【杉田敏氏が「実践ビジネス英語」引退!】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/414213292X 本日ご紹介する一冊は、2021年3月に、通算33年続いたNHKラジオ「実践ビジネス英語」を引退した、杉田敏氏によるビジネス英語テキスト。 杉田敏ロスに苦しむ国際派ビジネスパーソンにとっては、とてもありがたいテキストです(笑)。 NY新シリーズ始動、ということで、舞台となる企業は変わらずA&A(Alex & Alex)ですが、新たな登場人物とともに、ビジネス英語を学ぶ内容となっています。 今回の主人公は、井出恭平29歳。... 【詳細を見る】

【残念な1語を防ぐ。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4413046080

本日ご紹介する一冊は、『その英語、ネイティブはカチンときます』をはじめ、英語関連の著作が累計400万部を超えている、デイビッド・セインさんの最新刊。 ※参考:『その英語、ネイティブはカチンときます』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4413042646/ 日本語でも、助詞・助動詞でニュアンスが大きく変わるように、英語でも、相手を不快にしてしまう紛... 【詳細を見る】

【これは使える。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757436394

本日ご紹介する一冊は、日本語の慣用表現を、カッコよく英語で言えるための表現集。 「イチ押し」「空気を読む」「冷や汗」「楽勝」など、いざ英語に訳そうと思うと戸惑いがちな表現を、「英語らしく」言うためのポイントを例文つきで教えてくれます。 紹介されているのは、見出し語数で382。あいうえお順に並んでいるため、和英辞典感覚で使えるのも便利なところです。 「イチ押し=highly recommended... 【詳細を見る】

【英語の気配り表現が身につく】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757436270

以前、『クオリフィケーション思考』著者の池田哲平さんがやっていた「グローバルビジネス講座」に参加者として加わった時、外国人とのロールプレイングで貴重な気づきを得ました。 ※参考:『クオリフィケーション思考』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/476127106X/ それは、当たり前なのですが、「デキそうに見える外国人も、不安を抱えた一人の人... 【詳細を見る】

【会話で使える】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4142132598

本日ご紹介する一冊は、NHKラジオ「実践ビジネス英語」の人気講師・杉田敏さんが、アメリカ人との会話で使える知的英語表現を紹介した一冊。 いずれも会話のなかで挿入すると知的になる言い回しで、その表現が生まれた背景・エピソードなども紹介されています。 たとえばオビに、”Will Rogers never met you, did he?”という表現がありますが、じつはこれ、強烈な皮肉。 というのも、か... 【詳細を見る】

【これは使える100フレーズ】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4046041692

本日ご紹介する一冊は、現在話題の「THE AVENGERS」を題材に、英語を学んでしまおうという、ユニークな本。 版権の獲得が大変だったと思いますが、映画のスクリーンカットをなんと50も掲載しており、映画で使われたセリフの大部分を網羅しています。 ストーリーがわからない人でもわかるように構成されており、前半部分ははセリフの対訳。映画の内容をおさらいする部分です。 巻末には、別冊付録が... 【詳細を見る】

【ビジネスシーンで使える英語】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140351616

本日ご紹介する一冊は、NHK「入門ビジネス英語」講師の柴田真一さんと、プロ会議通訳者の神藤理恵さんが書いた、実務で使える英文ビジネスeメールの決定版。 あらゆるビジネスシーンを想定して、「丸ごと使える基本メール」、「伝わるメールの極意」「プロ通訳が使う応用例」「Words andPhrases」がまとめられており、じつに便利な内容です。 とりわけ注目したいのは、「丸ごと使える基本メール」と... 【詳細を見る】

【超ハイレベル。英語を英語で理解する英単語集】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4789017125

昔、ギリシャに留学する前、『オックスフォード現代英英辞典』という辞書を買って勉強しました。 ※参考:『オックスフォード現代英英辞典』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4010752998/ 考古学の専門用語が載っているのが、この辞典だけだったからです。 そして、ハイレベルな語彙を学ぶには、英英辞典しかないということも... 【詳細を見る】

【これでバッチリ】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4799323849

ニューヨークに行って、ナマの英語にたくさん触れた感想は、「日本の英語教育は何だったんだ」ということ。 なかでも致命的なのは、<「please」をつけても、命令のニュアンスは消えない>という事実でしょう。 コミュニケーションの目的が「相手を動かすこと」だとすれば、その手段としての英語も当然、人を動かすためのものでなくてはならない。 にもかかわらず、相手の感情を害する表現を教えていたとしたら、それが... 【詳細を見る】

【待望の続編!】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478103763/a>

本日ご紹介する一冊は、30万部突破のベストセラー『英語は3語で伝わります』の実践編。 ※参考:『英語は3語で伝わります』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478069409/ 前作も十分実践的だったと思うのですが(笑)、まあ出版業界特有の商法ということで、そこはスルー。 オビに「この100文で英語が話せる!」とあるように、3語の英語表現を... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー

    2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930