2009年7月24日

『目に見えない資本主義』田坂広志・著 vol.1831

【田坂広志氏、資本主義の未来を語る】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492395180

本日の一冊は、ソフィアバンクの創業者であり、2009年の世界経済フォーラム、通称「ダボス会議」にも参加した論客、田坂広志氏が、資本主義の未来を論じた、注目の一冊。

田坂さんと言えば、弁証法哲学により未来を予見する手法が広く知られていますが、本書でも、その手腕をあますところなく発揮しています。

ドラッカーは、未来を予見する方法として、「自分で創ること」と「すでに起こったことの帰結を見ること」を推奨しましたが、もうひとつ、「あるべき姿を考える」というアプローチがあると思います。

本書がやっていることは、まさにこの「あるべき姿を考える」という哲学的なアプローチ。

知識資本が進化して文化にいたる過程や、マネタリー経済とボランタリー経済の融合、「享受型イノベーション」から「参加型イノベーション」への変化など、読んでいるだけで脳が刺激され、いろんなアイデアが浮かんできます。

明確なビジネスヒントをくれるわけではありませんが、既に自己を確立している企業や個人が、今度どこへ向かうべきなのか、考えるためのヒントとなります。

ぜひ読んでみてください。

————————————————————
▼ 本日の赤ペンチェック ▼
————————————————————

古い眼鏡をかけたまま、新たな世界を見ることはできない

複雑系全体の挙動を決めるのは、全体を支配するルールではなく、個々の要素(エージェント)の行動ルールである

市場における個々の企業や個人の行動ルール、倫理基準や行動規範を変えることによって、経済や市場の創発や自己組織化の結果が、大きく変わるのである

現在の経済危機の後の世界の経済秩序を考えるとき、我々は、「自由競争の維持」と「政府規制の強化」という二つの方法だけでなく、「自己規律の促進」という第三の方法を重視しなければならない

「競争に勝てないから」という理由で「社会的責任」を重視する経営者は、その思想ゆえに、必ず、流される(中略)この経営者は、いつか「競争に勝てないから」という理由で、「社会的責任」を無視することを行うだろう

ある人間観にもとづいて生み出される制度は、その制度が社会に定着するにつれ、逆に、その制度が想定する人間を増やしていく

規制と懲罰だけによって秩序を維持しようとする社会は、必ず、隠れたる堕落を生む

◆知識資本の進化
知識資本→関係資本→信頼資本→評判資本→文化資本

「社会的な高い評価」や「世間での良い評判」とは、本来、単なる自己宣伝や企業の広報戦略で生まれてくるものではなく、究極、人物であれば、その人物の「人間性」、企業であれば、その企業の「企業文化」から生まれてくるものである

ウェブサイトやブログが誰にも使えるようになり、BBS(電子掲示板)やネット・コミュニティなどに誰もが参加できるようになった。その結果、「知識」や「関係」、「信頼」や「評判」「文化」といったものが、「目に見える」ようになり、ビジネスや社会において、圧倒的な影響力を発揮し始めている

アマゾンのビジネスモデルは、実は、マネタリー経済とボランタリー経済が融合したものに他ならない

創造的発想の技法において、我々が心に刻んでおくべき言葉がある。「橋のデザイン」を考えるな。「河の渡り方」を考えよ。

「責任・義務」という言葉には、それを遵守しなかった場合の「非難・懲罰」のような否定的なニュアンスが込められているが、「使命」という言葉には、それを実現できたときの「精神的報酬」のニュアンスが込められている

仕事の報酬とは、何か。その「報酬観」が、日本的経営の強さであった

————————————————
『目に見えない資本主義』東洋経済新報社 田坂広志・著
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492395180
————————————————

◆目次◆
第1話 これから資本主義に何が起こるのか
第2話 資本主義の未来を予見する哲学
第3話 「操作主義経済」から「複雑系経済」へ
第4話 「知識経済」から「共感経済」へ
第5話 「貨幣経済」から「自発経済」へ
第6話 「享受型経済」から「参加型経済」へ
第7話 「無限成長経済」から「地球環境経済」へ
第8話 「企業倫理」を身体化していた日本型経営
第9話 「見えない資本」を見つめていた日本型経営
第10話 「社会貢献」と「利益追求」を統合していた日本型経営
第11話 「主客一体」を追求していた日本型経営
第12話 「有限・無常・自然(じねん)」を前提としていた日本型経営
第13話 なぜ、日本型経営が復活するのか

この書評に関連度が高い書評

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー