2008年1月21日

『世界一愚かなお金持ち、日本人』マダム・ホー・著

【お金持ちの「3種の神器」とは?】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887596138

先週末、株価が暴落しました。土井は以前から周囲の方に警告していましたが、やはり懸念していた通りの展開になっています。

日本人のお金リテラシーのなさにはほとほとあきれ果ててしまいますね。

本日の一冊は、20代で1億円の資産を築き、現在アメリカに100の不動産を持つ大富豪、マダム・ホーさんによる注目の新書。

アメリカで多くのユダヤ人大富豪と関わり、華僑大富豪の夫を持つ
著者が、ユダヤと華僑、日本人のお金リテラシーの違いを説いた、
じつに興味深いお金の比較文化論です。

アメリカの有名人や政治家がどうやって資産を築いているのか、な
ぜダイヤモンドの指輪よりバーガーキングを買うべきなのか、お金
持ちがもつべき「3種の神器」とは何なのか…。

資産を増やすための具体的な考え方と方法論が書かれており、目か
らうろこが落ちること間違いなし。「お金で買えるものと買えない
もの」と題した作者不明の詩も読んでいて感慨深いものがあります。

勝間和代さんの『お金は銀行に預けるな』が外資系金融エリートバ
ージョンだとすれば、こちらはユダヤ、華僑の大富豪バージョン。

※参考:『お金は銀行に預けるな』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/433403425X/

この2冊が店頭に並んだら、少しは日本人のお金に対する意識も変
わるかもしれませんね。

賢明なBBM読者のみなさんは、ぜひ読んでみてください。

————————————————————
▼ 本日の赤ペンチェック ▼
————————————————————

「日本人は不安になると貯金をし、アメリカ人は不安になると大学
院へ戻る」

本物のお金持ちは、人間同士の「信用」を一生涯の財産とします

マクドナルドはハンバーガーを売って儲けているのですが、実はハ
ンバーガーの販売収入以外にも、不動産でも多くの収入を得ている

◆著者がマクドナルド購入失敗の経験から学んだこと
1.たいまつは自分で持て
2.お金がからむと、人は変わる
3.借りをつくるより貸しをつくれ

人がビジネスや投資で失敗するのは、感情的になって判断を誤るとき

夫はジョーとの苦い経験から、ダイヤモンドの婚約指輪を買うより、
二人の将来のためにバーガーキングを持ちたいと考えていた

「若いときに流さなかった汗は、老いてから涙となって返ってくる」
(鍵山秀三郎『人間を磨く言葉』より)

「お金の問題はお金が解決してくれる」

経済的窮地におちいると、もともとあった「お金以外の問題」が表面化する

◆学生の頃から気の合う仲間や友人と投資をするメリット
1.異性に無駄金を使わず、自己投資する
2.できるだけ若いときから、「友情とビジネスは別」を体験する
3.できるだけ若いときから、生涯のビジネスパートナーになる仲
  間を見つける
4.とにかく「タネ銭」を若いときから貯める

アメリカでは「貧乏人は宝くじを買い、お金持ちは株を買う」とい
う比喩があります

その国の政治家たちが「何で儲けているか?」を知り、かれらと同
じ方法でお金をつくっていくのが一番賢い

自分の出身国やふるさとを堂々と言えない人は、一般的に信用できません

ドイツ車の「ボトム・オブ・ザ・ライン」(たとえばメルセデスの
AクラスやBMWの3シリーズ)を買ってはいけません。これを買
うと見栄っ張りとレッテルを張られてしまう可能性があります

————————————————
『世界一愚かなお金持ち、日本人』マダム・ホー・著
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887596138
————————————————

◆目次◆

第1章 貯めこむばかりの日本人、借りてでもふやすアメリカ人
1.お金との付き合い方が変わりつつある
2.日本人は「世界一愚かなお金持ち」
3.世界の富裕層や有力企業は、本業以外で資産をふやす

第2章 20代で1億つくった私の方法
1.「マクドナルドの店舗オーナーになりたい!」
2.マクドナルドの経験から学んだこと
3.ダイヤモンドよりバーガーキング~
4.父の介護と初めての経済的ピンチ
5.「そなえよ、常に」→貧乏生活から学んだこと
6.成功する投資家になるための3つの条件
7.はじめての不動産投資
8.アメリカの投資家に学ぶ資産運用のセオリー

第3章 アメリカと中国華僑に学ぶ「投資の掟」
1.投資を決める判断基準は、「資産価値があるか否か」
2.自分に適した投資方法を検討する
3.日本の銀行は「キャッシュと人脈」を重視する
4.中国系銀行は「人相」で相手を判断する
5.“クレジット社会”アメリカは「返済の実績」で融資を決める

第4章 「本物のお金持ち」になる人の黄金法則
1.パートナーや仕事仲間の見つけ方
2.甘い言葉にダマされない! 付き合う相手を見きわめる技術
3.信用を演出する「お金持ちの三種の神器」(持ち物編)
4.知識武装するための「お金持ちの三種の神器」(プロ集団編)
5.本物のお金持ちになるための「賢いお金との付き合い方」
6.本物のお金持ちになるための「心の法則」

この書評に関連度が高い書評

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー