2019年9月25日

『私は私のままで生きることにした』キム・スヒョン・著 vol.5363

【韓国で累計70万部!のベストセラー】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/484709753X

本日ご紹介する一冊は、韓国で累計70万部、日本でも20万部を突破したという、大ベストセラー。

タイトルからは、最近ありがちな「自由気ままな」主張を思わせますが、内容は、「人をみじめにするものの正体」。

著者自身の経験や心理学、哲学の知識をもとに、何が人をみじめにするのか、という視点から始まり、反対により良い生き方とは何かを論じています。

著者は大学卒業後すぐ、インターンとしてある会社で働きましたが、そこでいわゆるパワハラにあったそうです。

インターン終了後、上司の夢を見たそうですが、そこで感じたのは、「あんなひどい目にあわされながらも、嫌な顔ひとつしなかった自分自身」に対する自己嫌悪。

人は、卑屈になったり、苦手なことで無力感を感じたり、他人と比較することでみじめになる。

本書で書かれている内容を理解すれば、他人との比較ではなく、本当にあるべき自分を追求できる。

これからの生き方を考える上で、じつに有益な一冊です。

さっそく、内容をチェックして行きましょう。

———————————————–

民主化運動に参加して捕まり、拷問を受けた人たちが、過去を振り返ったときに何よりつらいのは、拷問の苦痛よりも、拷問官にこびへつらった自分の卑屈さだという

わずかな好奇心を満たすために他人の生活を見物して、「みじめさ」という代償を支払っているのかもしれない。だけど、そうやって満たされた好奇心からは何も得られない。あなたの好奇心やエネルギーは、あなた自身の人生をよくするために使ったほうがいい

たとえ貧しくても、最善を尽くして堂々と生きてきたのなら、人生に胸を張るべき。世の中には恥ずべき富があるように、誇るべき貧しさがある

数字というのは、いつでも簡単に比較できて、順位を決めやすいという特徴がある。たとえば、丸と三角を比べて順位を決めることはできないけど、1と2を比べて順位を決めるのは誰でもできる。結局のところ、数字の人生というのは、常に比較されて、順位をつけられる人生ということになる

西洋社会では、知識を教えることと同じぐらい、自尊心を育てることが教育の重要な目標になっている

勤勉と誠実が最高の美徳だと教えられていたのは、当時の韓国が製造業のさかんな国だったことが関係している。製造業では、創造力や個性よりも、勤勉と誠実という資質が求められた

大人になってからも、自分の夢が「何をするか」ではなく、「何になるか」のレベルにとどまっていたら、それは大きな問題

人生とは、「B(Birth=誕生)」と「D(Death=死)」のあいだの「C(Choice=選択)」のこと。ある哲学者が語ったこの言葉のように、いつ、どんな選択をするのかが、私たちの人生を決定する

自分の人生を大切にしながら生きていくには、自分の才能をよく理解し、その才能を発揮できる職業を選ぶことが大切だ。そうでないと、仕事の苦痛に耐えるだけでなく、自分を無価値だと思いつづけなくてはならない

才能とは何だろうか? 私が考える才能とは、特定の仕事を人より「簡単に」できるということ

自分の人生を誰かのまな板の上に載せられるのが嫌なら、他人の人生もまた、尊重する必要がある。他人の人生を尊重しないくせに、自分の人生だけを保護区に指定することはできない

あなたに必要なのは、漠然とした希望や代案のない絶望ではなく、希望の根拠をつくること

哲学者のエピクロスは言った。人間の幸福に必要な3つの要件は、
友情、思索、自由

———————————————–

あとがきで訳者が述べているように、本書の言葉が説得力を持つのは、「著者自身の苦い経験をもとにしているから」。

大学を出て、大企業を目指したものの、就職に失敗し、レールから逸れた著者が、他人と比較しない生き方を述べた一冊で、現実逃避ではなく、むしろ現実に強く立ち向かって行く方法を述べています。

言葉に力があり、ぐいぐい引き込まれてしまいました。

ぜひ読んでみてください。

———————————————–

『私は私のままで生きることにした』キム・スヒョン・著
吉川南・訳 ワニブックス

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/484709753X/

<Kindleで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07SC7L4RK/

———————————————–

◆目次◆

Part1 自分を大切にしながら生きていくためのto do list
Part2 自分らしく生きていくためのto do list
Part3 不安にとらわれないためのto do list
Part4 共に生きていくためのto do list
Part5 よりよい世界にするためのto do list
Part6 いい人生、そして意味のある人生のためのto do list

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー