【「礼節」が生産性を上げる】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492046496

本日ご紹介する一冊は、グーグル、ピクサー、国際連合、世界銀行などで講演・コンサルティング活動を行う、ジョージタウン大学マクドノー・スクール・オブ・ビジネス准教授、クリスティーン・ポラスによる注目の一冊。 「礼節」とは、随分とまた正統派のテーマですが、本書では、リーダーが礼節を欠く職場の問題点を述べた後、礼節がいかにして生産性の向上をもたらすのか、そのメカニズムを述べています。 後半では、読者... 【詳細を見る】

【帝国データバンク、東京商工リサーチ協力の決定版】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4296103326

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」。 これは、ビスマルクの言葉とされていますが、実際にビスマルクが語ったのは、「愚者は自分の経験に学び、賢者は他人の経験に学ぶ」ということだったそうです。 本日ご紹介する一冊は、日本の倒産の2大リサーチ機関、帝国データバンクと東京商工リサーチ協力による、倒産研究本。 <平成の30年間で倒産した中堅・中小企業24社の事例分析から、... 【詳細を見る】

【これぞ脱サラ就農の教科書】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4833423200

ビジネスの基本は「需要と供給」ですが、そういう意味で今、急激に需要が増えている「観光」、急激に供給が減っている「農業」に注目しています。 需要が増えるビジネスには華がありますが、競合が多い分勝つのは難しい。 供給が減るビジネスは地味ですが、競合が減っているので、その分勝つのは容易です。 本日ご紹介する一冊は、現在急激に供給が減っている「農業」ビジネスへの参入を促す一冊。 今、農業... 【詳細を見る】

【好著。人生を変える自己認識の力】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4862762700

戦略の本質が、ビジョン(理想)と現実をつなぐものだとすると、戦略家に求められる資質は、おそらく「現実を正しく理解すること」でしょう。 マーケティングの世界でたくさんの成功者を輩出しているP&Gが、マーケティングリサーチを重視しているのも、おそらく偶然ではないはずです。 本日ご紹介する一冊は、自分にとっての「現実」を正しく理解する力(=自己認識の力)を高める方法を説いた、注目の一冊。 ... 【詳細を見る】

【勝ち続けるコンテンツ企業】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4105071211

本日ご紹介する一冊は、フェイスブック、アマゾン、グーグルと共に「FANG」と呼ばれる超注目企業、ネットフリックスの創業物語。 著者のジーナ・キーティングはフリーランスの経済ジャーナリストで、米UPI通信、英ロイター通信に記者として在籍し、10年以上にわたってメディア業界、法曹界、政界を担当してきた人物。 本書が処女作ということですが、丹念な取材、読ませる文章、これは今後が期待できるノンフィク... 【詳細を見る】

【手間がかからず年収1000万円を狙える副業とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4866800399

昔、雑誌のライターをやっていて、ゲラの校正に追われていた時、カメラマンさんにこんなことを言われました。 「ライターは大変だねー。カメラも機材とかあって大変だけど、手離れがいいからねー」 「手離れ」。 そんな言葉を聞いたのはこれが初めてでしたが、後々仕事をしていくにあたり、この「手離れ」を意識するようになりました。 そう。書く仕事は、校了までクオリティを上げ... 【詳細を見る】

【2カ月連続上場。50の新規事業を作った働き方】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478107610

本日ご紹介する一冊は、2018年4月にブティックス株式会社を、5月にラクスル株式会社を2カ月連続上場、これまでに計50の新規事業を立ち上げてきたという新規事業開発のプロ、守屋実さんによる、注目の一冊。 とはいっても、新規事業開発のノウハウ書ではありません。 冒頭に、「会社のプロから、仕事のプロへ。」とあるように、仕事の姿勢やスタイル、働き方に関する内容で、これからの時代の... 【詳細を見る】

【絶対に「買い」です(笑)】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344034635

本日ご紹介する一冊は、即現金化アプリ「CASH」を70億円で売却して話題となった稀代の起業家、光本勇介さんと幻冬舎・箕輪厚介さんによる、壮大な社会実験本。 土井は本書を、紀伊國屋書店梅田店で買ったのですが、まず何が驚いたって、その価格。 単行本なのに「390円(税別)」。 一瞬レジで頭が「は?」と真っ白になりました。 手に取った時は、「随分薄っぺらい本だなあ」と思っていたのが、「... 【詳細を見る】

【ひとり社長の仕事術】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756920195

本日ご紹介する一冊は、サラリーマン、年商150億円の会社経営、そして現在「ひとり社長」と、さまざまな経験をしてきた著者が、「ひとり社長」の稼ぎ方、働き方を指南した一冊。 これから「働き方改革」に伴う人手不足で、中小零細企業はどんどん淘汰されていくと思いますが、そのなかで注目されているのが、従業員なしで経営する「ひとり社長」です。 クラウドやアウトソーシングなどのサービスを上手に使ってスタッフ部門を... 【詳細を見る】

【農業改革の視点】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4562056134

日本再生のためには、各主要産業でイノベーションを起こすことが必須ですが、なかでも重要分野が、農業。 本日ご紹介する一冊は、船井総合研究所を経て、専業農家に転じたという異色の経歴の持ち主が、現場目線の農業改革を語った内容です。 現在、メディアで農業改革が語られる場合、「農業は手厚く保護すべき」派と「市場原理にまかせれば農業は強くなる」派に大きく分かれますが、著者によると、事はそんなに簡単ではありません。... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー