2019年6月17日

『副業するならカメラマン』小椋翔・著 Vol.5295

【手間がかからず年収1000万円を狙える副業とは?】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4866800399

昔、雑誌のライターをやっていて、ゲラの校正に追われていた時、カメラマンさんにこんなことを言われました。

「ライターは大変だねー。カメラも機材とかあって大変だけど、手離れがいいからねー」

「手離れ」。

そんな言葉を聞いたのはこれが初めてでしたが、後々仕事をしていくにあたり、この「手離れ」を意識するようになりました。

そう。書く仕事は、校了までクオリティを上げたり、事実関係をくまなくチェックしたり、仕事に終わりがない。

一方、カメラマンの仕事は、一度撮ってしまえば、よほどのミスがあって再撮影にでもならない限り、それっきりで終了なのです。

最近、サラリーマンの副業が流行っていますが、本業をやりながら稼ぐには、決定的に重要なことがあります。

それは、「手離れ」がいいこと。

後々までサービスに追われて、本業の就業時間に副業の仕事が割り込んでくるようでは、肝心の本業の評価に影響します。

できれば自分の時間を使わず、かつ手離れの良い仕事が良い。

そういう意味で、カメラマンは最高だ、というのが本日ご紹介する『副業するならカメラマン』の主張です。

内容の大半が自己啓発なのが気になりますが、カメラマンが美味しい仕事なのはおっしゃる通りですし、ここまで機材のクオリティが上がってかつデジタルであることを考えると、スキルもコストもほとんど要らないというパラダイス状態。

あとはどうやって客を集めるかですが、本書にはまさにそのポイントが書かれています。

著者は、超人気カメラマン養成所の代表で、カメラ一台から1億円を稼ぎ出した人物。

「写真なんて撮ったことないよ」という方にも、おすすめの内容です。

さっそく、ポイントをチェックしてみましょう。

———————————————–

クオリティを上げたからといって、万人の目に留まるプロカメラマンになれるわけではない

第一に学ぶべきことは、「お客様の満足度を上げる方法」

カメラマンも出張撮影の時代です。お客様が撮ってほしい場所にカメラを持って会いに行くのです。昔は、スタジオ撮影がベースでしたが、今は神社で七五三、海辺で結婚式といった写真を撮るサービスが増えています

◆カメラマンになって良かった7つのこと
1.旅行に行ける
2.子どもたちと触れられる
3.自分の子どもたちが保育所で自慢してくれる
4.ストレスなく仕事ができる
5.大切な記念日に携われる
6.大切な命の続きに触れられる
7.形を残すことができる

平日は本業があるという方は、集客だけして、撮影に行ける人をアテンドするだけで、現場に行かなくても収入が得られる

カメラマンは今後、カメラマン同士でつながっておくことをおすすめしています。そうすれば、情報交換、機材の貸し借り、急なピンチヒッターなど、それぞれの都合に合わせながらも助け合い、毎日売上を上げることが可能になるのです

ズームレンズは、どこでもズームができ撮影できるという利点がありますが、一番きれいに撮れる距離間と瞬間を押さえられる単焦点レンズとは、出来上がりに大きな差が出てしまいます。ですから、単焦点レンズの定番レンズである50mmを購入してください

統計によると、全国にある大中小すべての写真館の売上のほとんどを占めるのは、七五三です。なぜなら、年間を通して七五三の撮影依頼があるからです

妊婦さんをファンにすると、その先のリピート率は半端ではありません

僕が考案した「手ぶらで来てください七五三キャンペーン」では、普段着で神社に来てもらい、駐車場(使用許可をもらうこと)の特設テント(Amazonで2000円くらい)で、僕がお子様の着付けをすることにしました

あり得ないほど依頼が殺到する「500円キャンペーン」

インスタグラマーの写真を無料で撮らせてもらう

カメラマンになったら、まずマッチングサイトに登録

「動画カメラマン」の需要は年々上がっています

———————————————–

もちろん、カメラマンになるにはある程度の技術とセンスが必要ですが、本書では、素人でもプロっぽく撮れる裏技も披露しています。

そして、技術よりも大事なのはお客様に喜んでもらえるかどうか。

プロのカメラマンでもなかなか行き届かない、お客様サービスの視点が書かれており、なかなか興味深い内容だと思いました。

何よりも、副業をする上で、大事な視点が書かれていると思います。

副業を考えている人、カメラマンに興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

———————————————–

『副業するならカメラマン』小椋翔・著 フォレスト出版

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4866800399/

<Kindleで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07SX1231S/

———————————————–

◆目次◆
第1章 誰でもお金・時間・場所から自由になれる
第2章 1日2時間だけ! カメラマンの稼ぐ力
第3章 経験ゼロでも、90日で売れっ子カメラマンになれる
第4章 お客様がどんどんやってくる「ぱぴぷぺぽの法則」
第5章 主婦でも1カ月で120万円稼げた
第6章 稼げるカメラマン、稼げないカメラマン、何が違う?
第7章 「また撮って」と言われるファンづくり
第8章 写真が劇的にうまくなる簡単テクニック

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー