【デザインの本質とは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4103510714 本日ご紹介する一冊は、電通を経て、ニッカピュアモルト、明治おいしい牛乳、ロッテキシリトールガムなどのデザインを手掛けた第一線のデザイナー、佐藤卓さんによるデザイン考。 デザインの方法論というよりは本質を考えさせる内容で、仕事で成果を出すための思考を学ぶ、良いきっかけとなりました。 なかでも、以下の部分は、最近の「好きなことをしたい」風潮に一石を投じる視点だと思います。 <世の中のほとんどの... 【詳細を見る】

【デザインの世界史】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4314011459 本日ご紹介する一冊は、デザイン歴約40年、本の装幀や造本の仕事を中心に活躍するグラフィック・デザイナーの松田行正さんが、デザインの歴史を辿った一冊。 「デザインの世界史」とでも言える内容で、素人にも色や装飾、ロゴ、レイアウトがどう発展してきたのか、よくわかります。 先日ご紹介した『誘うブランド』に、メッセージは消費者が無防備な時に一番よく届く、といった内容がありましたが、まさに本書はデザインを使って... 【詳細を見る】

【人が動く「仕掛け」】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492233733 昨日は出版業界、今日はファッション業界を代表する「仕掛け人」と対話してきました。 世の中には明らかに人が動く「仕組み」や「流れ」があり、デキる人はこれをうまく利用する。これが「仕掛け」です。 先日、渋谷の啓文堂書店さんに出掛けたら、ちょうどこの「仕掛け」に関する本が見つかったので、本日はそれをご紹介します。 本日ご紹介する一冊は、松村真宏さんによる、『仕掛学』。 もともと人工知能の研究... 【詳細を見る】

【定番商品を作るヒントとは?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/439611446X 最近、法人としてお弁当や飲料、食器などをまとめ買いすることがあるのですが、その度に、多くの商品は基本的な機能を欠くために売れないのだということがよくわかります。 たとえばエリエスでは、セミナールームにコクヨの「プロッティ」というイスを採用しているのですが、これが軽くてスタッキングできて、おまけにキャスターがスムーズに動く。 反対に、某社のKという商品は、座り心地は良いのですが、重くて動かしづらくて、レイアウト変更が多いセミナールームに... 【詳細を見る】

【ムムム】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4568505070 最近思うのは、われわれビジネスパーソンには、ビジュアルの勉強が足りないんじゃないか、ということ。 動画、写真、イラスト、デザインもそうですし、ファッションもそう。 消費者が感性で買う時代に、ビジュアルを学ばないのは問題だとすら思っています。 そこで手に取ったのが、人気イラストレーターにして装丁家、アートディレクター、寄藤文平氏による『絵と言葉の一研究』。 冒頭からぐいぐい引き込まれて、あっという間... 【詳細を見る】

【必読!デザインの法則】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4861009782 ビジネスにおけるデザインの重要性が叫ばれるようになり、「デザインシンキング」という言葉まで生まれました。 いまや、ビジネスパーソンにとってデザインは必須の教養となりつつあります。 とはいえ、これから専門学校に通って学ぶのは少々時間がかかる。 そこで、手っ取り早く原理原則を知りたい人におすすめしたいのが、『要点で学ぶデザインの法則150』です。 いち見開き2ページでデザインの用語が解説... 【詳細を見る】

【鉄道デザインの巨匠、哲学を語る】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822275418 デザインとは意志である。 長い年月を経て生き残った歴史的建造物を見ていると、思わずそんなことを考えさせられます。 どんなに予算をかけても、どんなに巨大なものを作っても、それが人の心を捉え、時の試練に耐えられるかどうかは、まったく別問題です。 「デザイン思考」という言葉が流行りましたが、そこでは優れたデザイナーの「意志」については、あまり論じられていなかった気がします。 セミ... 【詳細を見る】

【世界が注目するクリエイター、佐藤オオキの注目作】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478028923 本日の一冊は、コカ・コーラ、ルイ・ヴィトン、ロッテ、エステーなど、名立たる企業から依頼を受け、Newsweek「世界が尊敬する日本人100人」にも選ばれた著者が語る、「ひらめき」の技術。 「プロフェッショナル 仕事の流儀」「ガイアの夜明け」などでご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、クリエイティブな商品を次々生み出し、世界中から引っ張りだこの、今注目のデザイナーです。... 【詳細を見る】

【デザイン・シンキング、日本の最先端事例は?】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822264947 昨日は、リーアンダー・ケイニーの『ジョナサン・アイブ』を紹介しました。 ※参考:『ジョナサン・アイブ』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822250709 これからの企業にとって顧客重視のデザイン・シンキングがどれほど大事か、痛感できる本だったと思います。 本日は、そのデザイン・シンキングをさらに深く学ぶため、日本... 【詳細を見る】

【必読。アップル天才デザイナーの素顔】 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822250709 本日の一冊は、スティーブ・ジョブズとともに、アップルユーザーの心をわしづかみにしてきた天才デザイナー、ジョナサン・アイブ(ジョニー)の素顔に迫った、注目のノンフィクション。 著者は、12年以上アップルを取材し続けるジャーナリストのリーアンダー・ケイニーです。 ジョナサン・アイブの生い立ちと、デザインセンス・思想に多大な影響を与えた銀細工職人の父マイク・アイブとのやり取り、彼が受けた... 【詳細を見る】

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー