【全米ベストセラー】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761272279 こんまりさんの『人生がときめく片づけの魔法』が世界的ベストセラーとなり、『フランス人は10着しか服を持たない』がベストセラーとなり、無印良品が世界中の先進都市で売れています。 ※参考:『人生がときめく片づけの魔法』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763131206 ※参考:『フランス人は10着しか服を持たない』 http://www.amaz... 【詳細を見る】

【2035年、人口の半分が独身になる。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569832768 戦略、ファイナンス、マネジメント、etc…。 ビジネスパーソンが学ぶべきことはそれこそ山のようにありますが、なかでも怠ってはならないのは、マーケット(顧客)を研究することでしょう。 市場のトレンドを見誤った場合、企業というのは脆くも崩れ去るものだからです。 日本だけを見た場合、これから伸びるのは高齢者と独身者。 高齢者の話は、既にいろんなところで議論されているので置い... 【詳細を見る】

【エマソンの名言集】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4023315699 起業にしろ、出版にしろ、ダイエットにしろ、必要なのは「自分を信頼する」こと。 「できる」と思う力がなければ、何事も成就しないのが世の常です。 そこで本日ご紹介したいのが、ニーチェ、福澤諭吉、オバマにも影響を与えたというアメリカ成功哲学の祖、ラルフ・ウォルドー・エマソンの名言集。 心理カウンセラー/メンタルトレーナーで、かつてエマソンの著作に救われたという著者が、解説文を書いています。 見... 【詳細を見る】

【押さえておきたいデータ集】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4865790470 先行き不透明な時代は、歴史を学んで、データを見て、政治の動向をチェックする。これが王道です。 ということで、本日ご紹介するのは『中小企業白書2016年版』。 毎年6月に出ているもので、今さら感が半端ないのですが、昨年ご紹介するのを忘れていたのと、個人的に知りたいことがあったので、読んでご紹介することにしました。 今回の白書で大きくスペースを割いているのは、今、ビジネス書でも話題の「生産... 【詳細を見る】

【これは名著だ。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4799320238 最近、良い小説がたくさん出ているため、いくつか読んで毎晩のように涙を流しています。 小説は、人々が信じたいことを見せるのが仕事。 でも、ビジネスで成果を上げるには、「信じたくないことを見る」能力が必要だと思っています。 特に大切なのは、失敗を見つめ、そこから学ぶこと。 そこで本日は、失敗について論じた名著『失敗の科学』をご紹介します。 著者は、英『タイムズ』紙の第一級コラムニスト、マ... 【詳細を見る】

【実務家ならではの良書】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/448416227X   以前、モーニングスター代表の朝倉智也氏が書いた、『一生モノのファイナンス入門』を紹介した際、「いま最もおいしいキャリアとは?」という視点で、ファイナンスを学ぶことの重要性をお伝えしました。 ※参考:『一生モノのファイナンス入門』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478068356/ リターンの大きい報酬構造、人材不足による構造的な高給、企業の未来を担うやりがいあるポジション、M&Aの全盛... 【詳細を見る】

【30万部突破の心理本】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453726036X   ビジネスの世界には、問題解決の手法として、「仮説思考」というものがあります。 ボストンコンサルティンググループ(BCG)の日本代表だった内田和成さんが出した書籍『仮説思考 BCG流問題発見・解決の発想法』が、ベストセラーとなりましたので、ご存じの方も多いと思います。 ※参考:『仮説思考 BCG流問題発見・解決の発想法』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492555552/ 仮説... 【詳細を見る】

【読売新聞「編集手帳」竹内政明氏と池上彰氏の夢の対談】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/402273700X   本のタイトルの中には、「著者が実力者でなければ絶対に売れない」ものが存在します。 たとえば、宅急便の祖、小倉昌男さんの『経営学』。 これがもし土井英司『経営学』であれば、売れるはずがありません。 同様に、稲盛和夫さんの『生き方』。 これも、土井英司『生き方』では売れません。 なぜなら、タイトルが王道であればあるほど、シンプルであればあるほど、「書き手は誰か」が強力に問われるからです。 ... 【詳細を見る】

【どうなる?2017年の日本経済】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492045910 みなさんは、情報収集の「究極の方法」をご存知でしょうか? それは、情報収集/発信をしている人間に直接聞くこと。あるいは、その人間の近くにいて、その情報の意図を知る関係者に詳しく聞くことです。 そういう意味で、今、最強の読み方ガイドは、おそらく本日ご紹介する一冊。 元外務省主任分析官の佐藤優氏と、元NHK記者の池上彰氏のタッグによる、『僕らが毎日やっている最強の読み方』です。 ... 【詳細を見る】

【どうなる?2017年の日本経済】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492396330 本日ご紹介する一冊は、毎年年末に出されている、シンクタンクの経済予測モノ。 『経済がわかる論点50 2017』は、みずほ総合研究所が経済の論点を50にまとめ、それぞれ懸念事項、特筆すべき事項を述べた論考です。 冒頭・第I部でチーフエコノミスト高田創さんが全体を概観し、第II部で詳細を論じていく、といった内容です。 構成は、以下の通り。 <第II部 2017年の経済がわかる5... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー