http://tinyurl.com/5x2y5 本日の一冊は、今話題の起業家21人が、J-WAVEの人気ラジオ番組、「MAKE IT 21」に語った内容をまとめたものです。 一人あたり約10ページということで、決してボリュームは大きくはありませんが、それぞれの成功の要諦や考え方が示されています。 どんな方が出ているのかは、■目次■ を見てもらうことにして、ここでは、気になったお話をピックアップしてみましょう。 -------------------------- ■ 本日の赤ペンチェック  -------------------------- 人というのは年を重ね、いろいろな本を読み、... 【詳細を見る】

http://tinyurl.com/4hohf 本日の一冊は、あの世界最大級のプライベートエクイティファンド、カーライル・グループが買収したことで話題になった、ウィルコム(旧DDIポケット)に関する本です。 勢力地図が頻繁に書き換えられる情報通信業界において、PHSのウィルコムがなぜ、ルイス・ガースナー率いる常勝ファンドに注目されたのか、そのロジックと裏舞台に迫った力作です。 内容が内容だけに、ちょっと引用で紹介するのは無理があるのですが、何とか概要だけ、お伝えするようにします。 ------------------------- ■ 本日の赤ペンチェック  -------------... 【詳細を見る】

http://tinyurl.com/3rafm 本日の一冊は、そのジェイ・エイブラハムの手法を実践して成果を上げたという著者が、お金も手間もかけずに顧客を集める、効果的なDMの書き方を指南した一冊です。 最近のDMは、反応率アップを狙って、高価な封筒、豪華なデザインでアピールするものが多いのですが、そんな中、あえて普通の社用封筒、コピー用紙を使って反応率をアップさせるテクニックを論じたのがこの一冊です。 著者は、元公認会計士で、夢の実現のために、まったく畑違いの仕事をスタート。この本に書いてあるDMの手法だけで5000件以上の見込み客を集め、200件以上の法人顧客を獲得したDMの達人。... 【詳細を見る】

http://www.jmca.net/booky/genri/top1.html 本日の一冊は、その『成長するものだけが生き残る』のもととなった、上原春男さんのバイブル書、『成長の原理』そのものです。 ※参考:『成長するものだけが生き残る』 http://tinyurl.com/52ody この本は、もともと同名で日刊工業新聞社から1989年に出されていた内容をベースに、「企業の成長」に的を絞った一冊として、1996年に日本経営合理化協会から出版されました。 内容は、『成長するものだけが生き残る』よりも、「成長の5つの原理」に関する解説が詳しく、ビジネス寄りで、かつエピソードに富んで... 【詳細を見る】

http://tinyurl.com/64w29 本日の一冊は、古今東西の名言・格言を発掘・収集し続けているというライター・作家・編集者のグループ「名言発掘研究会」による一冊です。 とくに、ビジネスや人生に役立つ名言をピックアップし、見開き2ページで、名言が生まれたバックグラウンドや、発した人のプロフィールつきで紹介ています。 どんな名言が収められているのか、さっそく見て行きましょう。 -------------------------- ■ 本日の赤ペンチェック  -------------------------- ピラミッドは頂上から作られはしない。 (ロマン・ロラン) すべて意... 【詳細を見る】

http://tinyurl.com/3qyk3 本日の一冊は、以前に土井が「名著募集」した時に、Sさんという著者の方にご紹介いただいたものです。 新渡戸稲造の『武士道』、岡倉天心の『茶の本』同様、日本人が海外に向けて日本の文化・思想を紹介した著作で、著者は内村鑑三。約100年の間、読み継がれている名著です。 ※参考:『武士道』 http://tinyurl.com/4zj48 ※参考:『茶の本』 http://tinyurl.com/3tmvw 西郷隆盛、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮上人といった人物を紹介し、その偉業と人間性について考察しています。 それぞれの人物が遺した教... 【詳細を見る】

http://tinyurl.com/7ynac 本日の一冊は、セブン-イレブン・ジャパン会長、鈴木敏文さんのモノの見方、考え方を、ジャーナリストがわかりやすくまとめたものです。 ご存知の通り、鈴木敏文さんは、統計学と心理学をベースとした、鋭い洞察で知られる方で、実業でも卓越した業績を残しています。 本書では、その鈴木さんの洞察を、仕事のウソと真実、という形で計75項目、味わうことができます。 基本的に、ジャーナリストやライターが書いたビジネス書はあまり読まないことにしているのですが、以前に出された、『鈴木敏文の「統計心理学」』と同じジャーナリストが書いており、前作もなかなか良かったの... 【詳細を見る】

http://tinyurl.com/43bmd 本日の一冊は、本田宗一郎を経営面で支えた名経営者、藤沢武夫さんにによる半生の記録です。 気難しい技術屋、本田宗一郎を活かすために、歴史に残る名ナンバーツー、藤沢武夫はどう考え、どう行動したのか。 人を活かす経営の真髄、そしてナンバーツーの行き方を見せてくれる、そんないぶし銀の一冊です。 数多くのエピソードと名言のなかから、いくつかピックアップしてみましょう。 ------------------------- ■ 本日の赤ペンチェック  ------------------------- 大きな夢を持っている人の、その夢を実現する橋がつ... 【詳細を見る】

今日はいよいよ、第2回の「ビジネス・ブック・マラソン大賞」の発表です! 最近の100冊のなかから、土井がいい内容だと思ったものを選び、 そのなかから、実際に売れたものをピックアップいたします。 受賞おめでとうございます! <<第2回BBM大賞トップ10タイトルはこちら>> 第1位 『45万人を変えた デーリー先生の「話し方」コーチング』

著者はデール・カーネギーの話し方講座を受講しており、その道のプロフェッショナルとしてキャリアを重ねた人物。人前で上手に話すための心構えやノウハウ、そしてセールス、プレゼン、... 【詳細を見る】

http://tinyurl.com/3qtoj 本日の一冊は、『パーミションマーケティング』の翻訳で一躍有名になった、阪本啓一さんによる、スロー・ビジネスのすすめです。 ※参考:『パーミションマーケティング』 http://tinyurl.com/48g63 いかに現代のビジネスが頭でっかちで顧客の視点から乖離しているか、さまざまな事例を紹介しながら説明しています。 事例のなかには、吸引しない掃除機や、長さが足りないブラインド、お問い合わせ先がなかなか見つからないオンライン書店も含まれています。 生活者発想のモノづくりやサービスの実現のために何が必要なのか、著者の主張に耳を傾けてみ... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー

    2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31