【コロンビア大学が教える目標達成の科学】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4799321137 本の厚さと中身の有用性は比例しない。 ジョン・マエダさんの『シンプリシティの法則』を読んだ時に思ったことですが、ひさびさにまたそう思える本に出合いました。 ※参考:『シンプリシティの法則』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492556079/ 本日ご紹介する一冊は、コロンビア大学モチベーション・サイエンス・センター副所長... 【詳細を見る】

【売れてます】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/475691876X 本日ご紹介する一冊は、2017年1月の発刊からずっと売れ続け、ついに5万部を突破したロングセラー。 著者は、『偏差値30でもケンブリッジ卒の人生を変える勉強』はじめ、複数の著書を持つ、塚本亮さんです。 ※参考:『偏差値30でもケンブリッジ卒の人生を変える勉強』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860636937/ グローバルリーダー育成、海外有名校への進学指導を専門とする方で、本書では成... 【詳細を見る】

【橘玲が発見した、幸福の理論】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478102481 本日ご紹介する一冊は、人気作家であり、名著『ゴミ投資家のための人生設計入門』の著者、橘玲が発見した、幸福の理論。 人間の幸福を、「3つの条件」とそれを支える「3つのインフラ」で見事に説明しており、「プロローグ」で著者が言う通り、<本書の提案にのっとって正しく人生を「設計」すれば、誰でも「幸福の条件」を手に入れることができる>でしょう。 著者によると、われわれが幸福になるための条件は以下の3... 【詳細を見る】

【杉田敏の英語&キャリア論】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062206498 本日の一冊は、「シンシナティ・ポスト」経済記者、米大手PRコンサルティング会社バーソン・マーステラ、日本GE取締役副社長を経て、プラップジャパン代表取締役社長(現在は退任)、NHK「実践ビジネス英語」のカリスマ講師としても知られる杉田敏氏が、グローバルキャリアを創る心構え、知恵、そして英語習得のポイントを述べた、注目の一冊です。 グローバルキャリアを目指す人にとっては、憧れの存在である著者が、いか... 【詳細を見る】

【米有名経営者らが大絶賛】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478066868 本日ご紹介する一冊は、フェイスブックCOOのシェリル・サンドバーグ、リンクトインの共同創業者リード・ホフマン、デル創業者のマイケル・デルなど、米有名経営者らが大絶賛する一冊。 その理由は、著者のリンダ・ロッテンバーグが、起業家支援の第一人者で、これまでに4万人を超える起業家と面談し、審査の上選ばれた1000人以上の起業家を支援してきた人物だから。 支援した起業家たちが生み出す価値は年間70億ド... 【詳細を見る】

【祝・4700号】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/490507360X 本日ご紹介する一冊は、イギリスの大手出版社、デニス・パブリッシングの創設者であり、メディア王、大富豪のフェリックス・デニス氏による自己啓発書。 原題は『How to Get Rich』です。 お金持ちになるための指南書、という位置づけで書かれており、訳者もあとがきで述べているように、「皮肉や偽悪的な語り口が多い」のが特徴です。 金持ちになるための心構えや行動指針、成功するための業界やビジネスの見定め方、資金調達のコツ、マネジメントのポイント... 【詳細を見る】

【「思い込み」を疑う技術】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4877713700 学生時代、「知性とは疑うこと」と教えられましたが、人生を切り拓いてくれたのは、いつも『疑う勇気』だったと思っています。 先日ご紹介した、『勘違いエリートが真のバリュー投資家になるまでの物語』には、ウォーレン・バフェットの教訓が載っていて、「外なるスコアカード」(他人の承認や評価)ではなく「内なるスコアカード」(自分自身を認めること)で判断することの重要性を説いていましたが、本日ご紹介する一冊は、自分... 【詳細を見る】

【ダニエル・ピンク絶賛の注目書】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/415209690X 日本で過去、一番売れた本は『窓ぎわのトットちゃん』。4位は、『五体不満足』だそうです。 (『世界ー受けたい授業SP』より) ちなみに2014年は、『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』が、総合ランキング4位でした。(日販調べ) これらのランキングを見て、「日本っていじめや差別をテーマとした本が売れるんだな」と漠然と思っていたのですが、今日ある本を読んで、この国を支配している、恐ろしい「宗教」に気づき... 【詳細を見る】

【『自分の中に毒を持て』シリーズ最終章】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/441309669X 昨日、訪れた「3331 Art Fair」の特別講演で、東京画廊の山本豊津さんが、こんなことをおっしゃっていました。 「価値とは長く継続することで、価格とは時間で価値を切ること」 アートを前提にお話されたのだと思いますが、この言葉にはロングセラーとベストセラーの違いが込められている気がしました。 われわれの多くは、「価格」に注目しすぎるあまり、短期間しか「価値」が継続しない「まがい物」を掴まされてしまう。 作り手... 【詳細を見る】

【待望の一冊!】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532321433 本日ご紹介する一冊は、累計50万部突破のベストセラー『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』の最新版。 昨日訪れた丸善丸の内本店では、隣のレジの男性が20冊、部下の分までまとめ買いしていました。 各書店で、早くもベストセラーとなっているようです。 この書籍は、自分の強みに気づける「ストレングス・ファインダー」というウェブテストができることで有名ですが、今回は、この「ストレングス・ファインダー」がVer... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー