【ビジネス版『自由と規律?』】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4419051213 本日の一冊は、あの信越化学工業の大躍進を経理部門トップとして支え、現在は同社の顧問と日本CFO協会の最高顧問を兼務している著者が、ビジネスパーソンにとっての自己規律を論じた一冊。 タイトルは以前BBMでご紹介した、池田潔さんによる名著『自由と規律』から取ったもので、著者が同書に感銘を受けた旨がまえがきに書かれています。 本書は、組織内で生きる人間がどうやって自分を高めていくべきか、また... 【詳細を見る】

【ついに上陸:全米ベストセラーの組織論】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062141361 本日の一冊は、『ヤバい経済学』のスティーヴン・レヴィットやノーベル賞受賞者のマイロン・ショールズらとともに、「ビジネス界にもっとも大きな影響力を持つ大学教授10人」に選ばれたロバート・I・サットンが、ハーバード・ビジネス・レビューに寄稿し、大反響を呼んだエッセイをまとめた一冊。 ※参考:『ヤバい経済学』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/AS... 【詳細を見る】

【人生は考え方で決まる】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757305184 本日の一冊は、日本を代表するトップアスリートや経営者のメンタルアドバイザーとして、絶大な人気を誇る西田文郎さんが、仕事や人生で強運体質になるための考え方を指南した一冊。 いわゆる自己啓発書のジャンルに属するものですが、内容はかなり読み応えがあります。 著者が論じているのは、一流と非一流の違いであり、そこには厳然たる考え方の違いが存在します。 目に見えないものを信じられるかどうか、夢のた... 【詳細を見る】

【コトラー&ケラー夢のコラボ】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894716577 みなさんご存じ、マーケティングの神様、フィリップ・コトラー教授によるバイブル『マーケティング・マネジメント』が久々に全面改訂されました! しかも今回は、ブランド・マネジメントの第一人者ケビン・ケラーとの共著で、時代の要請が高まるブランド理論を盛り込んだ、待望の本格マネジメント論です。 約1000ページの大著ではありますが、個人的には絶対に買うことをおすすめします。 というのも、土... 【詳細を見る】

【100円ノートで情報をすべて一元化】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901491768 本日の一冊は、環境、運輸などの業界専門紙で記者として活躍する著者が、その効率的な情報管理法を公開した一冊。 デジタル全盛の時代にあえてアナログの利便性を訴えた内容で、ひと言で言えば、100円ノートに情報をひとまとめにする、というだけですが、内容が極めて実践的なのがポイントです。 情報は時系列で並べ、記事ごとに「080407」というように日付を入れ、後から検索できるようにする、索... 【詳細を見る】

【カンタンに管理できる利益の方程式とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492556060 本日の一冊は、マッキンゼー時代に数多くの企業の利益改善に貢献してきたという著者、勝間和代さんが、企業の利益をカンタンに管理するための独自の方程式を公開。 具体的には、利益=(単価-獲得コスト-原価)×顧客数)というシンプルな式ですが、本文ではこの方程式に含まれる4つの変数について、どうすれば改善できるのか、具体的なケースを交えながらアドバイスしています。 単価を上げるための... 【詳細を見る】

【城山三郎が遺した珠玉の言葉】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569698050 本日の一冊は、『輸出』により文学界新人賞、『総会屋錦城』で第40回直木賞を受賞し、経済小説のパイオニアとなった故・城山三郎さんの作品から、人生に役立つ珠玉の言葉を抜き出し、名言集としてまとめた一冊。 一貫してビジネスや仕事、組織における生き方などをテーマとし、書き続けた著者だけに、フィクションとはいえ、そこに散りばめられた言葉には含蓄があります。 ただがむしゃらに働くでもなく、要領よく... 【詳細を見る】

【哲人政治家、李登輝のリーダーシップ論】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569698018 本日の一冊は、中華民国総統、また国民党主席として中華民国の民主化に貢献し、経済発展も推進した世紀の哲人政治家、李登輝による待望の書き下ろし。 テーマがそのものズバリ「最高指導者の条件」ということで、政治家、経営者のみならずおよそ人の上に立つ人すべてに関わりのある内容です。 多くのリーダーシップ論は、素質があるかないかや技術、カリスマ性、組織について論じていますが、本書の著者は... 【詳細を見る】

【全米140万部のFBI式交渉術】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532313937 昔、まだ土井が幼かった頃、父と外出して、とても恥ずかしい思いを何度かしました。 それは、父が何を買う時も必ず「交渉する」人だったということです。 デパートに行っても、スーパーに行っても、アイスクリーム屋でも、父は必ず交渉して、通常より安くモノを買っていました。 若い頃の土井は、それがとても嫌で、父と買い物に行くのだけはどうしても我慢できませんでした。 ただ一つだけうらや... 【詳細を見る】

【ネットショップオープン3年目で年商1億円を達成】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4806129917 本日の一冊は、ネットショップオープン3年目で年商1億円を達成、2年連続で楽天市場のショップ・オブ・ザ・イヤー「ベスト店長賞」に輝いた著者が、ネットマーケティングの極意を明かした一冊。 『御社のホームページがダメな理由』とはいかにも刺激的なタイトルですが、内容も負けず劣らず、歯に衣着せぬ物言いで、ネットマーケティングの「迷信」をバッサバッサと切り捨てています。 「(セ... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー