2012年12月29日

『金持ち父さんのお金を自分のために働かせる方法』ロバート・キヨサキ・著 vol.3084

【来年の資産運用を考える】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4413110811

本日の一冊は、世界的ベストセラー『金持ち父さん貧乏父さん』の著者、ロバート・キヨサキが、米月刊誌「アントレプレナー」と、「リッチダッド・ブログ」に掲載していた文章をまとめ、単行本化した一冊(邦訳は「BIG tomorrow」誌)。

※参考:『金持ち父さん貧乏父さん』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480863303

ロバート・キヨサキ氏といえば、所有する会社の一つが訴訟を受け、倒産したニュースが2012年10月に流れましたが、これはあくまで彼が所有する会社のうちのひとつ。

こんなことになっても、ちゃっかり彼の個人資産は、守られているようです。

今回書籍化された『金持ち父さんのお金を自分のために働かせる方法』は、上記メディアの2009年~2012年の連載をまとめたものであり、なかには時流にそぐわないアドバイスもあります。

ただ、今後やってくる大きな流れをとらえたものになっており、ところどころに資産運用のヒントを見出すことができるでしょう。

著者が本書で説くのは、いつも通り「クワドラントの左側にいてはいけない」ということ。

ご存じない方のためにおさらいしておくと、この「クワドラント」というのは、ロバート・キヨサキ氏がまとめた「キャッシュフロー・クワドラント」という4種類のお金をめぐる立場を指している言葉。

4種類は、以下の通りです。

1.E=Employee(従業員)
2.S=Self-employed(自営業者)
3.B=Big Business owner(ビッグビジネス・オーナー)
4.I=Investor(投資家)

つまり、著者は読者に、「B」もしくは「I」、つまりビッグビジネスのオーナーか、投資家になれと言っているのです。

この理由は、じつにシンプルです。

<中央銀行による過度な紙幣の増刷は、通貨の価値を引き下げるインフレを招き、政府は増税で借金の穴埋めをしようとやっきになる。ここでもっとも悲惨な目に遭うのは誰だろうか。いうまでもなく、それはサラリーマンだ>

現在の株高と金利上昇の予感、迫りくる増税…。

この予言が現実になるかどうかわかりませんが、備えておくに越したことはありません。

では、われわれはこれからの危機にどう備えるべきか。本書には、そのヒントが書かれています。

今後、金価格はどうなるのか。不動産は買いなのか。株式投資の可能性はどうなのか。

決して鵜呑みにしてはいけませんが、基本的な考え方は、本書で学べると思います。

ぜひチェックしてみてください。

—————————————————
▼ 本日の赤ペンチェック ▼
—————————————————

中央銀行による過度な紙幣の増刷は、通貨の価値を引き下げるインフレを招き、政府は増税で借金の穴埋めをしようとやっきになる。ここでもっとも悲惨な目に遭うのは誰だろうか。いうまでもなく、それはサラリーマンだ

借金をお金と同様に使い資産を増やしていけば、自分のポケットのお金を使わずに借金が返せるばかりか、収入を得続けることができる

資産を持つことで定期的に得られるキャッシュフローは、景気や物価の上昇とは、あまり関係がない。不動産であれば、景気により資産価格は上下するものの、キャピタルゲイン狙いでなければ定期的に家賃収入=キャッシュフローが安定して手に入る

ほとんどの場合、税の優遇措置は、クワドラントの右側、つまり「B」(ビッグビジネス・オーナー)と「I」(投資家)に有利になるようにできている。だから、彼らの利益は最大になり、支払う税金は最小になる

クワドラントの左側にいてはいけない

ローマ帝国が滅亡に瀕していた頃、皇帝はこう言ったという。「市民にパンを与え、サーカスを見せよ」。食糧と娯楽をタダで与えておきさえすれば、人々は反乱を起こさないという意味だ。だがこれには、「パンが底をつかない限り」という条件がつく

現在のようにドルが暴落しているとき、ファイナンシャル教育が身についていれば、ドル安のリスクを回避する投資対象──例えば「金(ゴールド)」──などに投資できる。逆にもしドルが高騰したなら、金の価格は下がるだろうと予想できる

偉大な投資家ウォーレン・バフェットの有名な言葉に、「分散投資は、無知に対する防衛策だ」というのがある

起業家になりたいなら、起業家の集まりに顔を出し、彼らとつき合い始めるべきだ

市場は、家を売りたくでも売れない人であふれている

後に「売るときに」ではなく、物件を「買うときに」すでに儲けられるようにしておくことだ

あなたが成功者になりたいなら、体重計に乗り、自分の財務諸表を読み、周囲からのフィードバックを「聞く耳」を育てよう。たとえそれが、どんなに耳障りな意見であってもだ

————————————————

『金持ち父さんのお金を自分のために働かせる方法』ロバート・キヨサキ・著 青春出版社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4413110811

————————————————-

◆目次◆

PROLOGUE ロバート・キヨサキ 来日特別インタビュー
PART1 金持ちの考え方と行動原理を学ぼう
PART2 「将来の危機」に備える視点をインストールしておこう
PART3 どんな時代にも勝ち抜くための新発想
PART4 金持ち父さんに学ぶ「起業・経営」のルール

この書評に関連度が高い書評

この書籍に関するTwitterでのコメント

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー