【賢い人はやっている?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4584138435 本日ご紹介する一冊は、証券会社が積極的に売らない、「米国債」の投資法について論じた一冊。 著者は、ゴールドマン・サックス証券のマネージングディレクターを経て、ファイナンシャルプランナーとして独立した杉山暢達(すぎやま・のぶみち)さんです。 サブタイトルに、「証券会社がひた隠す」と書かれていますが、その理由は、売買回数が少ない分、証券会社にとってうまみがないため。(一度買ったら約30年放っておく)... 【詳細を見る】

【これから投資するなら?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532357500 本日ご紹介する一冊は、今後伸びると目されるイノベーション関連株を、日経ヴェリタス編集部が選び、解説した一冊。 いわゆる「推奨銘柄モノ」はあまり読まないポリシーなのですが、この分野はあまりに不案内なもので、とりあえずリスト作りのベースに、読んでみることにしました。 案の定、既に割高な銘柄も多く、なかなか今すぐ買おうと思える銘柄はないのですが、時折、地方銘柄などで有望なものが見つかります。 ... 【詳細を見る】

【日本M&Aセンターが予言する未来】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492961364 年末になると必ず、「年末総括モノ」と「来年の予測モノ」が出てくるのですが、本日の一冊は、ちょっと面白い切り口の本。 『業界メガ再編で変わる10年後の日本』は、日本M&Aセンターの執行役員/業界再編部長である著者が、M&Aによって再編が進む各業界の今後を見通した、興味深い一冊です。 「M&Aの専門家×上場企業経営者が予想する各業界の10年後」ということで、食品、IT、建設、医療、介護、... 【詳細を見る】

【これは必読。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396632983 ニューヨークと東京を1年、東京と山口を1年1カ月、二拠点間生活を約2年続け、たくさん旅もして、世界の中の日本、日本の中の都市と地方の格差について、いろいろと感じるようになりました。 「ちょっと地方再生にも関心が出てきましたよ」 そう告げた時、仙台の大物メンターに勧められたのが、本日ご紹介する『プラチナタウン』です。 じつはこの本、伊吹文明・元衆議院議長が石破茂・地方創生大臣に勧めた本らしく、オビに... 【詳細を見る】

【お金の未来がはっきり見える。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/448068994X   ビットコインが急騰を続けるなか、先日ご紹介した『お金2.0』はじめ、数多くのお金に関する論考が出されています。 ※参考:『お金2.0』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344032152/ 本日ご紹介する一冊も、そんなお金に関する論考の一つ。 著者は、かつてダイエーやカネボウなどの大型M&Aに関わり、30代で独立。東京大学大学院では貨幣論、情報化社会論を研究したという、事業... 【詳細を見る】

【メタップス代表が語る、未来とお金】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344032152 資本主義の終焉、お金のコモディティ化、フィンテックによる金融の崩壊…。 この先、お金がどうなるのか、経済がどうなるのか、何を目指して働けばいいのか、不安な方は多いと思います。 本日ご紹介する一冊は、フィンテックの一角を担う注目の若手起業家、メタップスの佐藤航陽代表による未来とお金に関する論考。 母子家庭で育ち、4人家族の世帯年収が厳しい時で100万円台だった著者は、物心ついた頃... 【詳細を見る】

【東京が世界一の都市になるために】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822279308 未来を読むのに必要な視点は、ヒト、土地、カネ。 この3つの動きを見ていれば、今後どうなるのかは、大体予想がつきます。 本日ご紹介する一冊は、このなかでも、都市の未来を読むのに必須の「都市計画モノ」。 「ポスト2020」のキーパーソン12人が、NEXTOKYOの全体像を明らかにした、注目の一冊です。 著者であるA.T.カーニーの梅澤高明氏とカフェ・カンパニーの楠本修二郎氏に加... 【詳細を見る】

【150万ダウンロードの話題のレポート】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163907475 本日ご紹介する一冊は、発表されるやいなや、たちまち150万ダウンロードを記録した、経産省若手官僚によるレポートの完全版。 養老孟司氏、冨山和彦氏、東浩紀氏3名の知識人と経産省若手官僚の座談会も収録されています。 この国の中枢を担う官僚が現状をどうとらえているのか、本音でどう考えているのか、どうしようとしているのか、ビジネスパーソンなら誰もが気になるところでしょう。 本書では... 【詳細を見る】

【株で勝つには】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344984773 本日ご紹介する一冊は、中小型株の調査・投資を専門にし、「R&Iファンド大賞」国内中小型株式部門において、6年連続で「最優秀ファンド賞」「優秀ファンド賞」を受賞した著者が、優良企業の掘り当て方を指南した投資本。 年間で900回以上、計2800社以上の企業と面談してきたという著者が、一体何を重視して投資しているのか、どうやって有望企業を見つけているのか、ヒントが満載の興味深い内容です。 著者は、本書の53ペ... 【詳細を見る】

【執事の超効率化仕事術】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4799321870 ビジネスで難しいのは、アップデート(更新)し続けること。 自分の気持ちも情報もアウトプットスキルも、時代に合わせて更新し続けるのが優秀なビジネスパーソンです。 そこで本日ご紹介したいのが、『世界統計年鑑2018』。 欧米のビジネスエリート必携の『Pocket World in Figures』の待望の日本語訳版です。 昨年、BBMでは英語版をご紹介しましたが、その最新版の邦訳と言えば... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー