【英語は動詞だ。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4384059132 本日ご紹介する一冊は、ケンブリッジ大学大学院修士課程を修了し、グローバルリーダー育成の「ジーエルアカデミア」を経営する著者が、英語における動詞と名詞の自然な組み合わせを指南した学習書。 著者は、ベストセラー『「すぐやる人」と「やれない人」の習慣』で有名ですが、じつはこれまでのべ4000人を指導し、教え子がケンブリッジ大学やロンドン大学などのトップ校に入学している、英語の達人。映画『マイケル・ジャクソンTHI... 【詳細を見る】

【これは使える。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4295402486 一年間ニューヨークに住んで、英語生活をして、気づいたことがありました。 それは、外国人の英語がわからないのは、大部分、「決まった言い回し」がわからないせいなのだ、ということ。 逆に言えば、「決まった言い回し」さえわかれば、かなりの部分、問題は解決できるということ。 本日ご紹介する一冊は、アメリカ在住の著者が、現地でよく見る看板や標識、ラベル、パッケージ等の「決まった言い回し」を、写真と解説で紹介... 【詳細を見る】

【これで話せる!】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761273615 ニューヨークに住んでいた1年間で、かなり英会話力が上がりました。 そこで理解したことは、 「英語はシンプルな短い文をたくさん継いで話した方がいい」 ということ。 特に、早口のニューヨーカーに対抗するには、これしかありません。 他にもいろいろ気づきがあって、こんなの最初から誰か教えてくれ!と思った次第ですが、ちょうど土井のように「ペーパーテストはできるけれど英会話が苦手な人」に向けて書... 【詳細を見る】

【100の語源で1万語が身につく?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761273453 本日の一冊は、「ad」「con」などの接頭辞、「ceed」「spect」などの接尾辞の感覚を覚えて、語彙を増やそうという英語のボキャビル本(ボキャブラリーを増やすための本)。 語のイメージを表すかわいいイラストで、パラパラめくりながら、無理なく覚えられるように工夫されています。 たとえば、「切る」を意味する接尾辞「cide」なら、サムライが出てきて、decide(決定する)、suic... 【詳細を見る】

【笑える例文で英語表現を覚える】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4776209624 本日ご紹介する一冊は、「アナザースカイ」「ヒルナンデス」「エンタの神様」などの脚本を手掛ける放送作家の近藤祐次さんと、ベストセラー英語本著者デイビッド・セインさんのコラボによる一冊。 近藤さんが例文を書き、デイビッド・セインさんがそれを適切な英語表現に直す、という形のコラボですが、お笑い系も手掛ける放送作家だけに、例文が笑えるのが特徴です。 「君の方が夜景より1000倍キレイだ」 「こ... 【詳細を見る】

【これは使える。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396616511 本日ご紹介する一冊は、NHK「入門ビジネス英語」元講師で、アル・ゴア元米副大統領、マーク・ザッカーバーグ、ダライ・ラマ14世、リチャード・ブランソンなどの通訳を務める関谷英里子さんが、英語学習の秘密道具を紹介した一冊。 はじめに言っておきましょう。この本、いいです。 勉強本で売れる本、すべてに共通する要素だと思いますが、なにか、学習者としての臨場感があるんです。 おそらくその秘密は、本書の構成に... 【詳細を見る】

【プロの英文メール書き方指導】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478101922 本日ご紹介する一冊は、PENTAX/HOYAで約30年、医療機器関係の海外営業に携わり、ドイツ駐在、シンガポール支店長、本社の医療機器関係事業部の営業部長などを務めた著者が、イギリス出身のネイティブ監修のもとに、英文メールの書き方を指南した一冊。 著者はこれまでに海外と約2万通のメールをやり取りしており、その知見をもとに、JETROの中小企業海外進出支援専門家として、英文メール、海外交渉のノウハ... 【詳細を見る】

【そのまま使える】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478101698 編集後記で詳しく書きますが、今日は、日本経営合理化協会さんの設立50周年記念祝賀会に参加して、良い刺激を受けてきました。 日本を代表する中小企業オーナーたちと交流して、ビジネス書の話になったのですが、やはり土井が懸念していた通りの話になりました。 みなさん、最近のビジネス書はサラリーマン狙いのものばかりで、「読み応えがない」「書店に行かなくなった」というのです。 であれば、たとえマイナー/ニッチ... 【詳細を見る】

【成田空港で4年連続ベストセラー1位】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4776206374 本日ご紹介する一冊は、成田空港で4年連続ベストセラー1位のビジネス英語本(「ビジネス英語」ジャンル)。 2010年11月に発売されて以来売れ続けている本ですが、このタイミングで改めて編集担当が送ってきたので、思わず紹介してしまいました(笑)。 物事にはタイミングがあるものですが、たとえ一度断られても、ベストのタイミングで再び提案できるのがデキる人。 きっとこの編集者はデキる人... 【詳細を見る】

【「こなれた」英語の決まり文句】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4413210921 ニューヨークに行って気づいたのは、英語の「決まり文句」を使うことの重要性です。 日本語でもそうだと思いますが、お決まりの挨拶や会話ができれば、スムーズにコミュニケーションできるけれど、そこでつまずくと、「えっ? この外国人、ひょっとして日本語できない?」となってしまう。 逆にこれさえできれば、後に続く会話で多少もたついても、そこは大目に見てもらえるわけです。 ところが、この「決まり... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31