2014年7月24日

『伝わっているか?』小西利行・著 vol.3656

【佐々木圭一氏の師匠、20年のコピーノウハウを公開!】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4883353044

本日の一冊は、大ベストセラー『伝え方が9割』の著者、佐々木圭一氏の師匠が、コピーライター20年のキャリアで培った伝え方のノウハウを、まとめて紹介した一冊。

※参考:『伝え方が9割』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478017212

いま、日本で一番人を集める商業施設と言われる、イオンレイクタウンのクリエイティブ・ディレクションを手掛け、広告ではCLIO、ニューヨークADC、ONE SHOWなど、海外の権威ある広告賞を総ナメにした著者のノウハウ。

それがすごくないはずがありません。

タイトルやパッケージ、いるかのキャラクターは正直、本書の魅力を損ねていますが、中身はものすごいものがあります。

人間心理に根差した、切れ味鋭いコピーノウハウがふんだんに盛り込まれており、最後のページまでうんうん唸りっぱなしでした。

今日、会える?
より
一分だけでもいいから、今日、会える?

人気の旅館
より
1日3組だけしか泊まれない旅館

君が好きです。
より
一度だけ言うよ。君が好きです。
(※以上、「だけしか!」メソッド)

こんなコピー事例が山ほど登場し、メソッドもきちんと体系化されています。

・だけしか!
・選ばれてマス!
・アゲサゲ!
・ごほうび!
・続きはあとで

などなど、使えば即、効果の出そうなノウハウが惜しげもなく紹介されており、間違いなく「買い」の一冊です。

ぜひ読んでみてください。

———————————————–
▼ 本日の赤ペンチェック ▼
———————————————–

君が好きです。
より
一度だけ言うよ。君が好きです。
のように、回数を限定すると、より強く気持ちが伝わる。

◆選ばれてマス!
A.信頼のおける人に選ばれてマス!
B.周りの人に選ばれてマス!
C.世の中に選ばれてマス!

ねえ、パパ、ウチの子も塾に行かせましょう。
より
ねえ、パパ、ウチの子も塾に行かせましょう。
行ってないのウチだけだって。

この仕事、明日までに100ページでまとめてくれ(←ハードルを上げる)
厳しいか?
じゃあ、10ページならできるか?(←本当の要求)

奥様、このネックレスお高めですけど、
冠婚葬祭などにも使えて、重宝しますわよ。(←ごほうび)

相手に何かをやってもらう時は、「相手が求めているコト」や「嬉しいコト」を伝える。逆に、相手を止めたい時は、「恐怖」や「相手が嫌うコト」を伝えればいい

聞きたい部分を残しておくと、人はそれが聞きたくなって、コミュニケーションを続けたくなる

99%ハゲは治る? その秘密は次のページに→
前代未聞、驚きの値引き! その驚きの価格はこちら→
部長、想像以上のアイデアが生まれました。これです→
彼との出会いの瞬間、実は、大変なことが起こりまして→

「××は他にもある。でも、◯◯はここにしかない」と、対比で考えることで、「特別なこと」を見つける

この時代、何かを話題にするためには、人から人へとシェアされる方がいい。だから、面白さがカンタンに人に伝わるように、13文字ぐらいの短い文章で「ネタ化」することが必要なんだ

新しい病院×[スポーツ観戦]=スポーツ観戦病院

言葉が軽くなると、罪悪感も減る。それは世の中にとってとてもよくないことなんだ

————————————————

『伝わっているか?』小西利行・著 宣伝会議
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4883353044

————————————————-

◆目次◆

第一章 伝わる言葉のメソッド
第一話 人気のなかったナポリタンが、たった一日で人気商品になった理由とは?
第二話 ブサイクな男ふたりが、会社一の美人と合コンできた理由とは?
第三話 商店街の不法投棄ゴミが、たった一晩でなくなった理由とは?
第二章 伝わる仕事のメソッド
第四話 何もない過疎の村に、突如観光客が押し寄せた理由とは?
第五話 ダメ社員のアイデアが、いきなり褒められるようになった理由とは?
第六話 お金を一円も使わずに、新商品が飛ぶように売れた理由とは?
第三章 伝わる考え方のメソッド
第七話 離婚寸前の夫婦が、仲睦まじい夫婦になった理由とは?
第八話 嫌われ者だった部長が、部下に慕われる憧れの上司になれた理由とは?
第九話 潰れかけたゲイバーが、大繁盛した理由とは?
最終章 伝わる心構えのメソッド
第十話 考えるのが苦手だったももこが、がんばって考えるようになった理由とは?

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー