【お金がなくてもできる投資とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309228127

本日ご紹介する一冊は、『しょぼい起業で生きていく』が話題となった「えらいてんちょう」こと矢内東紀さんが、投資の本質と、「お金がなくてもできる投資」について論じた一冊。 ※参考:『しょぼい起業で生きていく』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4781617336/ サブタイトルに「とにかく死なないための」とあるように、積極的にお金を増やす... 【詳細を見る】

【韓国で話題のベストセラー】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4093887845

本日ご紹介する一冊は、新型コロナウイルスによって、急速に進みつつある、「アンコンタクト(非接触)」経済の最新レポート。 サムスン電子や現代自動車といった、韓国を代表する大企業およびメディアで引っ張りだこのトレンドアナリスト、キム・ヨンソプ氏が、韓国および世界の非接触経済を論じたもので、今後のビジネスチャンスを考える上で、大いに参考になります。 非接触経済が進むことで、人間関係やビジネス慣行が... 【詳細を見る】

【新たな経済のスタンダード】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532323606

本日ご紹介する一冊は、新たな経済のスタンダードとなり得る思想『あるものでまかなう生活』を紹介した、注目の一冊。 著者は、ケロッグの広報室長を経て、現在、食品ロス問題ジャーナリストとして活躍する井出留美さんです。 井出さんは、食品ロス問題を全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして、第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門/Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018を受賞した、今最も注... 【詳細を見る】

【必読です。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569846866

2020年10月7日本日、イオンが2020年3~8月期の連結営業利益を前年同期比60.7%減の339億円になったと発表しました(ロイター)。 もちろんコロナの影響が大きいからですが、おそらくコロナが収まっても、苦境は続き、さらに本格的な人口減少と高齢化が襲ってきます。 高齢化社会になれば、郊外型の巨大施設はむしろ買い回りに不便。車の運転だって危ぶまれます。 もはや従来のモデルは通用しないのです。 ... 【詳細を見る】

【今年は要チェック】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/449297329X 本日ご紹介する一冊は、毎年改訂される、この時期の定番商品、『会社四季報 業界地図2021年版』です。 10年連続売上No.1(全国大手書店各社調べ)、これまでの累計180万部となっています。 業界の好不調、注目企業などをまとめて俯瞰できる便利なデータ集ですが、今年は特に注目が集まりそうです。 新型コロナウイルスの恩恵を受けて浮上した業界、苦しくなった業界はどこなのか明確にわかる、そんな内容となっています。 毎回注目の「注目業界」に挙... 【詳細を見る】

【仮想空間シフトで、変わるもの】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4295200166

本日ご紹介する一冊は、ベストセラー『アフターデジタル』の尾原和啓さんと、『ニュータイプの時代』の山口周さんが、『仮想空間シフト』によって変わる働き方や生き方、経済の変化を論じた対談本。 ※参考:『アフターデジタル』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4296101625/ ※参考:『ニュータイプの時代』 http://www.amazo... 【詳細を見る】

【一流に学ぶ株式投資】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041088712

本日ご紹介する一冊は、物言う株主として一躍有名になった村上ファンドの村上世彰氏が、高校生に特別講義した内容を書籍化したもの。 氏は現在、N高等学校(N高)投資部の特別顧問として、高校生に投資の講義をしており、授業では何と村上財団が40名の高校生に一人あたり20万円を支給し、実際に投資を体験させました。 本書には、その投資の結果と、講義の中で氏が教えた株式投資の極意、基礎知識、思想が書かれています。... 【詳細を見る】

【中小企業の新開拓分野】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4861138345

本日ご紹介する一冊は、新型コロナウイルスで大打撃を受けたウエディングビジネスの代表であり、この苦境の最中に、SDGsに沿った「ノハム(No Harm)」認証ビジネスを始めた著者による一冊。 「コロナを機に、これまでのビジネスを見直したい」と考える経営者は多いと思いますが、SDGsはそのヒントとなる基準。 2015年に国連が定めた、「2030年までに世界が目指すべき持続可能な開発目標」の17項目を... 【詳細を見る】

【デジタル×地方の可能性】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822288889

本日ご紹介する一冊は、アクセンチュアの代表取締役社長、江川昌史(えがわ・あつし)さんとアクセンチュアビジネスコンサルティング本部マネジング・ディレクターの藤井篤之(ふじい・しげゆき)さんによる、未来予測本。 GDPからQoL(クオリティ・オブ・ライフ)へのシフト、サーキュラー・エコノミーの可能性、都市と地方の未来、AI時代の働き方など、さまざまな論点を、データをもとに論じています。 読んで楽し... 【詳細を見る】

【大投資家ジム・ロジャーズが語る未来】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4296105477

本日ご紹介する一冊は、世界的に有名な投資家のジム・ロジャーズ氏が、コロナ後の世界の変化と、そこに潜むリスク・チャンスを論じた一冊。 ジム・ロジャーズ氏と言えば、ジョージ・ソロス氏と共同で立ち上げ、驚異的リターンを上げたクォンタム・ファンドが有名ですが、ジム・ロジャーズ氏自身は、さまざまな国を旅する「冒険投資家」として、その見聞に支えられた予言が有名。 2019年から「2008年秋の... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー