【これは名著だ。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4772695478 本日ご紹介する一冊は、最近読んだ中でイチオシの一冊。 「鋼鉄」や「紙」「コンクリート」「泡」「プラスチック」「ガラス」など、人類の文明に大きな影響を与えた材料の歴史を、誰にでもわかるようにまとめた、知的好奇心あふれる一冊です。 われわれはつい、ビジネスのすべてが人間の頭の中から生まれるように思いがちですが、実際には、物質や技術の性質・制約条件がイノベーションを生むことが多い。 なかでも本書は、「... 【詳細を見る】

【遺伝子を変える生き方とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478028265 遺伝子の解析がものすごい勢いで進み、医療や食事、果ては適職までが遺伝子解析でわかろうとしています。 本日の一冊は、そんな遺伝の最新科学「エピジェネティクス」を、遺伝学者で医師、かつノンフィクション作家の著者が解説した一冊。 ミステリー仕立てで解説した、知的刺激あふれる内容で、これなら素人でも遺伝の最先端がよくわかります。 興味深いのは、著者が本書で「フレキシブルな遺伝」という考え方を... 【詳細を見る】

【大前研一が最新テクノロジーと未来を書く最新刊】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/404601847X   本日ご紹介する一冊は、元マッキンゼーの日本支社長で、MIT(マサチューセッツ工科大学)では大学院原子力工学科で博士号も取得している大前研一氏が、「テクノロジー4.0」について語った一冊。 テクノロジー4.0とは、単体のテクノロジーを指すのではなく、テクノロジーのつながり、さらにはそれによって起きる革命のこと。 著者の言葉を使って言うなら、こうです。 <テクノロジー4.0とは、デジタルコンチネント(大陸)における... 【詳細を見る】

【人生を変える「行動遺伝学」】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797389745 橘玲さんの『言ってはいけない』は、能力開発や犯罪の可能性において、個人にはどうしようもできない「遺伝」的要素を取り上げ、30万部のベストセラーとなりました。 ※参考:『言ってはいけない』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106106639/ 読んでいて「ふむふむ」と納得したり、反発したりする一方、「この本の言うことはどこまで本当なのだろ... 【詳細を見る】

【未来はこうなる】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532321115 技術やツール、それにともなって社会が目まぐるしく変わる今日、「今後どうなるか」の情報は、常にウォッチすべき対象となっています。 本日ご紹介する一冊は、ダボス会議(世界経済フォーラム)の創設者、クラウス・シュワブが、グローバルエリートとの対話を通じて、来るべき技術と社会を予言した一冊。 「第四次産業革命」の定義は正直あいまいですが、特徴は、モバイル化したインターネット、小型化し強力になったセンサーの低価... 【詳細を見る】

【物忘れしない方法とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198640718 「若さとは、年齢のことではない」とよく言われますが、40歳を過ぎて周りを見ると、本当にそうだなあと思わされます。 デキる経営者は、80歳を過ぎてなお元気な方がたくさんいますし、30代でもお葬式の参列者のような顔をしている人がいます。(母校の同窓会でたくさん見ました) 何が若さを決めるのか、ある本を読んでそのヒントを見つけたので、ご紹介しておきます。 本日ご紹介する一冊は、脳科学者・茂木健... 【詳細を見る】

【見えないことで見えるもの】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334038549 大学時代、佐藤信夫さんの「コインは円形である」というエッセイに衝撃を受けました。 簡単に要約すると、われわれは普段コインを円形と捉えているが、実際には、自動販売機などで長方形であることを認識している。にも関わらず、われわれはコインを円形と信じ込んでいる、というお話です。 このお話から学んだことは、人の見方は情報があることによって、かえって固定されてしまうことがある、ということです。 経... 【詳細を見る】

【人工知能に負けない働き方とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534053096 コンピューターが人間の知能を超えると言われる、「2045年問題」。 自分が30年後まで現役で働いているかはさておき、本格的な人工知能の時代が到来すれば、自ずと働き方を変えざるを得ないと思います。 ありきたりな言い方ですが、コンピューターが得意なことはコンピューターに任せ、人間はより人間らしい仕事をする必要があるということになるでしょう。 本日ご紹介する一冊は、かつて人工知能研究に... 【詳細を見る】

【未来が見える、最新技術紹介。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4413096207 「ビジネスを見る時には、「技術」と「市場」に注目しろ」 これは、大学時代に担当教授から教わった視点ですが、それ以来、技術革新とマーケットの移り変わりには注意するようにしています。 かなり古い話になりますが、かつてヨネックスは漁業関連の道具(木製のウキ)を作っており、素材革命についていけなくなったことから、バドミントンラケットの製造を始めました。 ※参考:『ヨネックス米山稔 負けてた... 【詳細を見る】

【これなら努力が続けられる。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478029369 2月に入った途端、土井のFacebookのタイムラインに、「受験合格」の知らせがたくさん届くようになりました。 つながっている人の多くは、ビジネスで成功した人たちですが、彼らはちゃっかり、自分の子どもの受験対策も立てていたのです。 ちなみに、今日お仕事をしたカメラマンさんのお子さんは、都内の某有名公立高校を受ける予定だそうです(一番有名なやつです)。 できるビジネスマンに戦略があるよ... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー