2008年2月22日

『ほめ言葉ワークブック』本間正人、祐川京子・著

【『ほめ言葉ハンドブック』に続編登場!】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569697461

本日の一冊は、14万部突破のベストセラー、『ほめ言葉ハンドブッ
ク』の著者が、満を持して出す待望の続編です。

※参考:『ほめ言葉ハンドブック』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569659233/

コーチングや学習学の第一人者として活躍中の本間正人さんと、第
一生命時代、約3000名の生保レディを指導してきた祐川京子さ
んが、ほめるための原則と具体的なほめ言葉をまとめた一冊です。

そもそも、人をほめるためには、相手のいいところを観察する、ど
う言われたら嬉しいかを探る、という作業が不可欠ですが、本書は
まさにその秘訣から始め、具体的なほめ言葉までを解説しています。

今回は、立場別、職種別、タイプ別のほめ方を挙げており、なかで
も「苦手な上司をほめる」「生意気な相手をほめる」「年齢の離れ
た人をほめる」「高圧的な人をほめる」などは気になるところ。

ほかにも、「タクシーの運転手さんをほめる」「エリート官僚をほ
める」「ブロガーをほめる」など、極めて具体的で気づきが多い内
容となっています。

巻末に今すぐ使えるほめ言葉のリストもあり、じつに有用な一冊で
すが、そんなことよりも大切なのは、本書が「ほめること」の意義
や精神を伝えてくれている点です。

一冊通してわかったことは、ほめるという行為は、相手を認め、関
心を持つことがベースにあるということ。

本書に挙げられた具体的なほめ言葉は、こういった精神なしには決
して生まれてこないと思います。

読者がマネジャーであれ接客担当であれ、きっと役立つ内容が書か
れています。ぜひ読んでみてください。

————————————————————
▼ 本日の赤ペンチェック ▼
————————————————————

相手が気持ちよくなったり、自発性が引き出されれば、その言葉や
表現は「ほめ言葉」ということができます。「ありがとう」といっ
た感謝の言葉や「お疲れさま」というねぎらいの言葉もほめ言葉の
一つですし、相手の存在を認める発言(承認のメッセージ)や相手
の話したいことを存分に話してもらうこと、相手に関心を持って質
問をすることなども、ほめる行為の一つです

ほめ言葉を並べれば並べるほど、一つひとつのほめ言葉の価値や重
みはどんどん失われ、結果、相手にすれば何も印象に残らないこと
になってしまいます

◆ほめ言葉のバリエーションを増やすための五つの観察ポイント
1.重点に注目する
2.周辺を観察する
3.違いに目を向ける
4.見えないものを察する
5.未来と可能性にフォーカスする

「すごいねえ」などの漠然としたほめ言葉と質問をセットで使う

「君のおかげで私の評価が上がったよ」「君の提案のおかげで役員
にほめられたよ」といった自尊心をくすぐるほめ言葉は大変喜ばれるもの

ふたり女性がいるときは片方だけをほめない、また、同年代の女性
同僚やキャラクターがかぶる女性を目の前でほめない配慮も必要

「私は君の100パーセントを見たいな」と期待をあらわして、改善を促す

アナライザータイプの人は、批評精神も旺盛で着想が鋭いものです。
「さすがですね」「見るところが違いますね」といったほめ言葉も
喜ばれます

◆サポート業務に従事する人をほめる
プロセスや仕事のやり方など細かいところに着目することが一つの
ポイントです。「手際がいいね」「仕事が丁寧だね」とほめると、
「この人は自分のことをちゃんと見ていてくれる」と受け止め、相
手は張り合いを持ってくれます

もっとも広く使えるのが「深いですねえ」というほめ言葉

年配で役職が高い相手であれば、過去の成功体験や武勇伝などを聴
き、ほめることができます

もっとも効果的なのは、「Bさんは旅行業界のカリスマプランナー
です」「CさんはIQナンバーワンの証券マンです」など、インパ
クトのあるひとことにフォーカスして伝える方法

————————————————
『ほめ言葉ワークブック』本間正人、祐川京子・著
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569697461
————————————————

◆目次◆

はじめに
第1章 「ほめ達」へステップアップするために
第2章 的確なほめ言葉を見つける秘訣
第3章 職場の上司・部下をほめる
第4章 相手の職業・職務に合わせてほめる
第5章 相手の状態・行動に合わせてほめる
第6章 ほめる力に磨きをかけるヒント
おわりに
[付録1]ほめ言葉に関するQ&A
[付録2]すぐに使えるほめ言葉

この書評に関連度が高い書評

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー