【堅実な株式投資の鉄則】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/456985091X 本日ご紹介する一冊は、チャンネル登録者数15万人の投資系YouTuber、上岡正明さんによる、投資指南本。 株式投資における、再現性の高い「鉄則」を記述したもので、内容は景気の見方から銘柄選定、投資の心理学まで多岐にわたっています。 奇をてらった内容ではありませんが、米国株の法則やセクターダイヤグラムで循環を考える方法、ヒンデンブルグの予兆などは、ある程度経験のある個人投資家でも、知らない人は多いのではないでしょうか。 著者は、株式投... 【詳細を見る】

【必読の株本。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/447811482X 本日ご紹介する一冊は、ひさびさにワクワクする株式投資本。 著者は、中学2年から数えて専業投資家歴30年以上、就職経験もアルバイト経験もなしで、累計利益4.5億円超を達成した、かぶ1000さんです。 個人投資家の間で絶大な人気を誇る名物投資家で、著者のTwitterフォロワー数は、2021年12月現在で16.6万人を超えています。 株系の著者は、セキュリティ上の問題もあり、ペンネームの方が多くて見極めるのが大変なのですが、この方は恐らく本物です... 【詳細を見る】

【800万ドルの資産を作った清掃員の秘密?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478114137

本日ご紹介する一冊は、2020年秋に米国で刊行されるとたちまち43カ国で翻訳、全世界累計70万部を突破した、『The Psychology of Money』の邦訳。 ※参考:『The Psychology of Money』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0857199099 著者のモーガン・ハウセルは、ベンチャーキャピ... 【詳細を見る】

【これ一冊で中国の消費が見える】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4833424304

本日の一冊は、欧米系PR会社を経て、電通マクギャリーボウエン・チャイナのグループ・アカウント・ディレクター、中国のマーット通として知られる著者が、中国市場の観察から見えてきた、新時代の消費を論じた一冊。 ECでしのぎを削る各社の動向や、中国におけるインフルエンサーの影響、インフルエンサーを束ねるMCN(新世代芸能事務所)の存在、メーカーが目指す新時代のモノづくり…。 停滞ニッポンを尻目に... 【詳細を見る】

【カリスマが予言する「ミラーワールド」とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569850502

本日ご紹介する一冊は、雑誌『WIRED』の共同設立者・創刊編集長であり、ビジョナリー(予見者)として知られる、ケヴィン・ケリー氏による注目の論考。 インターネットが商用化されてから5000日後、ソーシャルメディアが出てきて、さらに5000日経ったところに現在、われわれがいるわけですが、本書は、これから5000日後の世界がどうなるか、その変容を予言した内容です。 すべてのもの... 【詳細を見る】

【投資のヒントに】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532359074

本日ご紹介する一冊は、起業家、投資家、教育者として活躍中の、レオス・キャピタルワークス代表取締役会長兼社長、藤野英人さんによる新刊。 著者が考える2040年のメガトレンドと、そこにまつわる起業・投資チャンスについて述べており、投資家は必読の内容です。 注目なのは、このメガトレンドを先取りしている例として、氏が実際に投資しているベンチャー企業の例が詳しく紹介されていること。 「空からのデータ」を、... 【詳細を見る】

【藤野英人氏推薦!の株の本】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4815610835

本日ご紹介する一冊は、日本人でありながら外資系ヘッジファンドに20年在籍するというレアなキャリアを持ち、東大で金融研究会も主宰する、伊藤潤一さんによる株の実践書。 藤野英人さんが推薦ということで、注目して読んでみましたが、これは個人投資家目線で見ても面白い一冊です。 昔、全米No.1ファンドマネジャーと呼ばれたピーター・リンチが、著書『株で勝つ』のなかで、「ピーター・リンチや他のプロが買って... 【詳細を見る】

【これはユニーク。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4065219507

本日ご紹介する一冊は、元ギリシャ財務大臣にして、ベストセラー『父が娘に語る美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』の著者、ヤニス・バルファキス氏による注目の新刊。 ※参考:『父が娘に語る美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478105510 今回は、資本主義なきあとの世界を... 【詳細を見る】

【「制作過程」を売る経済】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344038339

本日ご紹介する一冊は、フューチャリスト、ベストセラー作家の尾原和啓さんが、プロセスを売る、新しいマーケティングの法則を説いた注目の新刊。 完成品ではなく、「制作過程(プロセス)」を売ることでビジネスをするという、新たな潮流を捉えたもので、いくつか事例も紹介されています。 簡単に模倣され、かつ競争が激しい時代には、コピーできない「プロセス」を売るマーケティングが有効。 コンセプトの始まりは... 【詳細を見る】

【小学3年生にもわかる経済入門】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797387262

本日ご紹介する一冊は、シカゴ大学MBA、ウォートン・スクール年金・キャッシュマネジメントコース修了を経て、中央信託銀行(現・三井住友信託銀行)、外資系保険会社、デロイト・トーマツの年金、資産運用部門パートナーとしてキャリアを積んだ著者が、小学生向けに経済を解説した一冊。 大人になって普通に働いていても、きちんと学ばないと、経済の詳しいしくみはよくわからないもの。 その点本書は、小学3年生... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー