2008年1月19日

『研修女王の最強3分スピーチ』大串亜由美・著

【研修の達人が教える話し方】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478003173

本日の一冊は、日本ヒューレット・パッカードの採用・教育担当を14年間務め、現在は年間250日以上の企業研修を8年連続でこなす「研修女王」大串亜由美さんが、そのスピーチの秘訣を公開した一冊。

シャネルや虎屋、フェラガモ、日本オラクルなど、数々の一流企業で研修実績を持つ著者が、そのノウハウを惜しみなく出した、注目のマニュアル書です。

内容は、スピーチの心構えにはじまり、効果的なアイスブレイクの
方法と型、心に残るスピーチの条件、話をシンプルにするコツまで、
かなり突っ込んで解説しています。

既にご存じの方も多いと思いますが、話というのは、順番や構成次
第で聞いてもらえたり、もらえなかったりするもの。

たとえそれが学会だろうが、株主総会だろうが、社会の会議だろう
が、聞いてもらえるに越したことはありません。

しっかり聞いてもらい、かつ相手に感銘を受ける話し方を身につけ
れば、社会人としての活躍の場が広がりますが、本書はそのスキル
を身につけるのにうってつけの一冊。

「話し方」の基礎が、きちんと体系化されているほか、付属CDの
サンプルスピーチで、朝礼からパーティの挨拶、結婚式のスピーチ
まで、ひと通り実践のためのトレーニングも体験できます。

この内容で1500円ですから、これは間違いなく「買い」でしょう。

人前で堂々と話せるようになるために、また人に感銘を与える話が
できるようになるために、ぜひ読んでおきたい一冊です。

————————————————————
▼ 本日の赤ペンチェック ▼
————————————————————

うまく話すことより、聞き手に「今日のひと言」「大事な1つめ」
をしっかり持って帰ってもらうことに専念しましょう

◆アプローチの言葉
・相手の好きそうな言葉を探してみる
・相手に近づけるひと言を探す
・前回のことを思い出す

◆心に残るスピーチ、また聞きたいと思うスピーチの条件 ※一部紹介
・話のポイントが絞れていて、わかりやすい
・説得力のある事例・データ、「そういうこと、あるある!」と
 思えるエピソードが盛り込まれている
・ユーモアがあって、話のテンポがいい
・「明日からやってみよう」「あの人にも教えたい」と思える
 コンテンツがある

◆オープニングの基本構成
[挨拶]⇒[名乗り]⇒[アイスブレイク]⇒[自己紹介]⇒[予告]

◆アイスブレイクのパターン ※一部紹介
・小道具を用意する ・質問する ・聴衆の1人に声をかける
・相手の「いいところ」「もっと伸ばせるところ」から入る

オープングの間は、決して手もとの原稿やメモを見ないこと

ものすごく準備するけれど”台本どおり”にはしない

自分が言いたいことを整理するのではなく、相手の「疑問」「質
問」で話を組み立てる

聞き手との間に「絵」を描く

◆話をシンプルにするコツ
・「。」で短く言い切る
・無駄な接続詞を飲み込む
・相手の知っている言葉で話す

◆聞いてもらえる「話し方」の3つのコツ
・「前置き」改革(マイナスの前置きはグッと飲み込む)
・ボキャブラリー改革(前向きな表現)
・「マイナス BUT プラス」話法

————————————————
『研修女王の最強3分スピーチ』大串亜由美・著
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478003173
————————————————

◆目次◆

オープニング・メッセージ
女王の教室へようこそ
本番3分前の応急スキル
人前で3分話せるかどうかで、人生が変わる!
30秒の「オープニング」と15秒の「クロージング」で聞き手を動かす
聞き手をグッと惹きつける「コンテンツ」の組み立て方
見た目と話し方の「デリバリースキル」で9割決まる!
「3分」を制すれば、1対1の商談も1時間のプレゼンもうまくいく!
【最強CD付き】今日からそのまま使える!
研修女王「脚本・主演・演出」3分スピーチ集
クロージング・メッセージ

この書評に関連度が高い書評

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー