【これからの生き方を考える】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4776209365 本日ご紹介する一冊は、TBSで「さんまのスーパーからくりTV」「中居正広の金曜日のスマたちへ」などの番組を担当し、著者としても『最速で身につく世界史』などのベストセラーを持つ角田陽一郎氏が、「好きなことだけやって生きていく」方法を指南した一冊。 あらゆる仕事がAIやコンピュータに置き換えられていくトレンドのなか、「嫌なことを我慢してやること」には、だんだん意味がなくなってきています。 代わっ... 【詳細を見る】

【読書もダイエットも驚くほど続く「小さな習慣」とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478065772 『エグゼクティブ・ダイエット』を始めてから、かれこれ1年半が過ぎました。 ※参考:『エグゼクティブ・ダイエット』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4838729294/ 体重は相変わらずキープです。 土井がなぜメルマガを13年続け、ダイエットも続けられるのか。 その理由は、「挫折しない方法」を知っている... 【詳細を見る】

【忍者に学ぶ精神力】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4413096746 本日は、忍者に「負けない心」を学ぶという、一風変わった書籍をご紹介します。 著者は、三重大学医学部を卒業した精神科専門医で、現在、三重大学大学院医学系研究科ストレス健康科学分野教授の小森照久さん。 著者によると、三重大学は大真面目に忍者研究をしているらしく、本書もその成果を踏まえて書かれています。 また、江戸時代になって作られた秘伝書『万川集海(まんせんしゅうかい)』と『正忍記(しょうにんき)... 【詳細を見る】

【シェリル・サンドバーグが悲劇の末につかんだもの】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453232159X 本日ご紹介する一冊は、休暇先のメキシコで最愛の夫を亡くしたフェイスブックのCOO(最高執行責任者)、シェリル・サンドバーグが、どうやって人生の困難を乗り越えるか、レジリエンス(折れない心)の磨き方を説いた一冊。 窮地を救い、心の支えとなってくれた親友、ペンシルバニア大学ウォートン校のアダム・グラント教授と共著で、困難を生き抜くための心理学を展開しています。 ・ネガティブなできごとを自責化、普遍化、永続化しない人は、... 【詳細を見る】

【先延ばししない技術】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479795901 本日ご紹介する一冊は、アドラー心理学の研究家で目標実現の専門家、大平信孝さんによる売れ行き好調の新刊です。 大平さんは、ロンドンオリンピックに出場したトップアスリートや、2年連続総合優勝をした日本大学馬術部、世界で活躍するトップモデル、経営者、ベストセラー作家などをクライアントに持つ方。 2014年に出た本『本気で変わりたい人の行動イノベーション』がベストセラーになっています。 ※参考:『本... 【詳細を見る】

【日本美術の大スターたちに学ぶ!個性的自己啓発書】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763136321 本日ご紹介する一冊は、2016年8月から「cakes」で連載していた人気コンテンツ「おしえて北斎!」に加筆、修正、描き下ろしを加えて出した、注目の一冊。 何をやっても中途半端、努力が嫌いなのに絵師を目指す大井町高校1年生の岡倉てんこりんに、日本美術界のスーパースターたちがアドバイスするという漫画で、じつはメンター/弟子モノの優れた自己啓発書です。 登場するメンターは、尾... 【詳細を見る】

【ミドルマネジメント必読】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532321514 本日ご紹介する一冊は、ミドルマネジメントが使いこなすべき、『ダークサイド・スキル』を紹介した一冊。 著者は、経営共創基盤(IGPI)パートナーの木村尚敬(きむら・なおのり)氏。 巻末には、良品計画松井忠三氏との対談もあり、社内政治のノウハウと実際がたっぷり学べる内容となっています。 情報の非対称性を利用して上司を操る、CND(調整・根回し・段取り)を怠らない、上司にとって重要な「神経回路... 【詳細を見る】

【丹羽宇一郎氏の読書術】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344984625 本日ご紹介する一冊は、伊藤忠商事名誉理事であり、早稲田大学特命教授でもある丹羽宇一郎さんが、読書と情報収集、仕事の極意を述べた一冊。 著者が読んできた本、読書のあり方、読み方が書かれている、れっきとした読書本ですが、ベストセラー『人は仕事で磨かれる』を思わせる、仕事の極意本でもありました。 ※参考:『人は仕事で磨かれる』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/... 【詳細を見る】

【掘り出し物です。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4422100653 本日ご紹介する一冊は、ひさびさにご紹介する絶版・掘り出し物。 現在も寝具の製造・販売・卸として続いている和田哲株式会社の祖であり、「最後の船場商人」と言われた故・和田哲夫氏の教えを、孫の和田亮介氏がまとめた、じつに興味深い経営訓です。 本書の初版が出されたのは1976年。 元々は、日本寝装新聞社から出されていたもので、その後、創元社によって復刊。現在は絶版となっていますが、繊維業界が苦しい現在... 【詳細を見る】

【文学に学ぶ、働くことの意味】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4486039068 仕事でやる気が出る秘訣も、人生が充実する秘訣も、根本のところは一緒だと思っています。 それは、その活動に「意味を見つけられるかどうか」。 仕事の意味。生きることの意味。 これが見つけられれば、毎日が充実するのは間違いありません。 本日ご紹介する一冊は、「働くことの意味」を、文学から見つけようという、ユニークな試み。 著者は、人事・経営企画の仕事をしながら産業カウンセラー、... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー