2008年1月23日

『33人の否常識』グループ・オブ33 セス・ゴーディン・著、宝利桃子・訳

【豪華執筆陣33名による成功の秘訣】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4877712283

本日の一冊は、カリスママーケターとして知られるセス・ゴーディンが、著名なビジネスリーダー・作家である同志たちとともに、誰がどこを書くともなくまとめた一冊。

計33人のグルが、決してオムニバス形式でお茶を濁すことなく、それぞれの思想をまとめ、キャリア・ビジネス成功の秘訣をアドバイスしています。

登場する作家は、元マッキンゼーのカリスマコンサルタント、トム
・ピーターズ、ベストセラー『急に売れ始めるにはワケがある』の
著者、マルコム・グラッドウェル、マッキントッシュを成功に導い
たガイ・カワサキなど。

※参考:『急に売れ始めるにはワケがある』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797338121/

内容は、自己啓発書にしては事業寄りで、マーケティング、商品開
発、キャリアのヒントとして活用できそうです。

たとえば、辺鄙な場所にいるほど実験ができ、活躍の場が広がる、
という主張や、「椅子取りゲームで勝つには、椅子の数が多いほど
時間がかかる」という原則。

これから就職活動、配属を控えた方にとっては、大いに参考にすべ
き点ではないでしょうか。

また、商品開発、マーケティングに携わる人にとっては、ネーミン
グの重要性や常識破りの発想をする方法が参考になるでしょう。

もっと詳しくテクニックを知りたい、という人には不適ですが、読
んでいてなかなか面白い本です。ぜひ読んでみてください。

————————————————————
▼ 本日の赤ペンチェック ▼
————————————————————

何かが常識破りであるかどうかは、自分が決めることではない。そ
れはあくまでも、消費者が決める問題だ

答えは、いたって基本的だ。過剰な誇大宣伝をやめ、噂になるよう
な商品を作り出す。これに尽きる

椅子取りゲームで勝つには、椅子の数が多いほど時間がかかる。幸
い、成長著しい企業を選んだおかげで、私はスキルとキャリアを磨
くことができたのだ

現状に適応する者は、後々頭角を現すことはない

実際には、ニュートンは微積分法や錬金術の研究にはるかに時間を
割いたのに、なぜ重力を発見した人物として有名なのか。重力を命
名したからである

大義を持て。でなければ、何も持つな

自分が望む道に進むには、勇気がいる。世の中には、多くの他者が、
たくさんの違う道を用意してくれているからだ

自ら萎縮して、偉大さへの道を狭めてはいけない

技術革新によって、今まで依存してきた型が崩れそうになったとき、
泣き言を並べても生き残れない。業界を根底から覆してしまうほう
が、はるかに生産的なのだ

効率は大事だ。ただ、とらえる時間枠が短すぎる

これまでは、辺鄙な部署に飛ばされると仕事人生の危機とされた。
しかし今は、意義ある革新に参加する機会となる可能性が高い(中
略)辺縁にいれば、実験ができる。辺縁でこそ、新しいアイデアが
生まれ、それらを検証、実験、改良できるのだ。成功すれば、いつ
でも成果を本部にフィードバックできる

新しいアイデアなどこの世に存在しない。これは確固たる真実だ。
あるとすれば、新たな応用と、巧みに工夫した古いアイデアだ

変化に賭けることこそ、いつでも一番安全な賭けである

成功の秘訣は、偉大なアイデアを他の市場や業界から自分の市場や
業界に持ち込むことである

真に常識破りな企業は、決して顧客との接点を失わない

————————————————
『33人の否常識』グループ・オブ33 セス・ゴーディン・著、宝利桃子・訳
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4877712283
————————————————

◆目次◆

※多すぎるので省略します

この書評に関連度が高い書評

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー