【】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4805504765

本日の一冊は、高名な美術史家であるエルンスト・ゴンブリッチが、1935年に書いた名著を再刊したものです。 献辞にあるように、もともと本書は、イルゼと呼ばれる少女に向けて書かれたもの。 そのため、あたかも紙芝居を見ているかのような臨場感で、世界史の壮大な物語が語られており、じつに興味深く読むことができます。 世界史を学ぶことには、さまざまな意義があると思いますが、本書がとくに優れているのは、若い人に世界史の... 【詳細を見る】

【】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887595123

本日の一冊は、ベストセラー『自分を磨く方法』のシリーズ第2弾。 ※参考:『自分を磨く方法』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887594011/ 著者こそ違いますが、今回の内容も、心に深く染み入る優れたものとなっています。 ノミが跳べなくなる話や石切工の話など、自己啓発書の世界ではありがちなエピソードも入っていますが、それはあくまで一部の話。 全... 【詳細を見る】

【】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106101939

本日の一冊は、芥川賞作家、平野啓一郎さんと、ベストセラー『ウェブ進化論』の著者、梅田望夫さんの夢の対談により作られた、注目の新書です。 ※参考:『ウェブ進化論』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480062858/ 議論のテーマは、「ウェブ進化によって、人間はどう変わるのか?」。 最初は、予定調和的な議論になるのでは、という危惧を抱いていたのですが、い... 【詳細を見る】

【】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/447979185X 本日の一冊は、ビジネスの世界に演劇の手法を持ち込んだ「ドラマティックマーケティング」の伝道者、平野秀典さんによる新刊です。 これまで、さまざまな本で感動の重要性やコミュニケーションのあり方を説いてきた著者ですが、本書では、21世紀のビジネスの中心テーマ「共感力」について述べています。 共感の本質とは何なのか、人はどんな時に共感し、感動するのか、どうすれば共感を設計することができるのか…。 著者が実際に経験した舞台やサービス、商品を例に、それこそドラマチ... 【詳細を見る】

【】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757212577

本日の一冊は、アメリカで大人気の講演家であり、コラムニスト、パーソナリティーとしても活躍中の著者が、満足を先延ばしすることの効用を説いた、注目の自己啓発書です。 本書の主張の中核をなす「マシュマロ理論」は、1960年代にスタンフォード大学で実際に行われたという「マシュマロの実験」をベースに、我慢する力と成功の相関関係を説いたもの。 実験は、4歳の子どもの目の前にマシュマロを置き、15分間食べずに我慢したらさらに... 【詳細を見る】

【】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492042695

本日の一冊は、上場企業バックスグループの取締役顧問であり、同時に資産家やベンチャー企業経営者にアドバイスを行うコンサルタント、本田直之さんによる、注目の読書ノウハウ。 年400冊のビジネス書を読みこなし、自身もそのノウハウを生かして資産家となった著者が、本当にビジネスにリターンをもたらす読書術を、初公開しています。 土井もかつて著者から何冊か本を紹介してもらったことがありますが、とても良い選書センスを持った方だ... 【詳細を見る】

【】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797336366

本日の一冊は、現在売れている『商品がなくても売れる魔法のセールストーク』の著者、吉野真由美さんが、万人に向けて書いた話し方の極意です。 ※参考:『商品がなくても売れる魔法のセールストーク』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478540780/ 前著は、完全にプロの営業マン向けの内容でしたが、今回の本は、人脈を作りたい、人間関係を良好にしたいすべての人に役立つ... 【詳細を見る】

【】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4594052320

本日の一冊は、孤独死や自殺、殺人などで腐乱死体になってしまった方々の遺品整理を行う専門家が、遺品整理の現場から見えた、現代社会の悲しさをつづったドキュメントです。 最近、土井は定年後の生き方に関する本や死に関する本をいくつか紹介していますが、その理由は、人は終わりを意識することで生き方を真剣に考えるようになると思っているからです。 以前、「Zカー」の生みの親と呼ばれる片山豊さんに取材したことがありますが、片山さ... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031