【もはやわからないでは済まされない】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492046224/a> 第一次産業革命、第二次産業革命が「資源を増やす」革命だったのに対し、第三次産業革命は、効率化することで「実質資源を増やす」方向に向かっています。 Uber、Airbnb等のシェアビジネスは、その最たる例と言っていいでしょう。 こんな時代に覇者となるのは、人々の日常から「複雑性」や「ストレス」を取り除くのに成功した企業。 それらの企業が共通して持っているのは、全体を統合して... 【詳細を見る】

【元LINE CEO森川亮の仕事術】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797395222/a> 本日ご紹介する一冊は、元LINE CEOで、現在はC Channel代表取締役社長として、2500万人のSNSファンを集める、森川亮さんによる仕事術。 最近、働き方改革のトレンドに乗っかって、さまざまな本が書かれていますが、これほどズバズバ無駄を省く方法を書いた本はないと思います。 まず、何よりこの本自体に無駄がない。 変な与太話や、情緒的なエピソードはほぼなく、何をやる... 【詳細を見る】

【アウトプットで人生が変わる】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4591158721 よくセミナーで「こっち側」と「あっち側」という言い方をしますが、情報を発信する側と受ける側では、圧倒的に情報量が違う。 それは、情報発信する人には自ずと情報が集まるからです。 土井がこれに気づいたのは、父が潰れた保育園から大量に紙芝居をもらってきた時でした。 紙芝居は「読んでもらうもの」だった当時の土井にとって、その紙芝居の「裏側」に書いてある内容は衝撃でした。 裏側には、「ゆ... 【詳細を見る】

【ジム・コリンズ絶賛】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4903212645 本日ご紹介する一冊は、ジム・コリンズ、アダム・グラント、ダニエル・ピンクなど、ビジネス界のグルがオススメする、注目の一冊。 著者のスコット・ソネンシェイン氏は、シリコンバレーのスタートアップ企業での勤務経験、AT&T、マイクロソフトなどでの戦略コンサルタント経験等を経て、現在ライス大学教授を務める人物。 本書では、企業・個人双方に当てはまる、成果を出すためのコンセプト「ストレッチ」について述べてい... 【詳細を見る】

【これは使える。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4866510552 本日ご紹介する一冊は、シリーズ累計100万部を突破した、「ニューヨーク・タイムズ」ベストセラーの教養本。 日本語版のタイトルは、『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365』となっていますが、そのタイトル通りの内容です。 1週間で7分野(歴史、文学、芸術、科学、音楽、哲学、宗教)、これを繰り返すように構成されています。 日本人が書いた教養本と決定的に違うのは、本書がいわゆる「欧米」目線で書... 【詳細を見る】

【累計1600万部著者による、注目の書】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797389494 連休の谷間の平日に、思わず気が抜けてしまいそうなタイトルですが、累計1600万部著者、森博嗣さんによる興味深い「集中力」に関する論考です。 オビに、<現代の「集中力信仰」を斬る!人気作家の超・知的生産術とは?>と書かれていますが、そのままの内容です。 集中力の弊害と、思考を分散・発散させることの重要性、そして著者独自の知的生産術が語られた、興味深い内容です。 著者は、十年ほ... 【詳細を見る】

【教師は必読。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569837980 本日ご紹介する一冊は、元・駿台予備学校のカリスマ講師で、化学の季節講習会集客数日本一を取ったこともある(3000人動員)、犬塚壮志さんの説明のノウハウ書。 著者はこれまでに500人以上を東大に合格させ、2000人以上を医学部合格に導いたそうですが、本書には、その説明の「型」である、「IKPOLET(イクポレット)法」が紹介されています。 IKPOLETとは、以下の略語の頭文字のことです。 Inte... 【詳細を見る】

【メンタリストDaiGoが語る時間術】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4788914727 本日ご紹介する一冊は、メンタリストDaiGoさんが書いた、時間術の本です。 多忙を極めるスケジュールの中、テレビ出演から講演・執筆までこなすDaiGoさんですから、当然時間術もすごいと思われますが、本書で紹介しているのは、読者の生産性を高めるための心理学。 発売されるやいなや、2018年4月11日発表のランキングでは、ビジネス書で5位に入っています(日販調べ)。 日本人の生産... 【詳細を見る】

【読み応えあり。】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4800282438 本日ご紹介する一冊は、アマゾン ジャパンの立ち上げメンバーの一人であり、アマゾン内部の仕組みを知り尽くした元ディレクターが、『アマゾンのすごいルール』を公開した一冊。 これまで、この手の本は何冊か出ており、かつどれもアマゾンの強さの本質に迫ったものではなかったのですが、今回の本は違います。 本書には、これまであまり触れられてこなかった、アマゾンの人材採用、人事評価の話、さらに独自のPDCAの回し方、チ... 【詳細を見る】

【演劇的アプローチによる集中法】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4875865295 本日ご紹介する一冊は、話題となった、あの『緊張をとる』シリーズの第2弾。 今回は、『集中力のひみつ』ということで、若手俳優の指導に定評のある演技トレーナー、伊藤丈恭氏が、ストーリー形式で集中力を高めるコツを指南しています。 集中力を「感受性の集中」と「論理性の集中」に分けて論じたり、「集中力は単独では存在しない」ゆえに直接コントロールできない、と喝破したあたりが新しい。 集中力の指... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー