http://tinyurl.com/5gk9o 本日の一冊は、地下経済分析の第一人者、門倉貴史さんによる、注目の中国経済分析です。 表向きの情報だけでは判断しかねる状況だけに、著者による中国経済分析には期待が持てます。 「オール図説スタイル」ということで、大変見やすくまとめられているのですが、中身の充実度はどうでしょうか。 さっそく、ポイントを見てみましょう。 ----------------------------------------  本日の赤ペンチェック ※本文より抜粋 ---------------------------------------- 中国経済が抱える問題点... 【詳細を見る】

http://tinyurl.com/3qxfu 本日の一冊は、「絞り込むこと」の重要性をあらためて認識させてくれる、マーケティング本です。 表紙の外国人女性は、まったくもって意味不明ですが(笑)、ひょっとしたら、「金髪趣味はマイナーだけど、高いロイヤリティと付加価値が期待できる」という意味なのかもしれません。 あまりに軽いタッチと薄さのため、最初は手に取るのをためらっていたのですが、なかなかおもしろい視点が示されています。 さっそく、そのポイントをご紹介しましょう。 ------------------------------------------  本日の赤ペンチェック ※本文よ... 【詳細を見る】

http://tinyurl.com/4dtvt 本日の一冊は、かつてOエス出版の辣腕編集長だったTさんが、Kナリア書房に移って出された、渾身の(?)一冊です。 一応フィクションの体裁をとっており、ストーリー的には、「夫の遺産を受け継いだモチダ婆さんの、資産運用をめぐる旅の話」だそうです。 この本のおもしろいところは、モチダ婆さんの話を通して、資産運用のカラクリや落とし穴に気づかせてくれるところです。登場する企業名や雑誌名も、一応伏せてはいるものの、明らかにわかってしまうものばかり、という点が笑わせてくれます。 企業名であれば、「ツティバンク」、媒体名であれば、「マネープラスマイナス」... 【詳細を見る】

http://tinyurl.com/4m2ex 本日の一冊は、企業が何をすべきか、そして何をすべきでないのかといった、まさに戦略論の本質的な問題に、「資源」という切り口から解答を与えた、注目の論考です。 著者のデビッド・J・コリスとシンシア・A・モンゴメリーは、ハーバードで教鞭を取っており、本書にはその授業のエッセンスが盛り込まれています。 これまでに論じられてきた戦略論の基礎や変遷もきちんとおさえている、非常に親切な本です。事例も豊富で具体的なため、とても良質な教科書です。 伝統的な戦略論の記述は極力省いた上で、ポイントと思われるところをいくつかピックアップしてみました。 ----... 【詳細を見る】

http://tinyurl.com/44j69 本日の一冊は、タイトルどおり、儲かる手書きチラシの書き方を述べた本です。 著者は、福島県のいわき市で、「すし八」という回転寿司店を経営している出村邦彦さん。チラシで飛躍的に売上を伸ばし、神田昌典さんや小阪裕司さんの本でも紹介されたという人物です。 この手の本は数多くあるのですが、本書にチラシメソッドに違いがあるとしたら、それは「とてつもなくきたない」ことでしょう。 そう、本書で紹介されているチラシの字は、お世辞にもうまいとは言えません。いや、はっきりいって「きたない」のです。 ところが、フタを開けてみると、このチラシがじつに儲かってい... 【詳細を見る】

http://tinyurl.com/5yjvz 本日の一冊は、日本中の中年男性から熱い支持を受けている、累計500万部のうんちくマンガ「BARレモンハート」の会計入門編です。 「BARレモンハート」のマスター、ライターの松ちゃん、いつも鋭い質問をする常連のメガネさん、そして公認会計士の奥山さんの話を読んでいるうちに、公認会計士の仕事や具体的な監査の方法、減損会計、株式公開の手順など、さまざまな知識が得られる、優れもののマンガです。 とくに、会計士が監査を行なう手順や、減損会計と時価評価の違いなどは、巧みな例を用いることで、疑問を氷解してくれます。 では、具体的にどんなことが学べるのか... 【詳細を見る】

http://tinyurl.com/5sqc3 本日の一冊は、木村剛さんによる、久々の本格的な資産運用関連本(?)です。 (?)と書いたのは、これがただの資産運用本ではないからです。 大ベストセラーとなった『投資戦略の発想法』は、投資で必要な心構えや基礎知識を説いたものですが、今回は「そもそもお金とは何か」といった本質論を、世界経済の歴史や現状から紐解いています。 もちろん、投資に関する基礎知識も登場しますが、最大の読みどころは、豊かに生きるうえで必要なお金との付き合い方、そしてお金がなくても豊かに生きるための自己投資や、パーソナルブランディングの部分でしょう。 自らも起業して成功... 【詳細を見る】

http://tinyurl.com/3uphv 本日の一冊は、世界中の名立たる経営者や学者、コンサルタントなどの言葉を集めた、珠玉の名言集です。 ドラッカー、ポーター、マズローなどの学者から、ウェルチ、デル、稲盛和夫などの名経営者まで、全部で100の名言を集め、解説を加えています。名言が登場する書籍の概要も若干盛り込まれているので、ビジネス界の著名人のうんちく本としては価値があります。 選んでいる人物は基本的に王道ながら、なかなか渋い顔ぶれです。さすがは日本経団連出版、といったところでしょうか。 では、具体的にどんな人物のどんな名言が収録されているのか。さっそく見ていきましょう。 -... 【詳細を見る】

この「ビジネス・ブック・マラソン」もおかげさまで100号を突破 いたしました。 ということで突然ですが、これまでにご紹介した100冊の中から、 厳選したベスト10を本日、一挙にご紹介いたします! 選書の基準は、土井が優れた本だと思った本のなかから、メルマ ガで売れた順にランク付けする、というものです。 受賞おめでとうございます! <<第1回BBM大賞トップ10タイトルはこちら>> 第1位 『コリン・ローズの加速学習法実践テキスト』 「加速学習」のためのテキストブック。脳科学の研究成果に基づく、効果的な学習... 【詳細を見る】

http://tinyurl.com/62tu7 本日の一冊は、あのセールスの古典的名著、『私はどうして販売外交に成功したか』と並び称される、有名な一冊です。 参考:『私はどうして販売外交に成功したか』 http://tinyurl.com/5lafn 原書は1953年に書かれており、日本ではダイヤモンド社が『販売は断られた時から始まる』のタイトルで1964年に発行。いったん途絶えたものを、改訂復刻したのが本書『営業は断られた時から始まる』です。 正直、『私はどうして販売外交に成功したか』には及ばないものの、人間に対する洞察やセールスのテクニック、そしてユーモアは、一読の価値があります... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー