそくポイントを見て行きましょう。 ----------------------------------------- ■ 本日の赤ペンチェック ※本文より抜粋... 【詳細を見る】

http://tinyurl.com/5hkey 本日の一冊は、『もっと儲かりまっせ。』の著者、栗本唯さんによる注目の新刊です。 ※参考:『もっと儲かりまっせ。』 http://tinyurl.com/46s3g 今回は営業に関する本で、オビに「さらば!『根性営業』」と書かれている通り、合理的に数字を上げる実践ノウハウについて書かれています。 もともと著者は、法人向けの販路開拓で実績を上げた人物ですので、その営業本となると、がぜん期待が高まります。 具体的にどんなノウハウが書かれているのか、要点をピックアップしてみましょう。 -----------------------------... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー

    2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829