http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334033067/ 本日の一冊は、株式投資が大好きな、出版社R社の編集者Tさんに おすすめいただいた一冊です。 『金融工学の悪魔』で知られる金融の専門家、吉本佳生さんによる、大好評の新書で、なぜか土井は読んだことがありませんでした。 ※参考:『金融工学の悪魔』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4535551871/ タイトル通り、金融広告のからくりを読み解くというのがねらいで、実物こそ掲載できないものの、かなり本物の金融広告に近いものを作成して掲載し、そ... 【詳細を見る】

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478502412/ 本日の一冊は、ブランド論の第一人者、デービッド・A・アーカーさんによる注目の新刊です。 これまでの著作の流れを組む一冊で、今回のテーマは、ブランド・ポートフォリオ戦略。「ブランド間の関係に着目し、事業の収益を最大化する」ことを目的に、ブランド戦略の要諦が手際よくまとめられています。 インテルやディズニー、シティグループ、P&Gなどの例をもとに、ブランド・ポートフォリオ戦略の重要性と具体的な施策について論じています。 詳細なケーススタディを加えたことで、単なるフレームワークを超えた実... 【詳細を見る】

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4413007921/ 本日の一冊は、2006年春から施行される新会社法のエッセンスを、ベストセラー『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』の著者、山田真哉さんがわかりやすく解説した注目の新刊です。 ※参考:『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334032915/ 今回の法改正では、有限会社がなくなることをはじめ、さまざまな変更点があるとは聞いていましたが、読んでみたら、かなりすごいです。中小企業の経営者は、絶対に勉強しておいた方... 【詳細を見る】

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478733112/ 本日の一冊は、獣医として名高い須崎動物病院の院長が、集中力を発揮するための考え方やトレーニング方法を記した一冊です。 著者は、本業のかたわら、集中力・記憶力・読書力向上のための活動もしているようで、本書は、その研究成果をまとめたものです。 「集中力は「ない」のではなく、「発揮できていない」だけ」をモットーに、どうすれば集中力を高められるか、を真剣に論じています。 仕事の意義を考える、リラックスする、といった心構えは、土井も読書をする際に実践しており、実際、速読には効果があります。 ... 【詳細を見る】

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894512009/ 本日の一冊は、フォレスト出版の編集者が、本田健さんの本棚にあった古典に目をつけ、復刊したという、幻の自己啓発書です。 原書は、1910年に書かれており、あのジェームズ・アレンの名著、『原因と結果』同様、アメリカの成功者たちの間で読み継がれてきたものです。 ※参考:『原因と結果』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763195093/ いかにも自己啓発書の古典らしく、豊かになるための原理原則と、それに沿った考え方、そして行動指針が、シン... 【詳細を見る】

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757303165 本日の一冊は、複雑なビジネス取引を、図を用いることでシンプルに理解する方法を説いた、注目の一冊です。 図解に関するノウハウ書は数多くありますが、本書のポイントは、図を描くことを目的としていない点。 描くことそれ自体よりも、描くことにより、取引の全容を示したり、自分の理解の度合いを把握したりすることを目的としています。 おもしろいのは、この方法でビジネスの構造や取引関係を図解すると、何が情報として欠けているか、どんな質問をすべきかが明らかになる、という点です。 事例として、ホールディン... 【詳細を見る】

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4885109191 著者は現在、中小企業を対象とした経営コンサルタントとして活躍中ですが、この世界では珍しく、キャッシュフロー経営のノウハウを体系化して、経営者に伝えることができる人物です。 その著者が、利益を増やすための考え方と、キャッシュフロー経営のポイントをコンパクトにまとめたのが、この『脱・ドンブリ経営』。 ある程度会計を学んだ人にとっては当然の内容ばかりですが、数字に弱い経営者にとっては福音の書だと思います。 図がご紹介できないのが残念ですが、これまでお金の計算から目をそむけていた社長でも、会社... 【詳細を見る】

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534039395 本日の一冊は、現役の公認会計士であり、かつ愛知大学の非常勤講師も務める著者が、会計の基礎知識を、用語集としてまとめたものです。 簡単な説明と図で、主要な会計の概念・用語が理解できるよう工夫されており、これまでわからなかった内容も一発で理解できます。 入門者向けの本ではあまりコメントされていない概念についてもコメントされており、じつにいい勉強になります。 単なる用語集ではなく、そこから会計の考え方や全体像が見えてくるように工夫されている点も注目です。 これまでどんな入門書を読んでも理解... 【詳細を見る】

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198620369 本日の一冊は、起業からわずか10年で年商1400億円、東証1部上場を達成した、グッドウィル・グループ会長の折口雅博さんによる久々の新刊です。 折口さんの著書は、起業家にビジネスの視点と勇気を与えてくれるものが多く、かくいう土井も社会人になるかならないかという頃、『起業の条件』を読んで感銘を受けた一人です。 ※参考:『起業の条件』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198620369 順調だった父親の経営が突如傾き、豪邸暮らしから一転、貧... 【詳細を見る】

http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478733139 本日の一冊は、アメリカでセールスマンとして成功し、現在は講演家、コンサルタントとして活躍中のブライアン・トレーシーによる注目の新刊です。 典型的なアメリカの自己啓発書ですが、読者がこれからの行動の指針とプラン作り、リスト作りができるように工夫されている点が特徴です。 成功するための原則、プラン、アクション、心構えといった要素が、バランスよく、かつコンパクトにまとまっています。 たまに根拠のない精神論も出てきますが、著者が過去に取り組んだことの具体例なども紹介されており、実践面でも有用な一冊です... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー

    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031