【農業改革の視点】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4562056134 日本再生のためには、各主要産業でイノベーションを起こすことが必須ですが、なかでも重要分野が、農業。 本日ご紹介する一冊は、船井総合研究所を経て、専業農家に転じたという異色の経歴の持ち主が、現場目線の農業改革を語った内容です。 現在、メディアで農業改革が語られる場合、「農業は手厚く保護すべき」派と「市場原理にまかせれば農業は強くなる」派に大きく分かれますが、著者によると、事はそんなに簡単ではありません。... 【詳細を見る】

【『チーズはどこへ消えた?』待望の続編】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4594081657 本日ご紹介する一冊は、出版して5年経たずに2100万部売れたという、有名なビジネス寓話『チーズはどこへ消えた?』の待望の続編。 ※参考:『チーズはどこへ消えた?』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07MCGDS7C/ 著者のスペンサー・ジョンソン氏は、2017年に亡くなっているので、これが遺作ということになります。 『チ... 【詳細を見る】

【これからゼロイチ起業を目指す人に】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4296100947 本日ご紹介する一冊は、好著『起業の科学 スタートアップサイエンス』の著者による、入門版。 今回は、ゼロイチ起業を目指す方のための基本書となっています。 ※参考:『起業の科学 スタートアップサイエンス』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822259757/ 著者は、外資系コンサルティングファームを経て、独立後、日本で企業向け研... 【詳細を見る】

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4484191040 あまり信じてもらえませんが、中学生の頃の土井の成績は、偏差値35の中学校で50番くらいという、散々なものでした(1学年180人)。 一念発起してからは、2週間後の中間試験で5番以内、その後の期末試験では学年トップを取ったのですが、その時使ったやり方が、1時間を4つ(つまり15分)に分割して勉強計画を立てる、というものでした。 区切ることには、生産性を上げる、驚くべき効果があります。 本日ご紹介する一冊は、この「... 【詳細を見る】

【故・ホーキング博士から、未来へのメッセージ】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140817739 本日ご紹介する一冊は、2018年3月に惜しまれながら亡くなった、スティーヴン・ホーキング博士の遺稿を、遺族や研究仲間、スティーヴン・ホーキング財団がまとめて編集したもの。 ホーキング博士は、折あるごとに、その時々の「ビッグ・クエスチョン」について、人々から意見を求められていましたが、それに対する答えを、講演、インタビュー、エッセイという形でアーカイブしていたようです。 本... 【詳細を見る】

【オリラジ中田氏が勧めるこれからの働き方】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569842593 本日ご紹介する一冊は、オリエンタルラジオの中田敦彦さんが、新しい時代の働き方を提唱した、売れ行き好調の一冊。 初版のオビには、西野亮廣さん、堀江貴文さんの推薦がついています。 著者は現在、吉本興業に所属しながら、自分でお金を出してグッズを作り、メンバーを集めて「RADIO FISH」というダンスボーカルグループを作り、ミュージックビデオを作り、オンラインサロンも運営していると... 【詳細を見る】

【最強投資家レイ・ダリオ、人生と仕事を語る】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532357977 本日ご紹介する一冊は、世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエイツの創業者であり、当代最高の投資家、起業家の一人、レイ・ダリオの自伝。 もともとは、2010年にホームページに掲載して、300万ダウンロードされた「原則」がもとになっているようですが、氏を作った経験と、マーケットから学んだ教訓、投資やビジネスで勝つための原則と生き方について書かれています。 大抵の... 【詳細を見る】

【売れています。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478102856 本日ご紹介する一冊は、イリノイ工科大学でデザインを学び、P&G、ソニーを経て戦略デザインファーム「BIOTOPE」を起業した著者が、ビジョン・ドリブンな思考法を説いた一冊。 本のソデ部分に書かれているこの言葉を読めば、本書で説く思考法がなぜ重要なのか、その意味が理解できると思います。 <「一見、根拠のなさそうな直感」を現実に重ね合わせられる人・企業が、マーケットに強烈なインパクトを与えている> ... 【詳細を見る】

【夢を叶える「宣言」の力】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4799324330 本日ご紹介する一冊は、100断られてもめげずに『こころのチキンスープ』の原稿を出版社に持ち込み、最終的に累計5億部売り上げたという奇跡の作家、ジャック・キャンフィールドによる自己啓発書。 ※参考:『こころのチキンスープ』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/447873092X/ 1週間の初めにふさわしい本、ということでセレクトしましたが、これ... 【詳細を見る】

【企業を成長させるビジョン、衰退させるビジョン】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4023317519 本日ご紹介する一冊は、好著『無印良品の「あれ」は決して安くないのになぜ飛ぶように売れるのか?』の著者であり、ブランド戦略コンサルタントの江上隆夫氏による、「ビジョン」考。 ※参考:『無印良品の「あれ」は決して安くないのになぜ飛ぶように売れるのか?』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797373288/ オビには、一橋... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー