2016年10月24日

『スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール』ケリー・マクゴニガル・著 vol.4478

【注目】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822230961

ビジネス書の仕事のおかげで、さまざまな業界のトップクラスの方にお会いする機会がありますが、聞けば聞くほど、成功とはマインドセットの問題なのではないか、と思えてきます。

なぜなら、一流になるのに、

・学歴、学力、IQは関係ない
・血縁、コネも関係ない
・下手すると経験も関係ない

からです。

ただ必要なのは、自分が自分の人生に影響を与えられると信じること。

奇しくも同じことを述べている本があったので、本日はそれをご紹介します。

本日の一冊は、大ベストセラー『スタンフォードの自分を変える教室』の著者、ケリー・マクゴニガルさんによる、注目の新刊『スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール』です。

※参考:『スタンフォードの自分を変える教室』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479793631

本書によると、能力・知性・才能が固定的であると信じる「固定的マインドセット」の人間よりも、変われると信じる「成長型マインドセット」の人間の方が、長期的に成功する傾向がある。

やはり、マインドセットは成功に影響を与えるのです。

また本書には、人間の成功や評価、幸福に関わる心理学的発見がいくつも紹介されており、読者に新たな知見をもたらしてくれます。

いくつか、気になったポイントを見て行きましょう。

———————————————–

仕事量を減らせば幸せになれると思っていたこと、これこそが問題だったのです。実は、これはよくある誤解です。米シカゴ大学と中国の上海交通大学の研究によると、たとえ本人が望む以上に強制的に忙しくさせられていたとしても、人間は忙しい方が幸せに感じるそうです。多くの人は、忙しくない方が幸せだと信じていますが、真実はその逆なのです

電話や手の中に入る小さな機器を使って仕事をすると、それを使う時の姿勢が窮屈で閉鎖的であるがゆえに、自信が持てなくなることまで、明らかになりました。大きなモニターのコンピューターを使って仕事をすると、逆の効果が表われました

ニセモノを身につけると不信感が生まれる

変わりたいと一番強く思っているモチベーションが後者3つのどれかに当てはまるなら、変われる可能性が高い
(1)生活の質を改善しますか?
(2)「なりたい人物像」を反映していますか?
(3)本質的にやりがいのあるもの、楽しいと思えるものですか?

誘惑に触れる前に、「大事なことを1つする」

本当のトラウマ(心的外傷)を経験されている人、例えば、犯罪の被害者であったり、愛する人を亡くしたりして、大きなストレスを経験する人はいます。彼らが本当に前に向かっていくためには、「自分の経験を考えないようにすること」は、何の助けにもならないことが、様々な研究で明らかになっています。そのことについて考えないようにし、逃避していると、「自滅行動」につながってしまうことが多いのです

前に進むための力というのは、この「意図的反芻」から生まれます。
大事なのは、何かが起きた時に、「なぜ私にこんなことが起きたのか」と考えるのではなく、「何のために起きたのか」と考えるのです。「なぜ」ではなく「何のために」と考える。これこそが、「成長思考」です

リーダーシップには二面性があることが分かりました。人を見下す傾向にある人、優しく思いやりを示す人、どちらも素晴らしいリーダーの素質があるという結果でした

「自分が倫理的なことを実際に行った」と感じる時、人は非倫理的な行動を取りやすくなります

疲れがたまり意志が弱くなると、小さなウソをつきやすくなる

昇進・出世したら、「共感力が下がる」と知る

———————————————–

人間は「忙しい」方が幸せを感じるという話や、「広がりのある空間」が大きなことを考えるマインドセットにつながるという話、「不安こそが、私たちを頑張らせてくれる」という話など、知っておくべき心理学の雑学がびっしり詰まっています。

外見はハード(カバー)ですが、中身はソフトなのが、この著者の良いところ。

今回も、ためになりました。ぜひチェックしてみてください。

———————————————–


『スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール』ケリー・マクゴニガル・著 日経BP社

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822230961/

<Kindleで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01LX3I15M/

<楽天ブックスで購入する>
http://bit.ly/2e3job4

———————————————–

◆目次◆

第1章 成功を、どう引き寄せるか
第2章 人間関係を、どう築くか
第3章 やる気(モチベーション)を、どう出すか
第4章 マイナス(負)の感情・状況に、どう対処するか
第5章 ストレスを、どう力に変えるか
第6章 リーダーシップを、どう育てるか

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー