【人はなぜ贔屓するのか?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344986296

「これからもどうぞご贔屓(ひいき)に」 商売ではよく使われる言葉ですね。 本日ご紹介する一冊は、この「贔屓」の構造を、作家・宗教学者の島田裕巳さんが、豊富な事例とともに解説した一冊。 タイトルでわかった方も多いと思いますが、『「いき」の構造』(九鬼周造)、『「甘え」の構造』(土居健郎)に連なる論考で、なぜわれわれ人間が「贔屓」するのか、その意味と構造を説いた興味深い論考です。 商売... 【詳細を見る】

【リーダー必読の一冊】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478065896

本日ご紹介する一冊は、全米トップクラスのビジネススクール、スタンフォード大学GSB(経営大学院)の超人気講義を本にした一冊。 コーネル大学で心理学学士号(心理学)、ニューヨーク大学で修士号(ジャーナリズム)、イリノイ大学で博士号(心理学)を取得し、権力と組織行動を研究する著者が、リーダーに権力の使い方を指南したもので、これが面白くないわけがありません。 本書を読めば、なぜ民衆が政府に従わなくなるの... 【詳細を見る】

【微妙な日本語を完璧に。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396318065

本日ご紹介する一冊は、日本テレビのアナウンサーを経て、現在、タレント、ラジオパーソナリティ、ナレーター、MC、スポーツキャスター、ライターなど幅広く活動する上田まりえさんによる一冊。 TikTokで大人気の「上田まりえの日本語教室」を書籍化したもので、一問一答形式で、サクサク学べるのが特長です。 扱っているのは、間違いやすい、混同しやすい日本語表現。一時期流行った「正しいのはどっち?」形式で書... 【詳細を見る】

【文豪たちのうまい断り方、謝り方】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798063819

人間、人気がないうちはお願いする技術が大事ですが、有名になると今度は断ったり、謝ったりが重要になってくる。 それも、カドが立たないように、というのが難しい。 本日ご紹介する一冊は、文豪たちの「断謝離」(誤植ではありません)の技術を紹介した一冊。 締め切りを延ばして欲しい時、ギャラを上げて欲しい時、金の無心を断る時、謝る時、文豪たちがどんな手紙を書いたのか。 実際の手紙から、... 【詳細を見る】

【自分で考えて動ける人になるために】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4815607605

本日ご紹介する一冊は、120万部を超えるベストセラーとなり、映画化もされた、『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の著者、坪田信貴さんによる子育て本。 ※参考:『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048650955/ 子育ての本では... 【詳細を見る】

【ビジネスパーソン必読の書を田端信太郎氏が推薦】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4815608814

本日ご紹介する一冊は、リクルートでフリーマガジン「R25」を立ち上げ、その後ライブドアでlivedoorニュース統括、その後、コンデナスト・デジタルを経て、NHN Japan(現在のLINE)の執行役員を務めた田端信太郎さんが、ビジネスパーソンのための読書術を紹介した一冊。 いわゆる読書好きの目線とは異なっていますが、ビジネスで成功したい人がなぜ読書をすべきなのか、どう読むべき... 【詳細を見る】

【ワーケーションの可能性について。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4046052120

本日ご紹介する一冊は、「旅するように働く」のキャッチコピーで知られるようになった、「ワーケーション」に関する一冊。 著者は、東大法学部を卒業後、国内最大手の生命保険会社を経て、埼玉県本庄市の市議会議員に全国最年少で当選(当時)、その後、IBMビジネスコンサルティングサービス、PwCアドバイザリー合同会社等で戦略コンサルタントとしてスマートシティやIoT分野における政府・民間企業の戦略立案を... 【詳細を見る】

【「あなたを鍛える30個のケーススタディ】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569849636

本日ご紹介する一冊は、話題となった『ダークサイド・スキル』の著者であり、経営共創基盤(IGPI)パートナーの木村尚敬(きむら・なおのり)氏が、修羅場のくぐり抜け方を指南した、興味深い一冊。 ※参考:『ダークサイド・スキル』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532321514/ 解決するのが困難な、『修羅場のケーススタディ』を... 【詳細を見る】

【副業で人生を変えたい人に】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4295405388

本日ご紹介する一冊は、ネットショップに詳しい経営コンサルタントの竹内謙礼さんが、副業について述べた一冊。 最近は、サラリーマンの副業を認める企業が増えており、サラリーマンにとっては、安定収入を得ながらビジネスにチャレンジする絶好のチャンス。 とは言いながら、現実には挑戦する勇気、やる気が湧かなかったり、貧乏暇なしになって、かえって生活のバランスを崩してしまう…。 そうならないために、ど... 【詳細を見る】

【自分で考える子どもを育てるには】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334962394

「子どもの自立心を育てるにはどうすればいいのか?」 最近、教育の場で話題になっているテーマですよね。 実業界の要請もあり、自立心、起業家精神あふれる子どもの育成は、いまやこの国の未来を考える上で、最重要課題と言ってもいいでしょう。 本日ご紹介する一冊は、その子どもたちの自立心を育てる上で欠かせない、「問う力」を育てるための一冊。 マサチューセッツ工科大学(MIT)リーダーシ... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー