2007年3月13日

『超地域密着マーケティングのススメ』

【】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756910742

本日の一冊は、20歳で家業を継ぎ、人口1万人足らずの小さな町の水道工事店を経営、1部上場メーカー主催の販売レースで2年連続県内総合1位、個人商店では関西1位に輝いた著者が、地域密着ビジネスの要諦を述べた一冊です。

著者は、早稲田大学進学のため、一度は上京したものの、家の都合で地元にUターン。

本書には、その時に感じた地元との心理ギャップや、地域で受け入れられるまでの苦労話が、まるでドラマのようなエピソードとともに綴られています。

9000人だけが使う方言を使って集客をした話、みかん作りの苦労を聞き出すことから受注につながった話、「ポンプの神様」と呼ばれる職人から教わった話…。

著者が商売を通じ、実際に見聞きしたことが鮮やかに再現されており、読み物としても楽しめる、そんな内容です。

特に、高い見積もりでもOKをくれた取引先の話や、時代遅れの太陽熱温水器を見直した話などは、商売の本質をあらためて教えてくれる内容で、読んでいて思わず胸がじーんと熱くなるほどです。

商売のノウハウとしても、方言をチラシに盛り込む、その家の前で手紙を書くなど、即実践できて効果のありそうな手法が満載。

地方でビジネス展開したい経営者はもちろん、地方出張の営業マンにも、自信を持っておすすめできる一冊です。

————————————————————
▼ 本日の赤ペンチェック ▼
————————————————————

地元で生まれ育って、普段から他の地域の人と接触しない人たちに
は、仕事を頼んだ相手が同じ地域に住んでいながら、イントネーシ
ョンや言い回しが少し違うことに、知らないうちによそよそしさを
感じてしまう

当店のチラシでは毎回、こういった重箱の隅をつつく方言をそっと
書き込み、反応率の高い広告を作ることに成功しています

平常心から、さらに良い感情、つまり「嫌いではない」から「好き」
と思えるようにするにはどうすれば良いでしょうか。
私は、そのために
・思い出話をする
・可能な限り相手の情報を知っておく
・相手の得意分野で質問をする
という3つの方法を使っています

人混みに向けた高確率なマーケティングを目指すよりは、その「電
話の相手」になることのほうが優先される

人口流動率が少ない地域の商売が目指すのは、お客様がすべて顧客
という「オールリピータービジネス」です。長い時間をかけて培っ
たお客様の好意を消費するような商品は、事前にこちらでふるいに
掛けておく必要があるのです

やはり自分で作業ができるかどうかわからないものは、専門家に頼
みたいとおっしゃる方が多いのが現状

特定の商品だけに絞り込むとマーケットが一気に狭まってしまいま
す。ですから「状態」に絞り込むのです。「枕といえば○○店!」
よりも、「不眠といえば○○店!」のほうが、商売がずっと広がる

購入を迷っている人に、自分の経験ではこの場合買ったほうが必ず
お得ですよと、とにかく言い切ってあげることが鍵という場合がある

大切なのは、1位の半歩先を走り続ける、「一流の自分」ではない
でしょうか(中略)時間が経っても質が更新されない1位は、意味
が腐るのです

————————————————
『超地域密着マーケティングのススメ』

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756910742
————————————————

■目次■

はじめに
Chapter1 顧客との親密さを深める
Chapter2 人口が流動しない地域、情報が更新されない地域の商売
Chapter3 都会でも使える! 地域密着ビジネスのススメ
Chapter4 情報化が進み、お客様が先に商品情報を持っている時代?
Chapter5 営業戦略(影響力の武器とシュガーマンを活用)
Chapter6 ピークを過ぎた商品をどうやって売るか?
Chapter7 お互いに語り合い、地域の情報を蓄積する
Chapter8 地域No.1になると心に決める
Chapter9 集客必勝法
Chapter10 あなたの会社の強みは何ですか?
Chapter11 人付き合いで、本当に考えなくてはいけないこと
Chapter12 ふるさとマーケティング
おわりに

この書評に関連度が高い書評

NEWS

RSS

お知らせはまだありません。

過去のアーカイブ

カレンダー