2008年2月8日

『人生が変わる感謝のメッセージ』中山和義・著

【感謝を伝えればすべて変わる】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479792279

本日の一冊は、ベストセラー『大切なことに気づく24の物語』の著
者、中山和義さんによる最新刊。

※参考:『大切なことに気づく24の物語』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894512696/

今回は「感謝」をテーマに、人間関係がうまくいくためのポイント
を、いくつかエピソードつきで紹介しています。

冒頭で著者が述べているように、私たちは普段、大切な人になかな
か素直になれず、感謝の気持ちを伝えられないものです。

それはなぜかというと、人間には「思いこみ」や「プライド」「怒
り」があるからです(本文より)。

しかしながら、人生の問題のほとんどは人間関係によって引き起こ
されるもの。

だからこそ、私たちはこの3つの感情をクリアして効果的に感謝の
気持ちを伝えることを学ぶ必要があるのです。

「『自己主張』ではなく『自己開示』を」「一つの役割を失っても、
自分には多くの役割があることに気づく」「他人に感謝するために
は、生かされていることに感謝する」など、気づきを与えてくれる
言葉が満載。

ぜひ一度読んでみてください。

————————————————————
▼ 本日の赤ペンチェック ▼
————————————————————

大切な人といつまでも一緒にいられるとは限りません。「あのとき、
自分の素直な気持ちを伝えておけばよかった」とか、「感謝の気持
ちを伝えていれば別れることにはならなかったかもしれない」と、
大切な人を失ってから後悔しても遅いのです

自己主張では人は動かせないし、自己主張をすればするほど、自分
がイライラする

自己主張を「感謝のメッセージ」に変える

過去と他人は変えられない、変えられるのは自分と未来だけ

「自己主張」ではなく「自己開示」を

◆「感謝のメッセージ」を使って人の行動を変える5つのポイント
1.積極的に相手の話を聞く
2.事実をそのまま述べる
3.素直な感情を伝える
4.相手が行動を変えることによって引き起こされる結果を伝える
5.行動を変えてくれたことによって自分が助かった感謝を表す

自分が考えていることを明確に伝えることによって、具体的な周り
のサポートが受けやすくなります

人に何かをしてもらったり、言われたときに、「おかげで~」とい
う考え方をもっていると、自分の成長に役立ちます。自分では気が
つかない欠点に気づくことができます。その結果、自分を成長させ
ることができるのです

◆「感謝のメッセージ」を妨げる要因
1.思いこみ 2.プライド 3.怒り

特に相手よりも上の立場が与えられていると、プライドが原因で感
謝できなくなります

一つの役割を失っても、自分には多くの役割があることに気づくこ
とによって、一つの役割に対するこだわりを軽くすることができます

人の期待にある程度、応えようとするのは悪いことではありません
が、その気持ちが強すぎると自分が本当に大切にしないといけない
ことを見失ってしまう

自分の生と死を見つめられる環境に身をおくと、自分が生きている
ことに感謝ができます

他人に感謝するためには、生かされていることに感謝することが必要

————————————————
『人生が変わる感謝のメッセージ』中山和義・著
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479792279
————————————————

◆目次◆

第1章 人間関係でイライラするとき
第2章 相手に心を開くということ
第3章 なぜ感謝の心を伝えられないのか
第4章 「本当の自分」でつき合えばいい
第5章 感謝のメッセージを伝えよう
終 章 大切な人と大切な関係を築く6つの約束

この書評に関連度が高い書評

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー